オラクル(Oracle)のエレガンスなオフィス – ポーランド,ワルシャワ

contents section

オラクル(Oracle)のオフィスの受付/エントランス

オラクルの新オフィスは、時代を超えたエレガンスと素材感、そして最新のテクノロジーを組み合わせたデザインで、まさにグローバルIT企業のワルシャワを代表する空間となりました。

マッシブデザインは、ソフトウェア大手のオラクル社から、ポーランドのワルシャワにあるオフィスの設計を依頼されました。

急速に変化するデザイントレンドの中で、数年後に時代遅れにならないオフィスを作るには、どのような方向に進めばよいのか、明確な答えは出ていません。機能性と美しさという時代を超えた価値を保ちつつ、面白いインテリアを作るのは本当に大変なことです。

広い視野を持ち、20年以上にわたってコーポレートデザインを実践してきたマッシブデザインは、オラクルに最良のソリューションを提供することができました。IT業界の有名なグローバルブランドの新オフィスでは、シンプルでクラシックなエレガントさを持つ仕上げ材と、最新のテクノロジーが融合したデザインが行われています。新しいコーポレート・アイデンティティである「レッドウッド」のコンセプトと調和し、一貫性のある思慮深い方法で使用され、優れた結果をもたらしました。ワルシャワ本社は、現代的なフォルムと古典的な表現で構成されています。また、私たちのすべての行動とビジネスアイデアの重要性と責任を物語る、ショーケースでもあります。

高品質な天然素材の仕上げ材を幅広く使用したデザインで、社員やクライアントに長く使ってもらえるオフィスになっています。素材の選定は、環境にやさしく、廃棄物の少ないものを選んだだけでなく、音響にも細心の注意を払いました。この配慮により、吸音材や遮音壁が不十分なオープンオフィスの典型的な問題点を克服することができました。

マッシブデザインは、オラクルのチェンジアンバサダーとともに初期段階で意識的にデザインを決定し、最終的な空間の使い勝手を向上させました。ワークショップでは、より集中し、共同作業を行うための様々なワークプレイスソリューションが認識され、導入されました。社員は社内の様々なワークプレイスへと簡単に移行することができるようになったのです。ここでは、可動式の家具や作り付けの家具のひとつひとつが、従業員の仕事をより効率的にするのに役立っています。オフィス全体が、使う人の快適さを最大限に引き出すように設計されているのです。

ゲストエリアとエンプロイーエリアという古典的な区分けにもかかわらず、デザインでは2つの異なるエリアを区別していません。また、オフィス内では、コネクティングエリアやソーシャルエリアが重要な役割を担っています。ワルシャワの新本社は、2つの独立したオフィスを統合したため、人々をつなげ、統合することに焦点を当てました。各部門の代表者であるオラクルとともに、さまざまな統合の方法が開発されました。統合とリラクゼーションのためのスペースには、ビリヤード台、ゲーム機、ボードゲーム用のテーブル、そしてヨガルームまでもが含まれています。また、中央に位置するカフェテリアからは、ワルシャワ郊外の素晴らしい景色を眺めることができます。オラクルのクライアントが受付に入ると、スカイラインの上にぶら下がっている有名なオラクルのロゴの素晴らしいディスプレイとともに、この景色が目に飛び込んできます。

related post

関連記事

  • 【Cartierのオフィスデザイン】 - タイ, バンコクの受付/エントランススペース

    【Cartierのオフィスデザイン】優美

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アールデコの時代にインスピレーションを受け、優美な曲線とエレガントなタッチを追求したカルティエのバンコクオフィスは、高級ブランドの伝説的な美と職人技の歴史にオマージュを捧げています。オービット デザイン スタジオは、タイのバンコクにある高級ジュエラー、カルティエの

  • Lion(ライオン)のオフィス - ニュージーランド, オークランドの受付,エントランススペース

    Lion(ライオン)のユニークな文化や個

    STACK Interiorsは、ニュージーランド・オークランドにあるLionのオフィスのために、Lionのブランド・アイデンティティを尊重した空間を完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); STACK Interiorsは、ニュージーランドを代表するアルコール飲料会社であるLio

  • 【Betterのオフィスデザイン】- スロベニア, リュブリャナの受付/エントランススペース

    【Betterのオフィスデザイン】自然溢

    建築・インテリアデザイン事務所のKrageljは、スロベニアのリュブリャナにあるソフトウエア会社Betterの新しいオフィスデザインを最近完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); オフィスや職場のデザインに組織の価値を組み込むことについては、これまでにも多くのことが語られてきました

  • 【Holman Fenwick Willanのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Holman Fenwick Will

    Space Matrixは、シンガポールのHolman Fenwick Willanのオフィスのために、暖かく居心地の良い空間をデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 仕事の性質上、従来の法律事務所の多くは伝統的で閉鎖的な空間で運営されてきました。しかし、この従来の法律事務所の

  • 【Cushman & Wakefieldのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Cushman & Wakefield

    MSDOは、シンガポールのクッシュマン&ウェイクフィールドのオフィスで、従業員が快適に働ける魅力的なオフィスを提供するための空間を作りました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); クッシュマン&ウェイクフィールドは、企業不動産アドバイザリーサービスのグローバルリーダーとして、不動産の未来と仕事

  • 【CAEのオフィスデザイン】– イギリス,ヘメル・ヘムステッドのオープンスペース

    【CAEテクノロジーサービスのオフィスデ

    Woodhouse Workspaceは、英国ヘメル・ヘムステッドにあるCAE Technology Servicesの新本社ビルの設計に携わりました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 180名の常駐・訪問スタッフのためのオフィススペースであると同時に、クライアントとのミーティング