T-mobile(ティーモバイル)の屋外へのアクセス性を取り入れたユニークなオフィス – ワシントン州,ベルビュー

contents section

T-mobile本社ビル2号館のオフィス - ワシントン州,ベルビューのオープンスペース

T-Mobileのベルビュー本社ビルの改修工事(1,000,000平方フィート)が完了し、世界的な通信プロバイダーのユニークなブランドを反映した空間が完成しました。

ワシントン州ベルビューにあるT-Mobileの複数棟からなるキャンパスの改修プロジェクトの2棟目をGenslerが担当しました。

このプロジェクトは、T-Mobileのブランドと文化を表現し、競争の激しい雇用市場において優秀な人材の確保と従業員の定着に焦点を当てたものです。Genslerのデザイナーは、Gensler Workplace Performance Index調査のデータ、インタビュー、ワークショップ、分析を活用して、T-Mobileの顧客志向の文化を反映した戦略やデザインを可能にしました。

T-Mobileが最近改装した144,995平方フィートの「ビルディング2」は、ユニークな内装テナント改善ネットワーク、アメニティスペースに設置された息を呑むような眺めの広大な外部デッキ、2つの新しい連結スカイブリッジ、正面玄関を出てすぐのプラザ改修などが含まれます。2号館の充実したアメニティフロアは、新しく改装された46,815平方フィートのキャンパスの中心部で、T-Mobileのチームが集い、広々としたスペースを確保できる場所となっています。従業員は、6つの多様なダイニング・キオスク、フローズン・ヨーグルトを提供するため復元されたビンテージ・エアストリーム、スターバックス、パブ、ハッピーアワー用のバーが迎えてくれます。この2つのアメニティフロアは、1,000平方フィートの新しい大階段でつながっており、この階段は全員参加のミーティングのための円形劇場席としても機能します。カラフルな家具が置かれた魅力的なスカイブリッジは、ビル間の移動を容易にし、他の人とつながるための心地よいスペースとなりすべてのビルを結びつけています。

このワークプレイスデザインは、ポスト・コロナの空間に求められる機能、すなわち屋外へのアクセス性を取り入れたものです。再設計以前から、一部のスペースはテラス状の広い屋外スペースを有していましたが、これらのスペースはアクセスしにくく、放置されがちな状態でした。Genslerは美しい太平洋岸北西部の可能性を認識し、屋外とのつながりをデザインの重要な要素として扱いました。木材、緑を植えるカスタムプランター、自然な質感など、屋外の要素をワークプレイスに織り込みました。デザインチームは、すべての建築要素を周辺から離し、自然光をより多く取り込むようにしました。この屋内と屋外のつながりが、コラボレーションと創造性のための落ち着いた環境と、新鮮な空気の中で集うための健康的な空間を生み出しています。4,405平方フィートの外部デッキには、屋根付きと屋根なしの座席、屋外ゲーム、ワークポッド、高速道路からの騒音を遮るガラスの防音壁があり、屋外のアメニティスペースとなっています。

2号館のアメニティフロアの上には、3階建ての大胆かつ機敏なワークスペースがあり、順応性と協調性に優れた集いの場となっています。ミーティングルームやハドルルームには、即席のチーム用ベンチやブレーンストーミング用の壁が通路に沿って配置され、ライティングロッドがデスクシェルターから離れた共同スペースに会話を誘います。1階上のエグゼクティブスイートは、T-Mobileのアンキャリアカルチャーを示す柔軟で平等な空間です。オフィスは広々とした開放的な空間で、ボードルームはナチュラルかつ威厳のあるソフィットのアクセントと仕上げが施されています。

related post

関連記事

  • Google(グーグル)のクールでウッディなオフィスのオープンスペース

    Google(グーグル)のクールでウッデ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 建築事務所Form4 Architectureの建築家とデザイナーのチームは、カリフォルニア州マウンテンビューにある世界的な検索エンジン企業Googleの新オフィスを設計しました。 Form4 Architectureは、1854年から続くベイエリアの著名な

  • Bonduelle(ボンデュエール)のオフィス-ブロサード, カナダのカフェスペース

    Bonduelle(ボンデュエール)の植

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 食品会社のBonduelleは、カナダのブロサールにある新しいオフィスの設計を建築・インテリアデザイン事務所のLemay に依頼しました。 「ブロサールのソーラー・ユニカルティエ地区の緑の屋根と並木道に囲まれたBonduelleの新本社は、植物にアイデンティ

  • 【Workdayのオフィスデザイン】- 東京, 六本木の受付/エントランススペース

    【Workday (ワークデイ)のオフィ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 企業向けクラウド型財務・人事アプリケーションプロバイダ大手のWorkdayの日本法人「ワークデイ株式会社」は、従業員のコミュニケーション活性化とエンゲージメントのさらなる向上のため東京本社オフィスを六本木ヒルズ森タワーへ移転しました。 新しいオフィス

  • 【Prosegurのオフィスデザイン】- スペイン, マドリッドのワークスペース

    【Prosegurのオフィスデザイン】働

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); クッシュマン&ウェイクフィールドは、スペイン・マドリッドにあるProsegurのオフィスを設計する際、創造、コラボレーション、イノベーションをテーマにしました。 PROSEGURのCOLABORAプロジェクトの目的は、同社のコーポレートスペースを通じ

  • 【BaBylissのオフィスデザイン】- イギリス, ベイジングストークの受付/エントランススペース

    【BaBylissのオフィスデザイン】モ

    oktraは、イギリスのベイジングストークにあるBaBylissとConairのオフィスのために、洗練された環境をデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); BaBylissとConairの以前のオフィスは、働き方の進化に伴い非効率になっていたため、移転して新たなスタートを切ること

  • 【Promodoのオフィスデザイン】- ウクライナ, キエフの会議/ミーティングスペース

    【Promodoのオフィスデザイン】キエ

    Promodoは、ウクライナの首都キエフに新しくオフィスを構えるにあたり、ハリコフ・オフィスの継続性を図りながら、キエフのユニークなシティ・スピリットを伝えることを目指しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ウクライナのキエフにあるデジタルマーケティング会社Promodoの多機能ワーク