【英国生態学会のオフィスデザイン】環境に配慮したサステナブルなオフィス – イギリス, ロンドン

contents section

英国生態学会のオフィス – イギリス, ロンドンのオープンスペース

AISは、イギリスのロンドンにある英国生態学会のオフィスデザインを担当しました。

世界で最も古い生態学会である英国生態学会は、組織の伝統と永続的な価値を強調しながら、組織能力を向上させるワークプレイスを必要としていました。新しい本部は、地域社会や自然界に貢献しながら、効率的で環境に配慮した働き方を実践する、環境に配慮したサステナブルな施設です。

私たちは、BESのスタッフや会員をより良くサポートするために、活気のある新しい家を作りたいと思いました。例えば、共用部の上部に鳥を浮かべて騒音を軽減したり、エントランスの苔むした壁にBESのロゴを再現するなど、デザインを通して自然を参照しました。

BESの新居は、環境に配慮したサステナブルな空間づくりを目指し、AISとクライアントの双方がサステナビリティに真剣に取り組み、その基準を満たすことを示すSKAゴールド認証を取得しました。SKAゴールド認証は、このワークスペースが環境にやさしい素材と製品、そして配慮されたデザイン理論によって作られたことを意味します。この認証は、スタッフの士気とCSR活動を強化し、この認証に大きな価値を置くここのスタッフにとって特に重要なことです。

BESは、デザインプロセスの初期段階から環境への影響やスタッフの健康状態を考慮することを希望していました。そのため、私たちはプロセス全体を通じて、最終的な空間の環境パフォーマンスをクライアントと密接に評価しました。オフィス全体に植栽を施し、社員の健康増進と空気環境の改善を図るとともに、エントランスには自然とのつながりを感じさせる苔のフィーチャーウォールを設置するなど、細部にわたって配慮がなされています。また、会議室は1階の低層部に計画し、デスクに向かうスタッフのために1階レベルの自然光と眺望を維持するようにしました。

BESは、さまざまなバックグラウンドを持つ人々が、仕事やエコロジー、そして協会にもたらす多様性や多角的な視点を大切にしています。このような考えから、彼らの多様なチームには、そのような多様な個人のニーズに対応するワークプレイスが必要でした。さらに、新しい本部は、セミナーや講演会、環境への取り組みに焦点を当てたさまざまなイベントを通じて、自分たちの活動を示すことができる環境に置かれるため、BESの進歩につながります。

非常に具体的で集中的な使命を持つ組織であるため、彼らの仕事の裏にある情熱を反映したワークスペースであることが重要でした。自然界をイメージした大胆な色彩と映像が随所に使われ、5つのミーティングルームは生息地によってユニークに分けられています。アマゾン、セレンゲティ、セント・キルダ、ユーコン、ゴビ。また、生物親和的なデザイン要素、ソーシャルエリア、ソフトファニッシングを取り入れることで、社員がよりカジュアルなミーティングを行えるようになりました。

さらに、プロセス全体を通して、デザインマネジメントイニシアチブを用いたエネルギーと環境戦略を採用しました。塗料、カーペット、接着剤、シーリング材は、居住者の健康に悪影響を与えないよう、これらの材料に特有の排出物を最小限に抑えるよう慎重に選択されました。

related post

関連記事

  • Accenture(アクセンチュア)の意外性のあるオフィス (ルーマニア,ブカレスト)のカフェスペース

    海外オフィスのカフェスペース特集【第一弾

    海外のオフィスのおしゃれなカフェスペースが見てみたい カフェスペースのデザインが知りたい 仕事の息抜きに美味しいコーヒーが飲みたい。 近くのコーヒーショップに行くのもいいけど、会社の中で美味しいコーヒーが飲めてリフレッシュできたら素敵ですよね。 ということで、本日は海外のオフィスのカフェスペースを紹介します。 (adsbygoogle

  • 【エプソンのオフィスデザイン】- カリフォルニア州, ロスアラミトスの受付/エントランススペース

    【エプソンのオフィスデザイン】芸術なオフ

    エプソンが生み出す進化し続ける技術や製品を反映させながら、人を大切にする温かな文化を織り込んだワークプレイスをロスアラミトスのオフィスで実現しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Wolcott Architecture は、カリフォルニア州ロスアラミトスにあるエプソンのオフ

  • 【Modernaのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのオープンスペース

    【Modernaのオフィスデザイン】時代

    Massive Designは、ポーランドのワルシャワに明るい自然光とダイナミックな建築要素を備えたバイオテクノロジー企業Modernaのオフィスを完成させた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過剰に刺激された世界で快適さを感じること、特に私たちの仕事や創造的な活動をサポートすべき空間にお

  • TWINOのオフィス - ラトビア, リガのロッカー

    TWINOの社名を大胆に取り入れたオフィ

    Open ADは、限られた色調の中で、自然光と遊び心を取り入れ、ラトビアのリガにあるTWINOのオフィスを完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); TWINOはラトビアに拠点を置くフィンテック企業で、スタッフはどこにいても仕事ができるようになっていますが、社会的な労働文化のためには

  • 【ツイッターのオフィスデザイン】- シンガポールのコミュニケーションスペース

    【ツイッターのオフィスデザイン】ハイブリ

    Twitterは、オフィスの機動性を高めるためのグローバルな取り組みとして、ハイブリッド型ワークへのシフトに対応するため、シンガポールのオフィスをモデルチェンジしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Woods Bagotは、シンガポールにあるTwitterのオフィスのために、ハイブリ

  • 【某製薬会社のオフィスデザイン】- スイス, チューリッヒのオープンスペース

    【某製薬会社のオフィスデザイン】クリーン

    国際的な某製薬会社は、スイス・チューリッヒの新オフィスの設計を建築・インテリアデザイン事務所の Ippolito Fleitz Group に依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「30回以上にわたる共同討議とワークショップの結果、新オフィスの空間コンセプトが完成