【Nikeのオフィスデザイン】最新鋭の本社オフィス- オレゴン州, ビーバートン

contents section

【Nike本社のデザイン】- オレゴン州, ビーバートンのオープンスペース

セリーナ・ウィリアムズビルは、100万平方フィート以上の敷地に2750人が働く、ビーバートンのナイキ本社で最大の建築物です。



Skylab Architectureがデザインした、オレゴン州ビーバートンにあるナイキ本社のセリーナ・ウィリアムズビルは、周囲の自然を取り込んだエリアと内部の最新鋭のスペースを活用するために設計されました。

コアとシェル、インテリアデザインと家具の選定、ブランディングの統合など、この複雑な建物とプログラムのあらゆる側面の設計を主導しました。このプロジェクトでは、そのスケールの大きさだけでなく、3つの基本的な課題がありました。

巨大なスケールで化学反応とコラボレーションを促進する、デザインに特化したワークスペースの新しいプロトタイプをいかに創造するか。
再生原理を活用し、自然とのパートナーシップを通じて、敷地と利用者の双方に配慮した設計を行うこと。
スポーツの精神、ナイキの伝統、そして究極の戦士であり、ビルの名前にもなっているセリーナ・ウィリアムズの精神をいかにして取り入れるか。
地下駐車場と搬入口、プロトタイプの小売スペースを提供するマーチャンダイジングセンター、複数の製品カテゴリーのための統合デザインスタジオ、そしてキャンパス全体で共有できるアメニティを備えた12階建てのタワーの4つの部分から構成されています。この設計に不可欠なのは、フローという概念です。フローとは、効率的であると同時に啓発的でもある、流動的な状態の設計戦略です。フローは、デザイナー間でも、異業種間でも、予期せぬつながりと可能性を生み出します。私たちは、アイデンティティとコネクティビティを育むために、屋内外に様々なスケールの集いの場をつくりました。この建物は各ブランドのデザイナーが1つのフロアを使い、各サービスはそのフロアの間に垂直に積み重なるという原則のもとに構成されています。ナイキとしては初めて、製品のスケッチからプロトタイプ、最終デザイン、店舗での販売まで、すべて1つの建物で行えるようにしました。

以前は駐車場と隣接するビルへのアクセス道路があり、キャンパスが背を向けていた美しい湿地帯に隣接していました。私たちにとって再生デザインとは、自然をパートナーとして尊重した敷地設計と、責任あるシステムと素材を用いた知的な建築の両方を行うことです。自然の風景とよりよくつながるように、既存のアクセス道路とすべての駐車場と荷台を埋め、車やトラックの視覚的な存在を最小にしました。建物の外観は、南側に流れるように配置された各バー(ウィング)と、湿地帯を見下ろすように配置されたグリーンルーフテラスが特徴的です。260kWの太陽光発電システムにより、屋上の機械設備は遮蔽されています。雨水は集められ、湿地に戻されます。

枝分かれしたバーが生み出す負の空間は、内部空間と同じ感性で扱われる。中庭、庭園、広場、テニスコートは建物のスケールを崩し、仕事、レクリエーション、リラクゼーションのための非公式な屋外空間を提供する。各バーに沿ったワークスペースには、2面のグレージングとコミュニケーション階段の上のスカイライトから自然光が降り注ぎます。内部はコンクリート打ちっ放しで、デザインスタジオの生々しいオープンパレットとなり、重要な場面で建物の構造を表現しています。エネルギー効率の高い機械設備として、置換換気や輻射セイルが採用されています。建築設計が都市設計の規模に達したとき、サステナビリティは譲れない条件です。

related post

関連記事

  • 【Brandpieのオフィスデザイン】- イギリス, ロンドンのオープンスペース

    【Brandpieのオフィスデザイン】多

    ブランドコンサルティング会社のBrandpieは、イギリスのロンドンにある新しいオフィスの設計を、ワークプレイスデザイン会社のPeldon Roseに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Brandpieは、他とは違うことをする会社です。グローバルなコンサルティング会社である同社は、

  • Bonduelle(ボンデュエール)のオフィス-ブロサード, カナダのカフェスペース

    Bonduelle(ボンデュエール)の植

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 食品会社のBonduelleは、カナダのブロサールにある新しいオフィスの設計を建築・インテリアデザイン事務所のLemay に依頼しました。 「ブロサールのソーラー・ユニカルティエ地区の緑の屋根と並木道に囲まれたBonduelleの新本社は、植物にアイデンティ

  • Camomile Courtのコワーキングスペース - イギリス, ロンドンのオープンスペース

    【Camomile Courtのオフィス

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Oktraは、英国ロンドンにある企業のために、思慮深いポップな色使いと多様なワークスペースを備えたCamomile Court Spec Suitesの空間を完成させました。 Octraは、家主向けのBuilt to Leaseサービスを通じて、Ca

  • 【Sonyのオフィスデザイン】- オーストラリア, シドニーの受付/エントランススペース

    【Sonyのオフィスデザイン】サステナビ

    Cachet Groupは、オーストラリアのシドニーにあるソニーの企業文化をサポートするために、オフィスを活気ある職場環境に変えました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 世界的に有名なブランドであるソニーは、品質と信頼性を象徴しています。ソニー・オーストラリアは、新社屋への移転を控え、企業

  • 【マシュマロのオフィスデザイン】先進的で包括的なオフィス,イギリス,ロンドン

    【マシュマロのオフィスデザイン】先進的で

    保険会社のMarshmallowは最近、イギリス・ロンドンにある新たなオフィスのデザインを、ワークプレイスデザイン会社のOktraに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Marshmallowは、サービスオフィスのスペースが手狭になり、ビジネスの次のステージに移行

  • 【Booking.comのオフィス】- オランダ,アムステルダム

    【Booking.comのオフィス】 す

    アムステルダムにオープンした大手旅行プラットフォーム、Booking.com。複数のインテリア・アーキテクチャとデザイン会社のユニークなコラボレーションにより、6,500人以上の従業員が働く包括的なワークプレイスが誕生しました。 Booking.comの新しいオフィス環境は多様なスペースを提供しています。リードインテリアアーキテクトとして、HofmanDujardinは65,000m²のキ