【Facepunch Studiosのオフィスデザイン】誰をも魅了するユニークな空間- イギリス, バーミンガム

contents section

【Facepunch Studiosのオフィスデザイン】- イギリス, バーミンガムのオープンスペース【Facepunch Studiosのオフィスデザイン】- イギリス, バーミンガムのオープンスペース

Oktraは、イギリス・バーミンガムにあるFacepunch Studiosのオフィスを、ブランドアイデンティティを尊重しながらデザインしました。

独立系ゲーム開発会社であるFacepunch Studiosは、よりアクセスしやすい場所への移転を希望し、バーミンガム中心部の一等地にあるオフィスビル、103 Colmore Rowへの移転を決定しました。同社は、スタッフ全員の拠点となり、記念品やグッズを探しに訪れる一般客も受け入れることができるような、個性的なオフィスを作りたいと考えていました。このユニークなオフィスは、ワークスペース、ゲームスペース、ソーシャルスペースを備え、Facepunchのスタッフや訪問者を引きつけるユニークな環境を提供しています。

このスペースを利用するすべての人に忘れられない体験を提供するために、Facepunchは、自分たちの組織ならではのワークプレイスを提供するデスティネーションオフィスを構想しています。専用のゲームエリアでは、スタッフがFacepunchのタイトルをプレイすることで、ブランドとの交流を促進するとともに、リラックスして交流できるスペースを提供します。また、休憩スペースに設置されたLANゲームベンチと大型AVスクリーンは、画面分割や観客席での視聴が可能であり、共同でのゲーム活動を促進します。

また、インフィニティミラーと青色LED照明でデザインされたアーケードトンネルも、このスペースの大きな特徴です。このアーケードは、メインのワークスペースから離れたレセプションエリアに設置され、一般客も利用できるようになっており、スタジオの訪問者や利用者に没入感のあるゲーム体験を提供します。

オフィスの中央には休憩スペースがあり、フロアの大部分はソーシャルスペースとして利用されています。タイルで覆われた印象的な曲線のバーステーションは、ブレイクアウトエリアの核となり、オフィススペースの中心に位置しています。これは、多機能キッチンとさまざまな座席を備えた広い集会エリアによってサポートされ、社交の場にふさわしいセッティングとなっています。このスペースは、ラグジュアリーなホスピタリティを感じさせるデザインで、従業員同士のつながりを促進すると同時に、ビジネスのためのホスティングやエンターテインメントの機会も提供します。

オフィスの大部分はソーシャルスペースですが、残りの半分は静かに仕事をするために設計されており、セルラーオフィス、木枠の個別テレフォンブース、ハイバックブースなどを備えています。オープンプランの中には、特注のカーブデスクがあり、デスクから木や植物が顔を出し、上空に緑のキャノピーを作り出しています。この生物親和的な環境は、スタッフにユニークな環境を提供し、ワークプレイスでのウェルビーイングと落ち着きを促進します。

ウェルビーイングコーナーは、スタッフが仕事から解放されるように設計されており、有機的な形状のティア、柔らかな照明、プライバシーを確保するための高い植栽が施されています。また、自然光を最大限に取り入れるために、フロアプレートの外側にソフトなシーティングエリアを設け、木製の建具と温かみのある色調でデザインされたビルトイン理容室など、リラックスできるスペースもあります。これらのスペースは、スタッフがワークプレイス内で個人の健康状態を管理できるように設計されており、より健康的な職場環境を促進します。

ワークプレイスにおけるイノベーション
Facepunchのオフィスには、社交スペースと静かなワークスペースの他に、スタッフが新しい技術を試すことができるVRルームや、プロジェクト名にちなんだ特注の音響製品を使ったレコーディングブースなど、さまざまな設備があります。これらの革新的なスペースは、創作のための代替機会を提供し、ワークプレイス体験を豊かにすることで、リモートワークでは見つけられないスペースを活用するためにオフィスに来る動機付けとなり、スタッフを刺激しモチベーションを高める創造性のハブとしてオフィスを確立するのに役立っています。

フェイスパンチスタジオの特徴的なデザインは、このワークスペースがフェイスパンチブランドを体現していることを保証しています。受付には、地上からも見える大きなイルミネーションロゴが吊り下げられ、オフィス全体を貫くカーブした赤いリボンは、ゲーム開発者の自由な創造性を象徴し、異なるスペースをシームレスにつなぐ道しるべとなっています。さらに、特注のフレキシブルなLEDライトチューブをはじめ、さまざまな特注金具や建具が絡み合い、オフィス全体に小さなユニークな体験を生み出しています。

オフィススペース全体を通して、洗練されたブラック仕上げと鮮やかなブランドロゴが、天然木、温かみのある照明、ニュートラルなトーン、リッチなベルベット仕上げと調和し、フェイスパンチの多様なニーズに応える機能的なワークステーションと模範的なアメニティを備えた、ラグジュアリーで洗練されたユニークなワークプレイスを実現しています。

related post

関連記事

  • 【エプソンのオフィスデザイン】- カリフォルニア州, ロスアラミトスの受付/エントランススペース

    【エプソンのオフィスデザイン】芸術なオフ

    エプソンが生み出す進化し続ける技術や製品を反映させながら、人を大切にする温かな文化を織り込んだワークプレイスをロスアラミトスのオフィスで実現しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Wolcott Architecture は、カリフォルニア州ロスアラミトスにあるエプソンのオフ

  • Checkout.comのオフィス - ポルトガル, ポルトのカフェスペース

    Checkout.comの自然光の差し込

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フィンテック企業のCheckoutは、ポルトガルのポルトにある新しいオフィスの設計をインテリアデザイン会社のAIS Workplaceに依頼しました。 デザインおよび仕上げは、コンクリート、木材、金属、ガラスなど、さまざまな天然素材や耐久性のある素材

  • 【8VI Holdingsのオフィスデザイン】- シンガポールのオープンスペース

    【8VI Holdingsのオフィスデザ

    Conexus Studioは、シンガポールでダイナミックに変化するニーズに対応した8VI Holdings のオフィスを設計しました。 VIブランドで知られるFinEduTech企業、8VI Holdingsの新本社は、同社のクリエイティブな思想家たちのための生産性の高いハブとして、今日のイノベーション主導のビジネスランドスケープに合致したものとなっています。 シンガポー

  • 【Augustus Mediaのオフィスデザイン】- アラブ首長国連邦, ドバイのオープンスペース

    【Augustus Mediaのオフィス

    CONSOUL by LH は、アラブ首長国連邦のドバイにあるAugustus Media のオフィスを、快適で創造的なデザインで完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 以前、Augustus Mediaは高層の繁華な商業タワーの中にありました。チームの成長に

  • 【Centennial College Canadaのオフィスデザイン】- インド, ベンガルールのオープンスペース

    【Centennial College

    Design Boulevardは、インドのベンガルールにあるCentennial College Canadaのオフィスを快適で居心地の良い環境として完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); オフィス空間は一日の大半を過ごす場所であり、特に海外の教育コンサルタント会社であるオフィ

  • Accenture(アクセンチュア)の意外性のあるオフィス (ルーマニア,ブカレスト)のオープンスペース

    Accenture(アクセンチュア)の意

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アクセンチュアのルーマニア、ブカレストにあるオフィスは、コラボレーション、イノベーション、生産性、ウェルビーイングといった新しい働き方を得意とし、ルーマニアの首都における従来の職場環境を再定義するリビングエコシステムを構築しています。 オフィス・ソリューショ