【Tripledotのオフィスデザイン】仕事と遊びを重視した楽しみながら働く- イギリス, ロンドン

contents section

【Tripledotのオフィスデザイン】- イギリス, ロンドンのプレイルーム

ゲームスタジオのTripledotは、イギリス・ロンドンの新オフィスのデザインをインテリアデザイン事務所のPeldon Roseに依頼しました。

Tripledotはオフィス移転先としてフィッツロビアの90 Whitfieldを選び、Peldon Roseが以前TomTomとFreightlinerのためにデザインしたスペースを組み合わせました。このビルに関する既存の知識から、チームはあらゆる可能性を模索し、スペースの潜在能力を最大限に引き出し、Tripledotらしいワークプレイスを実現することができました。

まず、以前から入居していたテナントを仕切っていた乾式壁のパーティションとロビースペースを撤去し、フロアプレートの構成を再考しました。Peldon Roseは、「自分のしていることが好きなら、自分のしていることも他の人に愛される」というTripledotの信念に基づき、Tripledotの社員が自分たちの作るゲームと同じくらい好きになれるようなオフィスインテリアをデザインすることに取り組みました。Tripledotの急成長と、生来のコラボレーション文化により、Peldon Roseは社員がどのようにこのスペースを使うかを慎重に検討しました。一歩足を踏み入れると、蛍光色のロゴが輝き、木とカーペットが混ざった床の上に置かれたカジュアルな座席が従業員を出迎えます。大胆でありながら心地よい第一印象は、Tripledotのビジネス志向を反映しています。

床から天井まである窓からは、建物内部のアトリウムやフリッツロビアの街並みが眺められ、有機的な動線が従業員を開放的なソーシャルスペースへと導きます。透明感があるだけでなく、一日中降り注ぐ自然光は、ポジティブな職場環境をつくるのに役立っています。

ビオフィリアが散りばめられたソーシャルゾーンは、最終的に従業員の体験を核としたものです。ソファー席、ロングベンチ、コーヒーショップ風のブースなど、さまざまなセッティングで同僚が集まり、ビリヤードやインフォーマルなアジャイルワークを楽しみながら社交的に交流できるようになっています。

Tripledotのチームは、クリエイティブとデータを組み合わせたプロセスで、モバイルゲームを構想から発売まで作り上げています。成功をもたらす緊密なコミュニティを育むために、Tripledotは社員が仕事と遊びを同等にこなさなければならないことを理解しています。アーケードゲーム、卓球台、ベビーグランドピアノは、人々が有機的につながるためのキーポイントとなります。

ソーシャルラウンジからセントラルワーキングエリアへと続く短い廊下とガラスパネルが、それぞれのスペースに異なるエネルギーの交換を反映させています。高いエネルギーが発散され、集中力と注意力を高める落ち着いた雰囲気が生まれます。デスクワークステーション、密閉型ミーティングルーム、ポッドなど、多様なオフィス家具ソリューションにより、さまざまなタスクやアクティビティをサポートする多様な景観を提供します。ブースでは、アコースティックパネルでノイズの伝搬を防ぎ、コラボレーションを行うためのスペースを提供します。また、書き込み可能な黒板の壁やコルクパネルは、クリエイティブなブレーンストーミングのためのセンターとして利用できます。また、会議室やブースの壁にはクリットオールのガラスを使用し、開放的で平等な環境を実現しています。

related post

関連記事

  • 【Zendeskのオフィスデザイン】- カナダ, モントリオールのオープンスペース

    【Zendeskのオフィスデザイン】自然

    COVID-19の大流行により、Zendeskは、ソフトウェア会社のモントリオールの拠点で、従業員が快適に、安全に働ける環境づくりを模索しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Ménard Dworkind Architecture & Designは、自然素材と豊か

  • TWINOのオフィス - ラトビア, リガのロッカー

    TWINOの社名を大胆に取り入れたオフィ

    Open ADは、限られた色調の中で、自然光と遊び心を取り入れ、ラトビアのリガにあるTWINOのオフィスを完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); TWINOはラトビアに拠点を置くフィンテック企業で、スタッフはどこにいても仕事ができるようになっていますが、社会的な労働文化のためには

  • 【Centennial College Canadaのオフィスデザイン】- インド, ベンガルールのオープンスペース

    【Centennial College

    Design Boulevardは、インドのベンガルールにあるCentennial College Canadaのオフィスを快適で居心地の良い環境として完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); オフィス空間は一日の大半を過ごす場所であり、特に海外の教育コンサルタント会社であるオフィ

  • 【Arupのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのエントランススペース

    【Arupのオフィスデザイン】テーマは「

    エンジニアリング会社のArupはこのほど、ポーランド・ワルシャワの新オフィスの設計をワークプレイスデザイン会社のWorkplaceに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このプロジェクトの目的は、持続可能性以上に、「再生」でした。このプロジェクトは学際的で、さまざまな分野の専門家

  • Rocket Labのオフィス - カリフォルニア州, ロングビーチの受付/エントランススペース

    Rocket Labの黒を基調に、赤と白

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); H. Hendy associatesはカリフォルニア州ロングビーチにあるRocket Labのオフィスのために、ワークエリアとインタラクティブエリアを併せ持つ空間をデザインしました。 航空宇宙メーカーであるRocket Labは、宇宙を通じて地球上の生命を

  • Overwolf のオフィス – イスラエル, テルアビブのオープンスペース

    Overwolf のゲームの要素を取り入

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このオフィスは、仕事、コラボレーション、ミーティングに必要な機能を備えつつ、Overwolfのテルアビブチームを結びつけるもの、すなわちゲームへの愛情に敬意を表しています。 イスラエルのテルアビブにあるOverwolf社のオフィスに、ワークスペース、フィット