【SOMのオフィスデザイン】最先端のワークスペース- ニューヨーク

contents section

【Skidmore, Owings & Merrillのオフィスデザイン】- ニューヨーク州ニューヨーク市のオープンスペース

Skidmore, Owings & Merrillは、自分たちのオフィスを実現するために設計理念を押し進め、コミュニティとコラボレーションを促進し、設計事務所のニューヨークでの業務の前例となるような空間を作り上げました。

Skidmore, Owings & Merrillは、ニューヨーク州ニューヨーク市にある同社のために、ダイナミックでコラボレーション可能な空間を設計しました。

SOMは数十年にわたり、建築には組織の文化を形成する力があり、永続的な建築環境を作る責任があるという信念のもと、最先端のワークスペースを設計してきました。今回のオフィスデザインでは、この原則をさらに推し進める機会を得ました。7ワールドトレードセンターの27階と28階に位置するこのオフィスは、「オープン」「モビリティ」「サステナビリティ」「ウェルネス」という4つの主要な信条に焦点を当て、コラボレーションとコミュニティを促進するものです。

健康的な素材、責任ある資源の利用、サステナビリティとウェルビーイングに焦点を当てた、広々としたフレキシブルな空間が特徴的です。私たちのデザイン哲学を「ラディカル・リダクション」と呼んでいます。設計事務所が必要とするさまざまな機能を、洗練された静かなインテリアに統合することが目標でした。

2つのフロアをつなぐ広い開口部は、集会やイベントのための多層階フォーラムを作り出します。28階の模型展示、27階のライブラリー、グローバルオフィスをつなぐマイクやカメラなど、技術やイノベーションを展示する「オフィスリビング」です。2つのフロアをつなぐ連絡階段は、共有のカフェや瞑想、祈り、休憩のための設備に直接つながっています。この階段は、製造時に炭素を排出しない唯一の構造材であるクロスラミネート・ティンバーで作られており、建築的な試みでもあります。

エントランスやアメニティは開放的で、ワークエリアもシームレスに移動できるようにデザインされています。ワークエリアは、コラボレーションゾーンを中心に構成されています。騒音を低減するため、ファブリックに包まれたアコースティックパネルの天井がオフィス全体の音を吸収しています。

材料科学に着目し、可能な限りサステナブルなパレットを使用するために、厳格な仕上げの基準を作りました。これは、当社の全業務において進められている取り組みです。床には既存のコンクリートスラブを使用し、コルク、ホワイトオーク、テクタムなど、自然素材と不要な表面処理の削減が特徴的なオフィスです。このヒューマニズム的なアプローチを強化するために、バイオフィリアの研究に基づき、空間のいたるところに緑豊かな植栽を取り入れ、落ち着いた雰囲気を演出しています。

しかし、最も革新的な解決策は、照明計画です。床から天井までガラス張りのこのオフィスでは、ほとんど自然光に頼っています。太陽の位置や時間帯、入居者のパターンによって常に調整されるダイナミック照明と電動シェードシステムを採用。このシステムは、自然光を最大限に利用し、人工照明の必要量を可能な限り少なくします。夜間は、壁などの垂直面ではなく、水平面だけを照らす点光源を規則正しく並べることで、この戦略を続けています。このポイントライトは、最終的に1平方フィートあたり0.5ワットのエネルギーを使用し、視力の負担を軽減し、夜間のガラスの反射を大幅に減らし、私たちがつくるスカイラインをクリアに眺めることができます。

related post

関連記事

  • 【Arupのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのエントランススペース

    【Arupのオフィスデザイン】テーマは「

    エンジニアリング会社のArupはこのほど、ポーランド・ワルシャワの新オフィスの設計をワークプレイスデザイン会社のWorkplaceに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このプロジェクトの目的は、持続可能性以上に、「再生」でした。このプロジェクトは学際的で、さまざまな分野の専門家

  • ZOZOのポストコロナの「新しい働き方」を創造する新オフィスのワークスペース

    【ZOZOのオフィスデザイン】ポストコロ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOは、2021年に本社を海浜幕張から西千葉へ移転いたしました。新型コロナウイルス感染症の終息後に、週2出社・週3リモートワークの「新しい働き方」へ移行し、西千葉の街とつなが

  • Superologyのオフィス - ザグレブ, クロアチアの受付/エントランススペース

    Superologyのグリーンとレッドの

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ソフトウェア企業のSuperologyは、クロアチアのザグレブにある新しいオフィスの設計をインテリアデザイン会社のBrigada に依頼しました。 「新オフィスへ求めることは、プライバシーと集中できる場所を提供しながら、開放性と透明性を促進する文化と

  • 【Nike本社のデザイン】- オレゴン州, ビーバートンのオープンスペース

    【Nikeのオフィスデザイン】最新鋭の本

    セリーナ・ウィリアムズビルは、100万平方フィート以上の敷地に2750人が働く、ビーバートンのナイキ本社で最大の建築物です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Skylab Architectureがデザインした、オレゴン州ビーバートンにあるナイキ本社のセリーナ・ウィリアムズビルは、周囲の自

  • 【Burtech Groupのオフィスデザイン】- カリフォルニア州, ビスタの受付/エントランススペース

    【Burtech Groupのオフィスデ

    ID Studios, Inc.は、カリフォルニア州ビスタにあるBurtech Groupオフィスの明るい空間をデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 私たちはこのプロジェクトのために、クライアントの様々な会社、そして彼らの歓迎する性格からインスピレーションを得ました。彼らが家

  • ユーザベースのオフィスデザイン

    【ユーザベースのオフィスデザイン】共創を

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 移転決定の発表以降も、市況や海外情勢に大きな変化がありました。それらを受けて、さまざまな議論や対話を積み重ねて、パーパスを実現するためには、下記3つのコアバリューを元に設計されたオフィス戦略が不可欠だと考えています。 2021年10月18日、ユーザベースは丸