【Promodoのオフィスデザイン】キエフの街からインスペレーションを受けたアートなオフィス- ウクライナ, キエフ

contents section

【Promodoのオフィスデザイン】- ウクライナ, キエフの会議/ミーティングスペース

Promodoは、ウクライナの首都キエフに新しくオフィスを構えるにあたり、ハリコフ・オフィスの継続性を図りながら、キエフのユニークなシティ・スピリットを伝えることを目指しました。



ウクライナのキエフにあるデジタルマーケティング会社Promodoの多機能ワークプレイスをbude architectsが手がけました。

68名の従業員のために設計されたワークスペースは、受付のあるエントランス、大会議室、2つの小会議室、大きなオープンスペース、円形劇場のあるキッチン、ソファのあるラウンジエリア、更衣室、テクニカルルームを備えています。

キエフオフィスのビジュアルコンセプトは、ハリコフオフィスで開発された一般的なアイデアを継承したものとなっています。私たちの仕事は、キエフの都市精神や都市に住む人々のお気に入りの場所を、インテリアデザインに反映させることでした。

レセプションのインスピレーションとなったのは、キエフのケーブルカーです。このケーブルカーは、キエフの歴史的な上町とポディル(Podil)を結んでいます。このイメージは、レセプションエリアの装飾、仕上げ、形状、配色に反映されています。待合室のソファテーブルには、この街のシンボルである栗の葉が描かれています。

グラスや壁に描かれたナタリア・シュルガのイラストが、オフィス内に特別な雰囲気を醸し出しています。双子の会議室は、キエフの右岸と左岸の生活を反映し、それにちなんだ名前をつけています。残りのゾーンでは、オフィス街、パーティーの街、ビーチのあるリラックスした街など、街のさまざまな部分が描かれています。それぞれのエリアで、親しまれている場所やお気に入りの場所が推測されます。

キエフオフィスには、ハリコフオフィスと同様の社内会議室があり、「Stand out」のスローガンが反映されたモザイクパネルが設置されています。

キエフのグループ「Pomme de Boue」のモザイクパネル「CHAIRS」には、約100年前の椅子やアームチェアが14脚描かれています。このパネルは、マルセル・ブロイヤーによるワシリー・チェアとそれにまつわる巨大な神話に捧げられています。ワシリーチェアは、20世紀で最も有名な椅子と思われる。この椅子は、20世紀で最も有名な椅子だと思われます。構図の中心にあり、この椅子は、デスクトップ上の別の投影にも配置されています。パネルは幅320cm、高さ130cmに達します。

キッチンには、夕食時にチームのコミュニケーションが取りやすいように、コミュニティテーブルを作りました。窓際のアンフィシアターエリアは、コーヒーを飲みながら話すことを想定しています。また、ここでチームの全体ミーティングを行うことも可能です。

related post

関連記事

  • PwCエクスペリエンスセンターのオフィス - フランス, パリのオープンスペース

    PwCエクスペリエンスセンターのオスマン

    パリのオスマン様式の邸宅内にあるPwCの新しいエクスペリエンスセンターは、プロフェッショナルサービスの大手企業として、社員が新たな創造性を発揮するための最高の空間になりました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Vincent & Gloria Architectesは、フランスのパ

  • Shui On Land スペック・スイートのオフィス - 中国, 上海のオープンスペース

    Shui On Land スペック・スイ

    Shui On Landは、地域と周辺環境の向上を使命とし、上海に環境に配慮した次世代型シェアードワークスペース「WORKX SOCIAL」を誕生させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); M Moser Associatesは、中国上海にあるShui On Landのスペックスイートの

  • 【ペルノ・リカールのオフィスデザイン】- アラブ首長国連邦, ドバイのコミュニケーションスペース

    【ペルノ・リカールのオフィスデザイン】親

    フランスの飲料メーカー、ペルノ・リカールは、アラブ首長国連邦のドバイにある新オフィスのデザインを建築・インテリアデザイン事務所SAY Studioに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本物の、共有された瞬間” ホスピタリティ業界のマントラである「ゲストを歓迎する」に

  • 【CIMETのオフィスデザイン】- メキシコ, メキシコシティの受付/エントランススペース

    【CIMETのオフィスデザイン】360度

    Cimet Arquitectosは、メキシコシティにダイナミックで多機能なワークスペースを完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); CIMETは建築・建設・不動産開発のコンソーシアムで、本社はメキシコシティにあるTorre Glorieta Cibelesの最上階2階とルーフガー

  • ユーザベースのオフィスデザイン

    【ユーザベースのオフィスデザイン】共創を

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 移転決定の発表以降も、市況や海外情勢に大きな変化がありました。それらを受けて、さまざまな議論や対話を積み重ねて、パーパスを実現するためには、下記3つのコアバリューを元に設計されたオフィス戦略が不可欠だと考えています。 2021年10月18日、ユーザベースは丸

  • 【Doctor Anywhereのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Doctor Anywhereのオフィ

    ヘルスケア企業のDoctor Anywhere は、シンガポールの新しいオフィスのデザインを、建築・インテリアデザイン会社のConexusに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「インダストリアル・シックなインテリアデザインは、未加工の素材とむき出しのダクトを利用し