セブンイレブン(7-Eleven)の革新的なオフィス – オーストラリア,メルボルン

contents section

セブンイレブン(7-Eleven)のオフィスのオープンスペース

メルボルンにあるセブン-イレブンの新オフィスは、コンビニエンスストア大手のセブン-イレブンが新しい小売コンセプトを試行し、革新するためのスペースとして、活気に満ちたエネルギーで作られた職場です。

GroupGSAは、オーストラリアのメルボルンにあるセブン-イレブンの新本社オフィスのデザインを任されました。

マウント・ウェーバリーで20年過ごした後、セブン-イレブン、スターバックス、ウィザース・ファミリーは、リッチモンドの新本社に移転しました。この移転では、これまで2つのビルに分かれていたスタッフが、5つのフロアに集結しました。この新本社は、「つながり」という概念と、「日常を非日常にする」という表現(およびカルチャーステートメント)に重点を置いています。

小売業は、テクノロジーが人々の買い物の仕方に影響を与えるという大きな変化に直面しています。セブン-イレブンはこのような変化に対応するため、革新的な思考と新しい小売コンセプトを試すためのスペースが、彼らの職場には不可欠なのです。

セブン-イレブンはこの変化に対応するために革新的な思考と新しい小売コンセプトを試すためのスペースが必要不可欠で、そのために社員はフロアからフロアへ、休憩所や静寂のコーンなどいつもと違うスペースを颯爽と移動し、利用できるものを最大限に活用しています。

また、コラボレイティブエリアには適応性の高い家具と動かすことができるホワイトボードが設置され、ユーザーの選択とコントロールをサポートしています。この刺激的な雰囲気は、垂直のつながりによってさらに強調されています。

5つのフロアにまたがるヴォイドがより大きな空間を演出し、視覚と聴覚のつながりがコミュニティーの感覚を育みます。

セブン-イレブンの新しい店舗形態や技術を試すために、社内にプロトタイプストアがあります。受付に隣接し、訪問者、パートナー、従業員が、在庫レベルの監視、売上追跡、支払い処理を人ではなくテクノロジーに依存した最新の「チェックアウトフリー」ストアコンセプトを体験することができます。テストキッチンでは、この新しいタイプの小売環境に適した新しい食品を試食することができます。

2つの象徴的なブランドが同じ職場にあるため、それぞれのブランド環境とその融合方法について慎重に検討されました。セブン-イレブンのアイコンであるトリプルストライプは、壁面に遊び心を持って表現され、線が分岐して歩き回り、ある地点で集まってブランドマークを形成しています。鉄道の路線図を思わせるこの線は、セブン-イレブンのフランチャイジーが歩んできたさまざまな人生と、ブランドの原点を表しています。

これらの線は、スターバックスのエリアで収束し、コーヒー豆からカップまでのプロセスを伝えるタイムラインを形成しています。また、各フロアにはブランドの主要なアイコンを配置し、道案内の一助としています。チョークで描かれた柱状のアートは、空間の中で不完全な特徴を演出します。ブランドストーリーを視覚化し、流動的で進化するプロジェクトとなるよう、意図的に短いスパンでなくなるように制作しました。

サステナビリティのベストプラクティスは、Green StarとWELL Gold Rating Systemをベンチマークとしてプロジェクトに取り入れました。これは、慎重に素材を選び、ライフサイクルアセスメントを受けた製品や、可能であれば地元で生産された製品を使用することで実現しました。既存の階段のタイルやその他の奇妙な装飾を取り除き、生の美しさを明らかにすることで、各階の焦点となり、つながりの場所となるようにしました。

このプロジェクトは、人と仕事の要求に直感的に対応し、革新性、回復力、俊敏性を育むワークプレイスの好例と言えます。

related post

関連記事

  • 【Armstrong Teasdaleのオフィスデザイン】- イギリス, ロンドンの受付/エントランススペース

    【Armstrong Teasdaleの

    法律事務所Armstrong Teasdaleは、イギリスのロンドンにある新しいオフィスの設計をワークプレイスデザイン会社Oktraに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 伝統的な法律事務所であるArmstrong Teasdaleは、従業員の柔軟な労働環境に妥協することなく、セルラ

  • 【Kohlerstraumannのオフィイスデザイン】- スイス, バーゼルの受付/エントランススペース

    【Kohlerstraumannのオフィ

    建築事務所Kohlerstraumannのデザイナーチームは、最近、スイスのバーゼルにある新しいオフィスを設計した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 自分たちのワークスペースをデザインできるのは、とても幸せなことだと思います。考えるためのスペースがあり、破壊のない自由がある空間を作ること。

  • Motionalのオフィス – シンガポールの受付/エントランススペース

    Motionalのインダストリアルであり

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Motional社のデータサイエンティストやシステムエンジニアのチームをサポートするため、シンガポールオフィスでは柔軟で相互接続性のあるスペースを導入し、高いパフォーマンスを発揮できる職場環境を確保しました。 グラファイトスタジオは、シンガポールのM

  • 【KBCのコワーキングスペースデザイン】- ベルギー, アントワープのオープンスペース

    【KBCのコワーキングスペースデザイン】

    ベルギーのアントワープにあるStart it @KBCのオフィスをデザインする際、Space Refineryは自然やその資源性からインスピレーションを得ました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Start it @KBCは、新世代のリーダーを育成するというミッションを反映したワークスペー

  • アマゾンジャパン(Amazon Japan)のフリースペース

    【アマゾンジャパン(Amazon Jap

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アマゾンジャパンの本社を置くオフィスには、オペレーション部門だけでなく、コーポレート部門や、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)などの関連会社を含む数千人が在籍しています。このオフィスの特徴は、国際色の豊かさ。 50か国近くの異なるバックグ

  • 【NOVAHのオフィスデザイン】- 中国, 上海のオープンスペース

    【NOVAHのオフィスデザイン】人と環境

    ゲンスラーは、中国・上海にある家具会社の製品を展示するNOVAHのショールームとオフィスを完成させた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); NOVAH上海の展示場は、設計当初からWELL認証の基準で建設されました。細部に至るまで、人への配慮が感じられます。空気、光、音など、鉄筋コンクリートに囲