Google Spaceのヴォッカ工場を改装したコワーキングオフィス – ワルシャワ,ポーランド

contents section

Google Space(グーグルスペース)のCampus ワルシャワのコワーキングオフィス - ワルシャワ,ポーランドの受付/エントランススペース

Massive Designは、ポーランド・ワルシャワにあるGoogle Spaceのコワーキングオフィス「Campus」のデザインを完成させました。

Massive Designは、20年以上にわたって空間計画やインテリアデザインサービスを提供しており、Googleのインテリアフィットアウトプロジェクトでもそのサービスを提供しています。マッシブデザインは、最初のスペースプランの作成から、コンセプトデザイン、施工図の作成、プロジェクト監督に至るまで、全面改装された歴史的建造物の中に、インスピレーションと育成のためのインフォーマルなネットワークスペースと、よりフォーマルなコラボレーションワーク環境を作り上げることに貢献しました。

また、歴史的なウォッカ工場「Koneser」から回収したオブジェや、地元の文化的なシンボルやモチーフをデザインに取り入れ、中近東の起業家たちが次の偉大なスタートアップを立ち上げるのを刺激し、サポートすることに成功しました。

Massive Designは、Campusメンバーのコワーキングスペースとして使用されている約2,500平方メートルのオフィススペースを様々なゾーンに分け、アクセスレベルの異なる柔軟なオフィス空間を作り出しました。4階建てのビルの最上階の2フロアには、大きなオープンスペース、会議室、電話ボックスがデザインされており、静かな作業や少人数のミーティング、プライベートな会話に利用できるようになっています。さらに、大人数用の教室、マイクロキッチン、シャワーなどもあります。最上階には、クローズドなコワーキングスペースも複数用意されています。1階には、管理オフィスに加えて、よりインフォーマルなコラボレーションタイプのスペースとして、最先端の講堂と、Massive Designがカスタムデザインした長いコラボレーションテーブルとハイトップテーブル、バースツール、快適なラウンジチェアやプーフ(すべてポーランド製の家具)を備えた広々としたカフェテリアを作りました。ビストロスタイルのパッド入りベンチシートや、より共同作業を促進するためのダイナーブースもマッシブデザインがデザインしました。ダイナーブースには、戦前の「Koneser」工場のイメージや、ポーランドの歴史的なウォッカブランドのグラフィックが描かれています。ダイナーブースに隣接する天井は、吸音材としてパンチング加工されたリサイクルステンレス製で、木製の部材や築100年のオリジナルレンガ壁など、インテリアデザインに使用されている他の自然素材や仕上げを引き立たせています。

レンガの壁は、かつてのウォッカ工場の豊かな歴史を思い起こさせ、現在はガラス屋根を持つ3階建ての吹き抜け空間を支える壁として機能し、空間に直接日光を取り込むことができます。また、カフェテリアに面したアトリウムの窓は、建物の外壁にある歴史的な窓を参考にデザインしました。

建物の反対側に位置するメインの受付は、リサイクルされた木の板で構成され、かつてのウォッカ工場の遺物であるLED照明付きコントロールライトを備えたスイッチボードをリノベーションした装飾的な受付壁が設置されています。レセプションの近くには、高さ10mの自然の垂直庭園、1950〜60年代に使われていたものを思わせるテラゾー床、アトリウムの壁面に明るいネオンでライトアップされたワルシャワ市のシンボルである大きなマーメイドなど、デザイン要素も盛りだくさんです。これらは、マルシン・マズルキェヴィッチ率いるMassive Designがプロジェクトに取り入れたインテリアデザインのほんの一例であり、プロジェクトの他の関係者と協力しながら、「キャンパス・ワルシャワ」プロジェクトを予定通り、予算内で、そして期待以上の最終結果を持って完成させることができたのです。

related post

関連記事

  • ユニリーバ(Unilever)のオフィスのエントランス/受付

    ユニリーバ(Unilever)の多機能な

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ユニリーバDACH本部のハンブルクへの移転は、新しい働き方の方向性を示すものとして組織内の文化的な変化を加速させました。 設計をしたのはJoppich & Rieckhoff社。 2020年夏、世界的な消費財メーカーであるユニリーバは、その象徴

  • Amadeus(アマデウス)のオフィス - シンガポールの受付/エントランススペース

    Amadeus(アマデウス)の自然からイ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ID21 は、シンガポールのAmadeusのオフィスを素晴らしい眺望を活用し、デザインしました。 海の見えるスペースでパソコンで仕事をすることを想像してみてください。休憩が必要なときは、近くにあるコーヒーバーやプールテーブル、フーズボールテーブルに足を運び、

  • 【Artplanのオフィスデザイン】-ブラジル, ブラジリアのリラックススペース

    【Artplanのオフィスデザイン】想像

    広告代理店のArtplanは、ブラジルのブラジリアにある新しいオフィスのデザインを建築・インテリアデザイン事務所の SKborgersに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Artplan “は広告代理店で、色と有機的な形を使った破天荒でオープンな素敵な空間をコ

  • 【Cartierのオフィスデザイン】 - タイ, バンコクの受付/エントランススペース

    【Cartierのオフィスデザイン】優美

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アールデコの時代にインスピレーションを受け、優美な曲線とエレガントなタッチを追求したカルティエのバンコクオフィスは、高級ブランドの伝説的な美と職人技の歴史にオマージュを捧げています。オービット デザイン スタジオは、タイのバンコクにある高級ジュエラー、カルティエの

  • GoodRx(グッドアールエックス)のオフィス - カリフォルニア州, サンタモニカの受付/エントランススペース

    GoodRx(グッドアールエックス)の木

    GoodRxのサンタモニカ本社は、”家 “の”雰囲気”と”手触り感”を折衷的に理解することで、個人のファミリールームのような感覚を一つの空間に持ち込むことをコンセプトとしています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); RIOSは、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるGoo

  • 【Facepunch Studiosのオフィスデザイン】- イギリス, バーミンガムのオープンスペース【Facepunch Studiosのオフィスデザイン】- イギリス, バーミンガムのオープンスペース

    【Facepunch Studiosのオ

    Oktraは、イギリス・バーミンガムにあるFacepunch Studiosのオフィスを、ブランドアイデンティティを尊重しながらデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 独立系ゲーム開発会社であるFacepunch Studiosは、よりアクセスしやすい場所への移転を希望し、バー