【Impact Acousticのオフィスデザイン】美しい色彩とアコースティックバッフル天井が目を引くオフィス – スイス, ルツェルン

contents section

【Impact Acousticのオフィスデザイン】- スイス, ルツェルンのワークスペース

Impact Acousticは、製品の無限の可能性を追求し、色、形、バイオフィリアを導入して、ルツェルンのオフィス兼ショールームに陽気な美学を実現しました。



業種
製造業
スイス・ルツェルンにあるImpact Acousticのオフィスに、クラフトマンシップと機能性を兼ね備えた空間をデザインしました。

Impact Acousticは、スイスの中心部にある同拠点で製造を行っています。インテリアデザインは、チーフデザイナーのジェフリー・アイバニーズ氏が自ら手がけ、まとめました。色と形の組み合わせにより、生物的でありながら陽気な印象の空間に仕上がっています。

アーキソニックコレクションの強みを際立たせる空間です。Colour Hiveとのコラボレーションで開発されたカラーパレットは、すべての色の組み合わせが見事に調和し、一見無限の組み合わせで混ざり合うことで極限まで挑戦することを可能にしています。

このプロジェクトの主役は、間違いなくダークブルーのアコースティックバッフル天井です。コンピューター支援設計の助けを借りて空間に完璧にマッチし、部屋に独自のキャラクターを与えています。遊び心のある波形は、この部屋に他の追随を許さない気品を与えています。ダークな色調にもかかわらず、圧迫感はなく、むしろ夕暮れ時の澄んだ夜空の下にいるような感覚になります。

インパクトアコースティック社、ヴィスプレイ社、ヴィトラ社のコラボレーション製品も、この空間の中で目立つ位置を占めています。Vitraのコンマシステムにはホットピンクの音響スクリーンが装備され、棚の上のコートハンガーにもARCHISONIC素材が使用されています。

アコースティックセイルを内蔵した照明器具は、集中した作業を行うための基本的な前提条件を作り出しています。照明器具の挿入口は、眩しさを感じさせず、すべてのワークステーションを見事に照らすように配置されています。さらにプライバシーを確保するために、各ワークステーションの横には音響仕切りが吊り下げられています。

インパクトアコースティックは、ペットボトルを天井材、壁材、音響パーティション、家具など、機能的で美しく、持続可能な音響ソリューションに再生しています。ARCHISONIC®はImpact Acousticが開発したもので、アップサイクルされたペットボトルでできています。詳しくは、www.impactacoustic.com。

related post

関連記事

  • Crunchyroll(クランチロール) のオフィス - カリフォルニア州 サンフランシスコのオープンスペース

    Crunchyroll(クランチロール)

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); クランチロールのサンフランシスコオフィスは、80,000平方フィートの広大な敷地に、日本やアニメにインスパイアされた、臨場感あふれる空間が広がっています。Muse & Co.は、日本の伝統文化とCrunchyrollのブランドを用いて、カリフォルニア州サン

  • 【Appianのオフィスデザイン】- バージニア州, マクリーンの受付エントランススペース

    【Appianのオフィスデザイン】ホスピ

    ソフトウェア会社のAppianは、バージニア州マクリーンにある新オフィスの設計をデザイン会社のCRTKLに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Appianは成長を続け、隣接するオフィスタワーの拡張フロアの設計をCRTKLに依頼しました。この新しいフロアの設計は、パンデミック前に

  • 【Bird & Birdのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのカフェスペース

    【Bird & Birdのオフィスデザイ

    法律事務所Bird & Birdは、ポーランドのワルシャワにある新しいオフィスのデザインをインテリアデザイン会社Workplaceに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Bird&Birdにとってオフィスへの復帰は、イタリアでの休暇以上に待ち遠しいものです。

  • 【Revantageのオフィスデザイン】- シンガポールのオープンスペース

    【Revantageのオフィスデザイン】

    投資会社であるRevantage Asiaは、建築・インテリアデザイン会社であるID21を採用し、シンガポールの新オフィスを設計しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 私たちは、「The Revantage Way」というコンセプトのもと、高いパフォーマンスを発揮する、包括的で勇気のあ

  • Accenture(アクセンチュア)の意外性のあるオフィス (ルーマニア,ブカレスト)のカフェスペース

    海外オフィスのカフェスペース特集【第一弾

    海外のオフィスのおしゃれなカフェスペースが見てみたい カフェスペースのデザインが知りたい 仕事の息抜きに美味しいコーヒーが飲みたい。 近くのコーヒーショップに行くのもいいけど、会社の中で美味しいコーヒーが飲めてリフレッシュできたら素敵ですよね。 ということで、本日は海外のオフィスのカフェスペースを紹介します。 (adsbygoogle

  • Traffikのオフィス- カリフォルニア州, アーバインの受付/エントランススペース

    Traffikの大胆なグラフィックや色彩

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); LPAはカリフォルニア州アーバインにあるTraffikのオフィスで、大胆な色使いやインスタレーション、壁面仕上げでワークスペースを際立たせています。 グローバルマーケティング会社であるTraffikの新しいワークプレイスは、ホスピタリティ、店舗、ワークプレイ