YouTubeの探究心あふれる本社オフィス(写真7枚) – カリフォルニア州,サンブルーノ

contents section

YouTubeの探究心あふれる本社オフィスのロビー

かつては時代遅れで混雑したロビーが、今ではYouTubeのエントランスとして活気に満ち、テクノロジー企業のサンブルーノ本社の革新的で創造的な企業文化にマッチした空間になっています。

Valerio Dewalt TrainOffice Of Thingsは、カリフォルニア州サンブルーノにあるYouTube本社の新しいロビー空間をデザインしました。

以前はGapの本社があったカリフォルニア州サンブルーノのビルに入居したYouTube社は、すぐにロビーの改装が必要であることに気づきました。機能的に、既存のスペースは混雑しており、音響効果も悪いため、うるさく、混沌としているように感じられました。しかし、それと同じくらい重要なのは、このようなハイテク企業のエントランスが地味で、このプラットフォームの背景にある創造性や約20億人のユーザーベースであることを反映していないことです。訪問者にとって、ロビーは社内で唯一アクセスできる場所であり、その体験は多くの人にとって拍子抜けするようなものだったのです。

そこで、プロジェクト関係者と何度も話し合い、新しいロビーのあり方を決定するデザイン原則を導き出しました。まず、本社に到着したことを印象づけるような、印象的な体験を提供すること。2つ目は、ソーシャルメディアとの連動を促す、象徴的で共有価値のあるブランディングです。3つ目は、日々の業務だけでなく、イベントなどにも利用できるような多目的機能と最適な動線を確保することです。そして、来訪したYoutuberが壮大なスケールで作品を発表できる、クリエイターのためのキャンバスを提供することです。

901 Cherryの2層吹き抜けのアトリウムは、金属製の構造体が取り除かれ、空間を縦に貫く長い天窓が交差しています。入口を入ると、南側の壁には床から天井までのデジタル・インスタレーションが、鉄骨構造の間にすっぽりと収まって、訪問者を迎えてくれます。これはコンテンツを表示するための最先端の高解像度スクリーンの設置というよりも、個々のピクセルを称えるスクリーンを抽象化したアートピースとして扱われました。パネルを照らすLEDは広い間隔で配置され、柔らかい音響布の層の数センチ後ろに設置されているため、素材が大きな円として光を受け止めます。その結果、スクリーン上で再生される映像は、抽象的で儚げなものとなっています。テクノロジー製品によく使われる冷たいプラスチック素材とは異なり、柔らかい布は心地よく、温かみのある手触りです。LEDが消灯しているときは、布の陰に隠れて見えません。

YouTubeの有名な「再生」アイコンは、LEDウォールの中央にネオンで描かれています。このアイコンは、ロビーの真向かいにある受付カウンターの後ろにある黒いガラス製のロゴマークにも映し出されています。

ロビーの北側には、緑の壁、積み重ねられた木のベンチ、ハイテーブルの座席がポケットのように並んでいます。ビオフィリアの要素を加えることで、社員の健康をサポートするだけでなく、ナチュラルな木の質感を引き立て、心地よい雰囲気を演出しています。グリーンウォールの葉の間には、YouTubeの「アーティファクト・ミュージアム」のガラスケースがあり、有名YouTuberから寄贈された思い出の品が展示されています。

また、ロビーには「メダリオン」と呼ばれる床材が敷き詰められ、来場者にデジタルインスタレーションとのインタラクションを促しています。各メダルには、YouTubeのコアバリューを説明するグラフィックが描かれています。メダリオンを踏むと、デジタルウォールが反応します。複数のメダルを異なる組み合わせで起動させると、さまざまな反応が返ってきます。YouTubeのオンラインプラットフォームと同様、このロビーは創造性、探究心、発見を促進し、クリエイターと従業員を象徴するようにデザインされています。

related post

関連記事

  • GSKの営業所と消費者イノベーション科学センターのオフィス – アーカンソー州, ベントンビルの受付/エントランススペース

    GSKの営業所と消費者イノベーション科学

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); FCAは、アーカンソー州ベントンビルにあるGSKの営業所と消費者イノベーション科学センターのために、柔軟なワークスペースを設計しました。 GSKは、世界で最も人気のあるブランドや製品を開発・販売する、消費者向けヘルスケアのリーディングカンパニーです。GSKは

  • 【Cofidisのオフィスデザイン】- ポルトガル, リスボンのワークスペース

    【Cofidisのオフィスデザイン】遊び

    クッシュマン&ウェイクフィールドは、ポルトガルのリスボンにあるCofidisオフィスを、遊び心とモダンさ、そしてダイナミックな雰囲気でデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ポルトガルでは1996年以来、Cofidisは個人向けクレジットの販売・管理におけるリファレンスカンパニ

  • Energr + のコワーキングオフィス – 中国, 北京のオープンスペース

    Energr + の高低差を活かした木の

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); XWXZ Designは、ダイナミックなワークエリアと温かみのある素材を用いたEnergr + のコワーキングオフィスを中国・北京に完成させました。 XWXZの課題は、北京金泰ビル5Fにある廃墟となったプールの空間を再創造することです。最初の現地調査

  • 【Doctor Anywhereのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Doctor Anywhereのオフィ

    ヘルスケア企業のDoctor Anywhere は、シンガポールの新しいオフィスのデザインを、建築・インテリアデザイン会社のConexusに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「インダストリアル・シックなインテリアデザインは、未加工の素材とむき出しのダクトを利用し

  • 【Cushman & Wakefieldのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Cushman & Wakefield

    MSDOは、シンガポールのクッシュマン&ウェイクフィールドのオフィスで、従業員が快適に働ける魅力的なオフィスを提供するための空間を作りました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); クッシュマン&ウェイクフィールドは、企業不動産アドバイザリーサービスのグローバルリーダーとして、不動産の未来と仕事

  • ハーマンミラーショールームのオフィス - 中国, 合肥市のオープンスペース

    ハーマンミラーショールームの開放的で透明

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); HQGK Designは、中国合肥市にある代表的な家具メーカー、ハーマンミラーのショールームデザインを完成させました。 HQGK Designは2019年、また新たなチャレンジを経験しました。それは、ハーマンミラー合肥支社の代理店であるHezhile Fur