【CAEテクノロジーサービスのオフィスデザイン】データから本当に必要なスペースを導き出したオフィス – イギリス, ヘメル ヘムステッド

contents section

【CAEのオフィスデザイン】– イギリス,ヘメル・ヘムステッドのオープンスペース

Woodhouse Workspaceは、英国ヘメル・ヘムステッドにあるCAE Technology Servicesの新本社ビルの設計に携わりました。

180名の常駐・訪問スタッフのためのオフィススペースであると同時に、クライアントとのミーティングやCAEが得意とする技術のデモンストレーションを行う主要な場所でもありました。

驚きを与えるワークスペースを実現するために、Woodhouseはワークスペース戦略を導入することを勧めました。これは4段階のモデルで、個々の組織に合った最適なワークスペースへのロードマップを提供するものです。その4つのステージとは、戦略、デザイン、デリバリー、評価です。

戦略段階
プロセスの最初の段階では、スペースの使用状況に関するデータを収集し、将来的にどのような要件がビジネスのニーズを最もよく満たすかを特定します。Woodhouse では、社員や上級管理職を対象に、現在の使用状況を把握し、ワークプレイスの改善を希望する箇所を評価しました。

また、主要なステークホルダーとのインタビューを実施し、戦略的方向性、現在の課題、予測される課題をさらに理解しました。
チームワークショップでは、さまざまなチームの活動、職場での関わり方、将来への希望について情報を収集しました。
さらに、現在の勤務形態や今後の働き方について尋ねるオンライン調査も実施しました。

デザインフェーズ
初期段階を経て、私たちは将来のワークスペース戦略とプロジェクトプランの開発に着手するのに十分な情報を得ました。調査の結果、スタッフはCAEに強力で前向きな文化があると感じていましたが、仕事や社会的なレベルで異なるチームと協力したり交流したりする機会をもっと増やしたいと考えていることがわかりました。

同時に、多くの人が現在のオープンプランの環境をうるさく感じていることもわかりました。多くのチームから、座る場所をもっと自由に決めたい、他のチームと混ざって座れるようにしたいという強い要望がありました。また、この調査では、現場や他のオフィスで働く多くのスタッフのための設備が必要であることも明らかになりました。そのため、訪問先でも手間をかけずに仕事ができ、同僚とコラボレーションできるスペースが必要だったのです。

この情報をもとに、私たちはさまざまなタイプのワークスペースのコンセプトをデザインし、3Dコンピューターによるウォークスルー(下図)を作成し、CAEの新本社でさまざまなタイプのワークスペースがどのように組み合わされるかを実際に確認しました。CAEのプロジェクトチームと密接に協力し、彼らにとって本当に必要なスペースを開発し、提供することができました。

CAEファミリーのための家
最終的に、CAEというブランドとCAEという家を際立たせるショーケースが完成しました。来訪者は1階と2階をつなぐ光あふれる吹き抜けのあるオープンな受付に足を踏み入れます。むき出しのダクトと格子窓がモダンなインダストリアルの雰囲気を醸し出し、植栽と淡い木材の色調で柔らかな印象を与えています。

このエリアの中心には、美しい段差のある座席が設置されています。CAEの中心であるこのスペースは、非公式の「タウンホール」ミーティングやレセプション、CAEチーム全体が集まる大規模なイベントに最適です。それ以外の時間は、夏の暖かい日に街頭演説をするように、静かにコーヒーを飲んだり、電話で話したり、職場の友人と話をしたりするために、スタッフがこのエリアを利用しています。

横にはゆったりとした座席のコーヒーバー、奥にはバースタイルのゲームルームがあり、スタッフ同士の交流の場として利用されています。

related post

関連記事

  • 【Belkinのオフィスデザイン】- カリフォルニア州, エルセグンドのオープンスペース

    【Belkinのオフィスデザイン】自然光

    エルセグンドにあるBelkin International本社のサステナブルでフレキシブルなオフィス。パブリックゾーンとプライベートゾーン、バイオフィリックな要素、空間全体をつなぐスカイライトストリートが特徴です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); HLWはBelkin Internatio

  • ZOZOのポストコロナの「新しい働き方」を創造する新オフィスのワークスペース

    【ZOZOのオフィスデザイン】ポストコロ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOは、2021年に本社を海浜幕張から西千葉へ移転いたしました。新型コロナウイルス感染症の終息後に、週2出社・週3リモートワークの「新しい働き方」へ移行し、西千葉の街とつなが

  • 【NOVAHのオフィスデザイン】- 中国, 上海のオープンスペース

    【NOVAHのオフィスデザイン】人と環境

    ゲンスラーは、中国・上海にある家具会社の製品を展示するNOVAHのショールームとオフィスを完成させた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); NOVAH上海の展示場は、設計当初からWELL認証の基準で建設されました。細部に至るまで、人への配慮が感じられます。空気、光、音など、鉄筋コンクリートに囲

  • 【Münchener Vereinのオフィスデザイン】- ドイツ, ミュンヘンのカフェスペース

    【Münchener Vereinのオフ

    KINZOは、ドイツのミュンヘンにある保険会社Münchener Vereinのモダンなオフィスをデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Münchener Vereinは、シュトゥットガルトを拠点とする建築家SCOPEの設計に基づき、モダンなオフィスビルを建設しました: ルー

  • TWINOのオフィス - ラトビア, リガのロッカー

    TWINOの社名を大胆に取り入れたオフィ

    Open ADは、限られた色調の中で、自然光と遊び心を取り入れ、ラトビアのリガにあるTWINOのオフィスを完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); TWINOはラトビアに拠点を置くフィンテック企業で、スタッフはどこにいても仕事ができるようになっていますが、社会的な労働文化のためには

  • Bonduelle(ボンデュエール)のオフィス-ブロサード, カナダのカフェスペース

    Bonduelle(ボンデュエール)の植

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 食品会社のBonduelleは、カナダのブロサールにある新しいオフィスの設計を建築・インテリアデザイン事務所のLemay に依頼しました。 「ブロサールのソーラー・ユニカルティエ地区の緑の屋根と並木道に囲まれたBonduelleの新本社は、植物にアイデンティ