ユニリーバ(Unilever)の多機能なオフィス – ドイツ,ハンブルク

contents section

ユニリーバ(Unilever)のオフィスのエントランス/受付

ユニリーバDACH本部のハンブルクへの移転は、新しい働き方の方向性を示すものとして組織内の文化的な変化を加速させました。

設計をしたのはJoppich & Rieckhoff社。

2020年夏、世界的な消費財メーカーであるユニリーバは、その象徴的な場所からハンブルクの市街地に戻ってきました。このDACH本社は、ユニリーバがこれまでほとんどの企業が敢行しなかったことを導入し、オフィスデザインの新しいスタンダードを打ち立てています。スクリーンワークを30%削減し、同時にアジャイルワークステーション、会議室、コラボレーションの場を増やしたのです。

60人以上の社員がボランティアでこのプロジェクトに参加し、ハンブルグに拠点を置くオフィス環境計画の専門家Joppich & Rieckhoff GmbHとベルリンの組織開発会社TheDive GmbHのレイアウト&デザインにおけるサポートを受けて、さまざまなワークストリームで独自の作業環境を設計しました。

プロジェクトチームは、プロジェクト開始から移転までのわずか1年の間に、アジャイルコラボレーションと自己組織化のさまざまな手法を用いた共創的なプロセスで、新ビルのコンセプトを策定しました。機能横断的、階層横断的なワークストリームが、食、モビリティ、会議文化、オフィスデザインなどの重要なテーマを扱い、新しい職場というものを体験していきました。連続したワークショップでは、有志がフロアスペースのレイアウトやユーザー指向のゾーニングを実験しました。ワークシナリオとワークプレイスは、作成され、テストされ、再構築され、さらに開発さえもされました。

ワークショップの期間中、各チームは様々な家具を積極的に試し、新しいオフィスのためのインスピレーションを得ました。また、ムードボードを作成し、床材やファブリック、仕上げ材などの素材について投票を行いました。そして、開発されたコンセプトは、社員全員で繰り返し検討されました。

各ワークストリームは、完全に自己組織化され、完全な意思決定責任を持って新しい職場環境を構想し、「文化」ワークストリームは、ユニリーバの「新しい仕事」が将来どうあるべきかを並行して試行したのです。

その結果、ユーザーを中心に据えた、革新的で多機能なエコシステムが生まれました。8つのフロアは、最大限の柔軟性と個別の空間利用を可能にしました。会議室は、その場に応じて簡単に配置を変えることができます。個人用とグループ用のワークプレイス、隠れ家的な場所、ソーシャルスペースをバランスよく配置することで、さまざまなワークシナリオにおいて、未来志向のコラボレーションを実現することができます。

また、オフィスでは、効率的なスペース利用だけでなく、素材の選択、バイオフィリックデザインのコンセプト、建物の運用など、サステナビリティが非常に重要視されています。社内カフェでの植物性食品へのこだわり、廃棄物の削減、全従業員に対する公共交通機関への助成金の倍増などは、従業員の二酸化炭素排出量を大幅に削減するための取り組みです。

ハイブリッドワークが主流になるユニリーバの多くの社員にとって、在宅勤務は大きなチャンスであり続けるでしょう。しかし、チームメイト同士の対面での交流がもたらす創造的な価値は、それに取って代わるものではありません。そのため、インタラクティブな会議室、コラボレーションスペース、イノベーションラボは今後ますます必要とされるでしょう。 人間中心設計のアプローチとニーズ指向のゾーニングにより、多様な職場環境を提供し、すでに始まりつつある文化の変革に貢献することでしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/486529566004307100/

related post

関連記事

  • Charlton Morrisのオフィス – イギリス, リーズのオープンスペース

    【Charlton Morrisのオフィ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Charlton Morrisは、リーズオフィスの設計において、従業員に最高の経験を提供し、チームと文化を真に反映した空間を実現しました。ru CREATIVE Ltdは、イギリス・リーズにあるCharlton Morrisのオフィスを、クリエイティブな壁

  • 【Beijing Xingguangのオフィスデザイン】- 中国, 北京の会議/ミーティングスペース

    【Beijing Xingguangのオ

    メディア企業のBeijing Xingguang Yaolai Culture Media は、中国・北京の新オフィスの設計を建築・インテリアデザイン事務所のCUN Designに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); クライアントはメディア投資会社で、この2棟の建物を、従来

  • ID Integrated(アイディー・インテグレーテッド)のオフィス - シンガポールのワークスペース

    ID Integrated(アイディー・

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ID Integratedは、シンガポールのオフィススタジオに、同社の社風とビジョンを反映した空間を作りました。 商業インテリアデザイン会社であるID Integrated ( IDI ) は、設立以来、常に結束力が強く、協力的で、楽しい雰囲気のある職場文化

  • GSKの営業所と消費者イノベーション科学センターのオフィス – アーカンソー州, ベントンビルの受付/エントランススペース

    GSKの営業所と消費者イノベーション科学

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); FCAは、アーカンソー州ベントンビルにあるGSKの営業所と消費者イノベーション科学センターのために、柔軟なワークスペースを設計しました。 GSKは、世界で最も人気のあるブランドや製品を開発・販売する、消費者向けヘルスケアのリーディングカンパニーです。GSKは

  • 【Armstrong Teasdaleのオフィスデザイン】- イギリス, ロンドンの受付/エントランススペース

    【Armstrong Teasdaleの

    法律事務所Armstrong Teasdaleは、イギリスのロンドンにある新しいオフィスの設計をワークプレイスデザイン会社Oktraに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 伝統的な法律事務所であるArmstrong Teasdaleは、従業員の柔軟な労働環境に妥協することなく、セルラ

  • 【GenePlanetのオフィスデザイン】- スロベニア, リュブリャナのオープンスペース

    【GenePlanetのオフィスデザイン

    Kragelj は、スロベニアのリュブリャナにあるGenePlanetのオフィス用に、プロフェッショナルと楽しさのバランスがとれた明るく柔軟な空間をデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); GenePlanetのオフィスデザインに見られる細部へのこだわりは、テーラーメイドのデザイ