Uber(ウーバー) Mission Bay本社ビルの未来志向の都市型オフィス – カリフォルニア州,サンフランシスコ

contents section

Uber(ウーバー) Mission Bay本社ビルのオフィス - カリフォルニア州,サンフランシスコの受付/エントランススペース

サンフランシスコにあるUberのミッションベイ本社ビル(4棟)では、ウェルビーイング、柔軟性、職場環境の選択肢が、人間中心設計の重要な要素となっています。

ハンツマン・アーキテクチュラル・グループ(以下ハンツマン)は、カリフォルニア州サンフランシスコにあるUber Mission Bay本社の3号館と4号館のために、従業員を中心としたキャンパスを作ることを依頼されました。

各ビルは、コラボレーションのためのアクティブなスペースと、集中する作業や休息に適した落ち着いた環境のバランスがとれています。アメニティは建物間の移動を促進するように配置されています。Uberのサステナビリティとコミュニティへの献身を象徴するような、従業員の満足度を優先する場所として、キャンパスは一体感をもっています。

Uberは、選択肢、ウェルビーイング、つながりを促進する従業員重視のキャンパスを作ることを決めたとき、40年にわたり人間の体験を高める有意義なワークスペースを設計してきた受賞歴のあるインテリア建築事務所、ハンツマンに依頼しました。ハンツマンは、従業員のコラボレーションや交流の場を提供するために、チームルーム、ウェルネススペース、コラボレーションスペース、交流エリアを戦略的に配置し、キャンパス内の交流と移動を促進するキャンパスプランをデザインしました。

ハンツマンは、サンフランシスコの新しい地で、Uberの最良の部分である人材とアイデアが成長するための適切な環境を作り出す必要がありました。デザインチームは、Uberの、透明性、コネクティビティ、そしてウェルネスに焦点を当て、ユーザー体験の向上を促進させる、未来志向の都市型キャンパスを実現しました。その結果、すべての人を”最高の自分”へと導く、集中型のキャンパスが誕生しました。

4棟で構成されるキャンパスのうち、3棟と4棟は11階建てのタワー2棟で構成され、総床面積は584,000sqです。ハンツマンのデザインは、ウーバーのワークプレイスビジョンを中心に構成されています。コラボレーションのための場所、じっくりと仕事をするための静かな場所という対比を重視しました。

床から天井までのカーテンウォールの建物ロビーは、広いコミュニティ、屋外プラザ、にぎやかなサードストリートと視覚的につながり、一体化しています。他のパブリックスペースも屋外の景観を中心にデザインされ、ミッション・ベイのユニークな景観を縁取るように設計されています。パノラマビューが楽しめる景観の良いルーフテラスは、仕事、フィットネス、イベントのための共同スペースとなり、利用者とミッションベイのダイナミックでユニークな地域とのつながりをさらに深めています。

ハンツマンは、従業員が仕事、人とのつながりを選択できるような機会を設けました。キャンパス内の多様なスペースは、ユニークな従業員のニーズに対応します。物理的な障壁やサイロを排除してデザインされたワークプレイスでは、屋外やフロア間の視界を遮るもののない透明で一体感のあるスペースが提供されています。オープンデスクはトレーニング、会議、パーソナルな電話など様々な用途に対応し、個性的な空間を創り出しています。個人の自律性と選択性を反映し、一人で作業するための直感的なスペースと、少人数のコラボレーションを行うための補助的なスペースをデザインしています。Chase Centerのプラザに面した2階建てのコミュニティ・スタジアムは、大人数の集会や社交場として利用されています。快適な観覧席と最先端のプログラム可能なバックライト天井は、一日を通して色が変化し、ダイナミックでエネルギッシュな環境を創り出しています。

従業員のウェルビーイングを促進し、利用者の体験を向上させるため、両ビルはLEED v4ゴールドとWELL認証を取得しました。サステナビリティと従業員のウェルネスに焦点を当てた設計は、キャンパスの基礎となっています。ハンツマンは、スラブ開口部と相互接続階段を戦略的に配置し、フロア間の活動、接続、および相互作用を促進させました。採光、屋外への眺望は、従業員が1日中ウェルビーイングを体験できるよう、各階に均等に配置されています。静かな部屋、ケアルーム、ウェルネススイート、フルサービスの2フロアカフェ、スタッフ常駐のバリスタコーヒーバーとスムージーバー、イベントラウンジ、スナックルーム、ポップアップフードスペース、ライブラリーなどのアメニティスペースが各フロアにあり、従業員はリフレッシュ、セルフケアのためのさまざまな場所を提供されます。

related post

関連記事

  • 【Kohlerstraumannのオフィイスデザイン】- スイス, バーゼルの受付/エントランススペース

    【Kohlerstraumannのオフィ

    建築事務所Kohlerstraumannのデザイナーチームは、最近、スイスのバーゼルにある新しいオフィスを設計した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 自分たちのワークスペースをデザインできるのは、とても幸せなことだと思います。考えるためのスペースがあり、破壊のない自由がある空間を作ること。

  • 【Lee & Thompson法律事務所のオフィスデザイン】- イギリス, ロンドンのオープンスペース

    【Lee & Thompsonのオフィス

    Lee & Thompson法律事務所はワークプレイスデザインスタジオThirdwayにイギリス、ロンドンにある新しいオフィスのデザインを依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Lee & Thompsonは英国を代表する法律事務所として知られていますが、彼らのオフ

  • Shui On Land スペック・スイートのオフィス - 中国, 上海のオープンスペース

    Shui On Land スペック・スイ

    Shui On Landは、地域と周辺環境の向上を使命とし、上海に環境に配慮した次世代型シェアードワークスペース「WORKX SOCIAL」を誕生させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); M Moser Associatesは、中国上海にあるShui On Landのスペックスイートの

  • 【Pelsan Tekstilのオフィスデザイン】- トルコ, テキルダグのオープンスペース

    【Pelsan Tekstilのオフィス

    トルコのテキルダグにあるPelsan Tekstilのオフィスは、mimaristudioがオープンとプライベートのバランスをとって設計しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 医療、衛生、断熱の分野で活躍するトルコ初で唯一の通気性ポリエチレンフィルムメーカー、ハッサングループの一員であ

  • 【Brandpieのオフィスデザイン】- イギリス, ロンドンのオープンスペース

    【Brandpieのオフィスデザイン】多

    ブランドコンサルティング会社のBrandpieは、イギリスのロンドンにある新しいオフィスの設計を、ワークプレイスデザイン会社のPeldon Roseに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Brandpieは、他とは違うことをする会社です。グローバルなコンサルティング会社である同社は、

  • 【ペルノ・リカールのオフィスデザイン】- アラブ首長国連邦, ドバイのコミュニケーションスペース

    【ペルノ・リカールのオフィスデザイン】親

    フランスの飲料メーカー、ペルノ・リカールは、アラブ首長国連邦のドバイにある新オフィスのデザインを建築・インテリアデザイン事務所SAY Studioに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本物の、共有された瞬間” ホスピタリティ業界のマントラである「ゲストを歓迎する」に