Microsoft(マイクロソフト) ニューイングランド研究開発センターのブティック&ホスピタリティオフィス – ケンブリッジ, イギリス

contents section

Microsoft(マイクロソフト) New England Research & Development Center (NERD) のオフィス – ケンブリッジ, イギリスの受付/エントランススペース

マイクロソフトのNew England Research & Development (NERD) センターは、マイクロソフトが技術革新を続ける中で、個人オフィスから集中と交流の両方を提供するワークスペースへの進化が必要であると認識していました。

Sasakiはこのたび、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるマイクロソフトのNew England Research & Development Center(NERD)オフィスの設計を完成させました。

1 Memorial DriveにあるMicrosoft New England Research and Development Center (NERD)は、Kendall Squareコミュニティにおける技術革新の中心地として長い間存在してきました。マイクロソフトの6つのグローバル研究開発拠点の1つとして、複数のプラットフォームにまたがる新しいソフトウェア製品のエンジニアリング開発に重点を置いています。マイクロソフトにとって、テクノロジーが日常生活に不可欠なものであるというブランドを忠実に守ることが重要でした。優秀な人材の採用と維持、そしてケンブリッジの厳しい不動産市場からの圧力が高まる中、マイクロソフトはNERDセンターにおける「場所」の感覚を見直すことを選択しました。それは、従業員がどのように働き、どのように集まって開発をするのかを再構築すること、激しいエンジニアリングプロセスを支えるオフィス環境のあり方を全面的に見直すこと、そしてマイクロソフトのアイデンティティと価値観を外部に示すこと、この3点に重点を置きながら、そのままの場所で事業を継続させるというものでした。

以前のNERDセンターは、100%個室でした。全員が個人のコーディング作業に集中していました。そのため、時折開かれる正式な会議室以外では、チームとしてまとまることが困難な状況でした。新しいレイアウトでは、ワークスペースはレイヤー化され、さまざまなレベルの交流と個人の集中をサポートするようにイメージされています。プロジェクトチームは、12〜20人のチームスイートで一緒に座っています。スイートルームは密閉されていますが、デスクはワークステーションパネルがなく、とてもオープンです。また、デスクは可動式で、自由に部屋を構成することもできます。

次のレイヤーでは、2種類のスペースが用意されています。ひとつは各スイートの外側にあるオープンなミーティングスペースで、テクノロジー、ホワイトボード、さまざまなタイプの家具が配置されています。このスペースはチームの所有物ではありませんが、基本的に主要な循環経路に沿ったフロントポーチのような役割を担っています。また、このレイヤーの中には、一連の小さなミーティングルームと個々のフォーカスルームが埋め込まれています。これらの部屋はどの部署にも属さず、予約もできないので、必要に応じて静かなスペースにすぐに移動することができます。

3つ目のレイヤーはメイン循環ルートで、すべてのチームを互いにつなぎ、次に点在するいくつかの大きな会議室、 そして最後に2階建てのメインソーシャルハブにつなげます。マイクロソフトのスペースはビル全体に分散しており、10-11階と14-15階にほとんどのエンジニアがいます。ソーシャルハブはこれらのコミュニティの主要な場所となり、皆をまとめるリビングルームのような役割を担っています。また、マイクロソフトがオフィスのあり方を見直し、より快適で心地よいオフィスを目指していることを象徴しています。温かみのあるさまざまな柄の素材、個性的な照明、そしてエンジニアの本社というよりは、ブティックやホスピタリティを連想させる家具が随所に使われています。

この雰囲気は、メインカスタマーフロアーやレセプションフロアーにも広がっていますが、単なるミーティングスペースではなく、マイクロソフトの探求と革新に焦点を当てたフロアーとなっています。1階にはマイクロソフトの「ガレージ」があり、プロトタイピングメイカースペース、バーチャルリアリティ、グリーンスクリーンルーム、インターンシップ、コミュニティ支援、Girls Who Codeなどのグループとのパートナーシップのためのスペースが用意されています。

マイクロソフトはNERDセンターを移転せずにそのまま残すことを選択したため、このプロジェクトは継続的なオペレーションを維持するために非常に複雑な段階的スケジュールをこなすことが課せられました。当初は、特定のグループのスケジュールニーズに対応するため、最終的な完成の前に1フロアの半分を納品する必要がありました。その後、2フロアずつ建設が進むと、この半分のフロアは仕上げや家具を更新するためにリバースエンジニアリングが行われました。完全な段階分けを行うには、複数のパッケージを用意し、ケンブリッジ市との間で承認プロセスを繰り返し、スタッフからのフィードバックを継続的に受ける必要がありました。

related post

関連記事

  • 【Artplanのオフィスデザイン】-ブラジル, ブラジリアのリラックススペース

    【Artplanのオフィスデザイン】想像

    広告代理店のArtplanは、ブラジルのブラジリアにある新しいオフィスのデザインを建築・インテリアデザイン事務所の SKborgersに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Artplan “は広告代理店で、色と有機的な形を使った破天荒でオープンな素敵な空間をコ

  • 【Holman Fenwick Willanのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Holman Fenwick Will

    Space Matrixは、シンガポールのHolman Fenwick Willanのオフィスのために、暖かく居心地の良い空間をデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 仕事の性質上、従来の法律事務所の多くは伝統的で閉鎖的な空間で運営されてきました。しかし、この従来の法律事務所の

  • ID Integrated(アイディー・インテグレーテッド)のオフィス - シンガポールのワークスペース

    ID Integrated(アイディー・

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ID Integratedは、シンガポールのオフィススタジオに、同社の社風とビジョンを反映した空間を作りました。 商業インテリアデザイン会社であるID Integrated ( IDI ) は、設立以来、常に結束力が強く、協力的で、楽しい雰囲気のある職場文化

  • DPRコンストラクションのオフィス - テキサス州, オースティンの受付/エントランススペース

    DPRコンストラクションの仕事と遊びのバ

    DPRコンストラクションのオフィスは、サステナビリティ、雇用の楽しさ、仕事と遊びのバランス、オースティンスピリットを重視し、現場でおなじみの要素や素材が随所に使われています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); IA Interior Architectsは、テキサス州オースティンにあるDPR

  • Amadeus(アマデウス)のオフィス - シンガポールの受付/エントランススペース

    Amadeus(アマデウス)の自然からイ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ID21 は、シンガポールのAmadeusのオフィスを素晴らしい眺望を活用し、デザインしました。 海の見えるスペースでパソコンで仕事をすることを想像してみてください。休憩が必要なときは、近くにあるコーヒーバーやプールテーブル、フーズボールテーブルに足を運び、

  • Camomile Courtのコワーキングスペース - イギリス, ロンドンのオープンスペース

    【Camomile Courtのオフィス

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Oktraは、英国ロンドンにある企業のために、思慮深いポップな色使いと多様なワークスペースを備えたCamomile Court Spec Suitesの空間を完成させました。 Octraは、家主向けのBuilt to Leaseサービスを通じて、Ca