ユニリーバ(Unilever)の多機能なオフィス – ドイツ,ハンブルク

contents section

ユニリーバ(Unilever)のオフィスのエントランス/受付

ユニリーバDACH本部のハンブルクへの移転は、新しい働き方の方向性を示すものとして組織内の文化的な変化を加速させました。

設計をしたのはJoppich & Rieckhoff社。

2020年夏、世界的な消費財メーカーであるユニリーバは、その象徴的な場所からハンブルクの市街地に戻ってきました。このDACH本社は、ユニリーバがこれまでほとんどの企業が敢行しなかったことを導入し、オフィスデザインの新しいスタンダードを打ち立てています。スクリーンワークを30%削減し、同時にアジャイルワークステーション、会議室、コラボレーションの場を増やしたのです。

60人以上の社員がボランティアでこのプロジェクトに参加し、ハンブルグに拠点を置くオフィス環境計画の専門家Joppich & Rieckhoff GmbHとベルリンの組織開発会社TheDive GmbHのレイアウト&デザインにおけるサポートを受けて、さまざまなワークストリームで独自の作業環境を設計しました。

プロジェクトチームは、プロジェクト開始から移転までのわずか1年の間に、アジャイルコラボレーションと自己組織化のさまざまな手法を用いた共創的なプロセスで、新ビルのコンセプトを策定しました。機能横断的、階層横断的なワークストリームが、食、モビリティ、会議文化、オフィスデザインなどの重要なテーマを扱い、新しい職場というものを体験していきました。連続したワークショップでは、有志がフロアスペースのレイアウトやユーザー指向のゾーニングを実験しました。ワークシナリオとワークプレイスは、作成され、テストされ、再構築され、さらに開発さえもされました。

ワークショップの期間中、各チームは様々な家具を積極的に試し、新しいオフィスのためのインスピレーションを得ました。また、ムードボードを作成し、床材やファブリック、仕上げ材などの素材について投票を行いました。そして、開発されたコンセプトは、社員全員で繰り返し検討されました。

各ワークストリームは、完全に自己組織化され、完全な意思決定責任を持って新しい職場環境を構想し、「文化」ワークストリームは、ユニリーバの「新しい仕事」が将来どうあるべきかを並行して試行したのです。

その結果、ユーザーを中心に据えた、革新的で多機能なエコシステムが生まれました。8つのフロアは、最大限の柔軟性と個別の空間利用を可能にしました。会議室は、その場に応じて簡単に配置を変えることができます。個人用とグループ用のワークプレイス、隠れ家的な場所、ソーシャルスペースをバランスよく配置することで、さまざまなワークシナリオにおいて、未来志向のコラボレーションを実現することができます。

また、オフィスでは、効率的なスペース利用だけでなく、素材の選択、バイオフィリックデザインのコンセプト、建物の運用など、サステナビリティが非常に重要視されています。社内カフェでの植物性食品へのこだわり、廃棄物の削減、全従業員に対する公共交通機関への助成金の倍増などは、従業員の二酸化炭素排出量を大幅に削減するための取り組みです。

ハイブリッドワークが主流になるユニリーバの多くの社員にとって、在宅勤務は大きなチャンスであり続けるでしょう。しかし、チームメイト同士の対面での交流がもたらす創造的な価値は、それに取って代わるものではありません。そのため、インタラクティブな会議室、コラボレーションスペース、イノベーションラボは今後ますます必要とされるでしょう。 人間中心設計のアプローチとニーズ指向のゾーニングにより、多様な職場環境を提供し、すでに始まりつつある文化の変革に貢献することでしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/486529566004307100/

related post

関連記事

  • 【Skidmore, Owings & Merrillのオフィスデザイン】- ニューヨーク州ニューヨーク市のオープンスペース

    【SOMのオフィスデザイン】最先端のワー

    Skidmore, Owings & Merrillは、自分たちのオフィスを実現するために設計理念を押し進め、コミュニティとコラボレーションを促進し、設計事務所のニューヨークでの業務の前例となるような空間を作り上げました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Skidmore, Owi

  • 【Aykaç İnşaatのオフィスデザイン】- トルコ, イスタンブールのエントランススペース

    【Aykaç İnşaatのオフィスデザ

    トルコ・イスタンブールにあるAykaç İnşaatのオフィスを、Bakırküre Architectsがオープンスペースとダイナミックな家具を使ってデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); イスタンブール、ボモンティの広場にある金融コンサルタント・建設会社Aykaç İnşa

  • 【Pinterestのオフィスデザイン】- カナダ, トロントのエントランススペース

    【Pinterestのオフィスデザイン】

    Genslerは、Pinterestのトロントの新オフィスを設計し、ブランド文化と価値観を代表するユニークな空間、驚きと喜びの瞬間を盛り込んだ空間、そしてカナダらしさにインスパイアされた空間を作り上げることに努めました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Genslerは、カナダのトロントに

  • Twitter(ツイッター)のナチュラルかっこいいオフィスのオープンスペース

    Twitter(ツイッター)のナチュラル

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コミュニティへの参加、ソーシャル化、ウェルネスを中核とするTwitterのトロントの新拠点は、グローバルなつながりを促進するというソーシャルネットワーキング企業のミッションの主要な特性を体現しています。 ACDOは、カナダのトロントにある世界的なソーシャルネ

  • 【Modernaのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのオープンスペース

    【Modernaのオフィスデザイン】時代

    Massive Designは、ポーランドのワルシャワに明るい自然光とダイナミックな建築要素を備えたバイオテクノロジー企業Modernaのオフィスを完成させた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過剰に刺激された世界で快適さを感じること、特に私たちの仕事や創造的な活動をサポートすべき空間にお

  • 【CIMETのオフィスデザイン】- メキシコ, メキシコシティの受付/エントランススペース

    【CIMETのオフィスデザイン】360度

    Cimet Arquitectosは、メキシコシティにダイナミックで多機能なワークスペースを完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); CIMETは建築・建設・不動産開発のコンソーシアムで、本社はメキシコシティにあるTorre Glorieta Cibelesの最上階2階とルーフガー