【Betterのオフィスデザイン】自然溢れるグリーンビル- スロベニア, リュブリャナ

contents section

【Betterのオフィスデザイン】- スロベニア, リュブリャナの受付/エントランススペース

建築・インテリアデザイン事務所のKrageljは、スロベニアのリュブリャナにあるソフトウエア会社Betterの新しいオフィスデザインを最近完成させました。

オフィスや職場のデザインに組織の価値を組み込むことについては、これまでにも多くのことが語られてきました。多くの場合、これらの価値観はグリーンビルディングの設計、多様性と包括性へのより良いアプローチ、個人のウェルビーングを育成する必要性など、社会全体で共有されているものです。しかし、そのような価値観が組織のビジネスモデルそのものと結びついている場合もあります。世界規模でデータを活用し、医療・介護チームの業務を簡素化することで、地域レベルで個人の健康とケアを向上させることを使命とする企業です。

Better d.o.o.は、リュブリャナに拠点を置く技術プロバイダーで、16カ国で500以上の病院と150以上のクライアントと連携し、3000万以上のユニークな患者の電子医療記録を保存しています。同社は、いくつかの主要市場におけるイノベーターおよびソートリーダーとして、またオープンEHRベースの製品における世界的リーダーとして認められています。Betterの成功と年率12%の成長により、新オフィスへの迅速な移転が不可欠となりました。しかし、これは単に予想されるビジネスの成長に対応するためだけではありません。Better社のビジネスモデルと同様に、すべての人に適用できるものでありながら、一人ひとりの具体的なニーズにも対応できるものを作ることが不可欠だったのだ。

これは、現実的な問題であると同時に、倫理的な問題でもありました。Better社は、革新と成長の原動力となる若いプロフェッショナルにとって魅力的な雇用主となるような職場文化を作りたいと考えています。プロジェクトの重要な要素として、プロジェクト開始時に組織と利用状況に関する広範な調査が行われ、現在のニーズを満たしながら、会社の変化に合わせて柔軟に対応できる設計がサポートされました。この二重の意味で組み込まれた敏捷性により、同社は初日からよりコラボレーティブなワークカルチャーを導入できただけでなく、時間の経過とともに成長・発展することを予期することができたのです。ベター社が新社屋として選んだビルは、3,000平方メートルのスペースに7階建てと地下2階を備え、コミュニケーションラインを最大化することが課題の一つでした。どのフロアも、特定の部門に特化した自己完結型にならないようにすることが重要でした。

そこで、各フロアに異なるタイプの施設、アメニティ、ワークスペースを用意し、人々がビル内を移動し、セレンディピティの瞬間を生み出すよう誘導しています。このようにフォーマル、インフォーマルな情報の流れを作ることで、個人の職種や仕事の好みに関わらず、まとまりのある企業文化や帰属意識を醸成することができるのです。各フロアには、コーヒーを飲みながらインフォーマルなおしゃべりができるブレイクアウトスペースを設けていますが、それぞれのフロアに独自のカラーパレットを採用し、道しるべとなるような場所を提供するようにしています。1階には、レストランやミーティングスペースがある大きな共用スペースがあります。重要なのは、取締役専用のエグゼクティブ・スイートがないことです。みんなが一緒にいるのです。

related post

関連記事

  • 【CAEのオフィスデザイン】– イギリス,ヘメル・ヘムステッドのオープンスペース

    【CAEテクノロジーサービスのオフィスデ

    Woodhouse Workspaceは、英国ヘメル・ヘムステッドにあるCAE Technology Servicesの新本社ビルの設計に携わりました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 180名の常駐・訪問スタッフのためのオフィススペースであると同時に、クライアントとのミーティング

  • Ford(フォード)の車両性能および電化センター - ミシガン州アレンパークのショールーム

    Ford(フォード)の自然光を利用した車

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ガファリ・アソシエイツは、ミシガン州アレンパークにあるフォード車両性能テストおよび電化センターに、自然光を利用したワークプレイスをデザインしました。 自動車のエネルギー消費量を削減する技術の開発を続けるため、フォード・モーター・カンパニーと協力して、

  • TWINOのオフィス - ラトビア, リガのロッカー

    TWINOの社名を大胆に取り入れたオフィ

    Open ADは、限られた色調の中で、自然光と遊び心を取り入れ、ラトビアのリガにあるTWINOのオフィスを完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); TWINOはラトビアに拠点を置くフィンテック企業で、スタッフはどこにいても仕事ができるようになっていますが、社会的な労働文化のためには

  • 【BaBylissのオフィスデザイン】- イギリス, ベイジングストークの受付/エントランススペース

    【BaBylissのオフィスデザイン】モ

    oktraは、イギリスのベイジングストークにあるBaBylissとConairのオフィスのために、洗練された環境をデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); BaBylissとConairの以前のオフィスは、働き方の進化に伴い非効率になっていたため、移転して新たなスタートを切ること

  • 【The Supreme Council for Motherhood & Childhoodのオフィスデザイン】- アラブ首長国連邦,アブダビのエントランススペース

    【The Supreme Council

    Roarは、アブダビにあるThe Supreme Council for Motherhood & Childhoodのオフィスをデザインしました。大人も子どもも快適に過ごせる機能的なワークスペースを作ることに重点を置き、首長国の伝統的な職人技を取り入れ、さまざまなスタイルやカラーを取り入れました。 (adsbygoogle = window.adsbygo

  • Microsoft(マイクロソフト)のオフィス - アルファレッタ, ジョージア州の受付/エントランススペース

    Microsoft(マイクロソフト)の高

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ai3はジョージア州アルファレッタに移転したマイクロソフトのオフィスを設計しました。 マイクロソフトは、セールスオフィス、カスタマーセンター、マイクロソフトテクノロジーセンター(MTC)をアルファレッタのアバロンに移転し、従業員と顧客をアルファレッタで最も新