【Impact Acousticのオフィスデザイン】美しい色彩とアコースティックバッフル天井が目を引くオフィス – スイス, ルツェルン

contents section

【Impact Acousticのオフィスデザイン】- スイス, ルツェルンのワークスペース

Impact Acousticは、製品の無限の可能性を追求し、色、形、バイオフィリアを導入して、ルツェルンのオフィス兼ショールームに陽気な美学を実現しました。



業種
製造業
スイス・ルツェルンにあるImpact Acousticのオフィスに、クラフトマンシップと機能性を兼ね備えた空間をデザインしました。

Impact Acousticは、スイスの中心部にある同拠点で製造を行っています。インテリアデザインは、チーフデザイナーのジェフリー・アイバニーズ氏が自ら手がけ、まとめました。色と形の組み合わせにより、生物的でありながら陽気な印象の空間に仕上がっています。

アーキソニックコレクションの強みを際立たせる空間です。Colour Hiveとのコラボレーションで開発されたカラーパレットは、すべての色の組み合わせが見事に調和し、一見無限の組み合わせで混ざり合うことで極限まで挑戦することを可能にしています。

このプロジェクトの主役は、間違いなくダークブルーのアコースティックバッフル天井です。コンピューター支援設計の助けを借りて空間に完璧にマッチし、部屋に独自のキャラクターを与えています。遊び心のある波形は、この部屋に他の追随を許さない気品を与えています。ダークな色調にもかかわらず、圧迫感はなく、むしろ夕暮れ時の澄んだ夜空の下にいるような感覚になります。

インパクトアコースティック社、ヴィスプレイ社、ヴィトラ社のコラボレーション製品も、この空間の中で目立つ位置を占めています。Vitraのコンマシステムにはホットピンクの音響スクリーンが装備され、棚の上のコートハンガーにもARCHISONIC素材が使用されています。

アコースティックセイルを内蔵した照明器具は、集中した作業を行うための基本的な前提条件を作り出しています。照明器具の挿入口は、眩しさを感じさせず、すべてのワークステーションを見事に照らすように配置されています。さらにプライバシーを確保するために、各ワークステーションの横には音響仕切りが吊り下げられています。

インパクトアコースティックは、ペットボトルを天井材、壁材、音響パーティション、家具など、機能的で美しく、持続可能な音響ソリューションに再生しています。ARCHISONIC®はImpact Acousticが開発したもので、アップサイクルされたペットボトルでできています。詳しくは、www.impactacoustic.com。

related post

関連記事

  • 【Doctor Anywhereのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Doctor Anywhereのオフィ

    ヘルスケア企業のDoctor Anywhere は、シンガポールの新しいオフィスのデザインを、建築・インテリアデザイン会社のConexusに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「インダストリアル・シックなインテリアデザインは、未加工の素材とむき出しのダクトを利用し

  • 【HEB DigitalとFavor Deliveryのオフィスデザイン】イーストサイド・テックハブ - テキサス州, オースティンのオープンスペース

    【HEB DigitalとFavor D

    オースティンの元リサイクルセンターは、HEB DigitalとFavor Deliveryのブランド、地元のアートや素材、そしてテキサスのあらゆるものを取り入れた、考え抜かれたデザインの共同テックハブとして使用されています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); IA Interior Arch

  • 【BaBylissのオフィスデザイン】- イギリス, ベイジングストークの受付/エントランススペース

    【BaBylissのオフィスデザイン】モ

    oktraは、イギリスのベイジングストークにあるBaBylissとConairのオフィスのために、洗練された環境をデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); BaBylissとConairの以前のオフィスは、働き方の進化に伴い非効率になっていたため、移転して新たなスタートを切ること

  • AstraZeneca(アストラゼネカ)のオフィス - イスラエル, ケファル サヴァの受付/エントランススペース

    AstraZeneca(アストラゼネカ)

    ケファル・サヴァにあるアストラゼネカのオフィスは、ポストコロナを念頭に置いて設計されており、将来の変化に対応できるよう、より敏捷性と柔軟性を備えています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Gindi Studioは、イスラエルのKefar SavaにあるAstraZenecaのオフィスに、

  • Lion(ライオン)のオフィス - ニュージーランド, オークランドの受付,エントランススペース

    Lion(ライオン)のユニークな文化や個

    STACK Interiorsは、ニュージーランド・オークランドにあるLionのオフィスのために、Lionのブランド・アイデンティティを尊重した空間を完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); STACK Interiorsは、ニュージーランドを代表するアルコール飲料会社であるLio

  • 【Workdayのオフィスデザイン】- 東京, 六本木の受付/エントランススペース

    【Workday (ワークデイ)のオフィ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 企業向けクラウド型財務・人事アプリケーションプロバイダ大手のWorkdayの日本法人「ワークデイ株式会社」は、従業員のコミュニケーション活性化とエンゲージメントのさらなる向上のため東京本社オフィスを六本木ヒルズ森タワーへ移転しました。 新しいオフィス