【Pelsan Tekstilのオフィスデザイン】バイオフィリックデザインを取り入れたオフィス- トルコ, テキルダグ

contents section

【Pelsan Tekstilのオフィスデザイン】- トルコ, テキルダグのオープンスペース

トルコのテキルダグにあるPelsan Tekstilのオフィスは、mimaristudioがオープンとプライベートのバランスをとって設計しました。

医療、衛生、断熱の分野で活躍するトルコ初で唯一の通気性ポリエチレンフィルムメーカー、ハッサングループの一員であるPelsan Tekstilは、Mimaristudioのチームによって新しい本社を設計しました。

プロジェクトの目的は、同社の新しい生産施設の中心に位置する新しい作業エリアに、企業の革新的で技術的、そしてカラフルな世界にふさわしい生活空間を作り出すことでした。「柔軟性」「可変性」「透明性」「経験」をキーワードに、空間デザインの出発点としました。

プロジェクトでは、創造性と生産性を高めるために必要な物理的・社会的条件を整え、従業員同士のコミュニケーションや交流をサポートすることで、共同作業スペース、開発スペース、居住スペースを実現することを目指しました。リビングスペースは、Pelsan社員が自己啓発、社交、共有、インスピレーションを得るためにデザインされました。

提案では、ウェルビーイングを優先し、密閉された空間で長時間過ごし、テクノロジーに依存する社員が心身ともに健康で幸せになれるようにしながら、コラボレーション機会を提供する安全な空間を提供しました。このような背景から、建物内のすべての従業員が、最大限の日照、定期的な清浄な空気、適切な熱的・音響的快適条件、適切な照明ソリューション、技術的機会を得て働くことができる生活空間がデザインされました。

建物のインテリアデザインに加え、ファサードデザインもMimaristudioが担当しました。屋外にアクセスできるテラスフロアは、過去の疫病の影響を考慮し、この建物の印象的なディテールのひとつとなりました。異なるレベルで計画され、仕事と社交の両方に利用できるこの居住空間では、屋内と屋外の間に半透明の接続が確立されています。また、このインターフェイスは、異なるサイズの開口部によって、空間の利用者と外界との視覚的な接触を可能にしています。

生物親和的デザイン手法の「空間の中の自然」に言及した造園工事も、ファサードの重要な特徴です。ファサードの界面に設けられた自然な景観エリアは、時間の経過とともにこの界面を包み込む緑をコントロールしながら進行させることができます。また、季節の移り変わりの中で、自然の色や質感、構造の変化を見ることができるような植栽を選びました。

フロア全体には、誰もが自由に使える交流スペースや、個人・共同作業用のワーキングスペース、ミーティングスペース、ディスカッションスペースなど、さまざまなスケール、機能、形態でフレキシビリティを持たせています。

一方、環境に優しく、持続可能であることも、デザインアプローチの重要な要素でした。そこで、「空間の中の自然」「自然を想起させるもの」「空間の自然」というコンセプトと、その下にある14のバイオフィリックデザインパスを盛り込み、「バイオフィリックデザイン」という考え方を取り入れました。

ワークスペースの最大の問題点である「静寂」「静かな作業環境」については、設計時に計画された音響対策で丁寧に対応しました。密閉された部屋間の音の伝達を防ぐだけでなく、オープンスペースの従業員が必要な快適性を得られるよう、適切な素材や製品が選ばれました。ここでは、Ayça Akkaya KulがデザインしたFeltouch社が開発した音響天井・壁製品の「Make-up」ファミリーや、このプロジェクトで初めて使用された音響照明「Ra」ファミリーが、この空間の目立つ製品のひとつになっています。

プロジェクトでは、エネルギー効率を優先してLED技術が優先され、各フロア独自の物理的構造の中で、バランスのとれた人間中心の照明デザインが優先されました。一般照明には技術的な照明製品が優先され、装飾的な製品もプロジェクトに含まれた。特に、Ayça Akkaya Kulがデザインし、Maiizenが製作した「Sade」照明は、ハンドメイドで、膨らませることによる二重壁の技術で製作されており、注目を浴びています。

一日の終わりには、この建物はワークスペースとしてだけでなく、生活空間としても利用され、従業員の幸福に焦点を当てた、革新的で環境に優しく、カラフルな雇用主の企業アイデンティティを反映しています。

related post

関連記事

  • 【トロピカーナコーポレーションのオフィスデザイン】- マレーシア, ペタリンジャヤのオープンスペース

    【トロピカーナコーポレーションのオフィス

    不動産開発会社のトロピカーナコーポレーションは、マレーシアのペタリンジャヤにある新しいオフィスのデザインを、建築・インテリアデザイン会社のスティーブン・リーチ・グループに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コタダマンサラの道路が交錯する場所に、19階建てのビルが建っています。両側に

  • Google(グーグル)テックコーナーズの第1期のオフィス - サニーベール, カリフォルニア州のリラックススペース

    Google(グーグル)のオープンで温か

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); マウンテンビューにあるGoogle Cloudのキャンパスには37のコラボレーションエリアがあり、部門を超えた交流とイノベーションのための理想的なコネクティビティを提供しています。 Blitzは、カリフォルニア州サニーベールにあるグーグルテックコーナ

  • Google(グーグル)のソルトアメニティスペース - カリフォルニア州,マウンテンビューの受付/エントランススペース

    Googleの自然の景観を表現したオフィ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Google社の新しいモダンで洗練されたアメニティスペースは、1854年から続くベイエリアの著名な産業である塩の生産に由来し、そのストーリーを称えるデザインになっています。 Form4 Architectureは、カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoo

  • 【Finastraのオフィスデザイン】- インド, バンガロールのオープンスペース

    【Finastraのオフィスデザイン】ポ

    フィンテック企業のFinastraは、インドのバンガロールにある新しいオフィスの設計を、デザイン会社のCBRE Designに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); “社員がどこにいても生産的に働けるようになった。”とはいえ、2020年から2021年にかけて浸透

  • YNS Life Technologiesのオフィス - イスタンブールのワークスペース

    YNS Life Technologie

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Usdesignは、自然と産業からインスピレーションを得て、トルコのイスタンブールにYNS Life Technologiesのオフィスを完成させました。 温かく親しみやすいオフィスの雰囲気の中で、仕事の効率もアップしました。Usdesignの主な目標は、エ

  • 【Tripledotのオフィスデザイン】- イギリス, ロンドンのプレイルーム

    【Tripledotのオフィスデザイン】

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ゲームスタジオのTripledotは、イギリス・ロンドンの新オフィスのデザインをインテリアデザイン事務所のPeldon Roseに依頼しました。 Tripledotはオフィス移転先としてフィッツロビアの90 Whitfieldを選び、Peldon R