【Work.Lifeのオフィスデザイン】パンデミック後の世界における新しい働き方を反映 – イギリス, ロンドン

contents section

Work.Lifeのコワーキングスペース - イギリス, ロンドンのカフェスペース

コワーキングスペースを提供するWork.Lifeは、イギリス・ロンドンにある新しいオフィスのデザインをインテリアデザインスタジオのtWOに依頼しました。

「Work Lifeの理念やデザイン意図を汲み取り、周辺地域やその芸術的遺産を反映しながら、活気あるオールドストリートの中心で、機能的なだけでなく印象的な、大胆かつ現代的なコワーキング環境を作ることはできないか?これは、Work Lifeが設定した課題でした。パンデミック後の世界における新しい働き方を反映したコワーキングスペースを作ることです。建物自体にも課題がありました。

では、どのようにその課題を克服したのでしょうか。それは、このビルが持つ美しい工業的な特徴を生かすこと、つまり、このビルが持つ過去の歴史に思いを馳せることでした。プライベートオフィスは、鉄道ブース、バンケットブース、標準的なホットテーブルデスクなど、様々なサイズとホットデスクオプションで構成されています。バーチャルビデオ会議機能を備えた予約可能なミーティングスペースは必須で、ビルを囲む豊富なグラフィティアートを反映した明るいポップな色彩を提供しました。

専用のZoom Roomと1Pコールブースを設置し、大胆なペイントカラーと金属の質感を取り入れ、柔らかいなめし革の家具と大胆な千鳥格子のファブリックと組み合わせて、現代的でモダンな工業空間を作り上げました。濃いブルーとタンは、大胆なディープピンクから家具のファブリックに使われるソフトなトーンまで、さまざまなピンク色と美しいコントラストを成しています。1階の床は、天井がガラス張りになっているアルコーブを巧みに利用し、インフォーマルやフォーマルなバンケット席のブースを作りました」。

related post

関連記事

  • 【INK GAMESのオフィスデザイン】 - テキサス州オースティンのカフェスペース

    【INK GAMESのオフィスデザイン】

    建築事務所Mark Odom Studioのデザイナーと建築家のチームは、最近テキサス州オースティンにあるゲーム会社INK Gamesの新オフィスを設計しました。 デザインチームは、元のコンクリートシェルにクリエイティブポッドやコラボレーションゾーンを設置し、空間を分割・整理することで艤装しました。ワークスタイルやニーズに合わせて、プライベート、セミプライベート、コミュ二ケーションの各ワー

  • ID Integrated(アイディー・インテグレーテッド)のオフィス - シンガポールのワークスペース

    ID Integrated(アイディー・

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ID Integratedは、シンガポールのオフィススタジオに、同社の社風とビジョンを反映した空間を作りました。 商業インテリアデザイン会社であるID Integrated ( IDI ) は、設立以来、常に結束力が強く、協力的で、楽しい雰囲気のある職場文化

  • 【ツイッターのオフィスデザイン】- シンガポールのコミュニケーションスペース

    【ツイッターのオフィスデザイン】ハイブリ

    Twitterは、オフィスの機動性を高めるためのグローバルな取り組みとして、ハイブリッド型ワークへのシフトに対応するため、シンガポールのオフィスをモデルチェンジしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Woods Bagotは、シンガポールにあるTwitterのオフィスのために、ハイブリ

  • 【NOVAHのオフィスデザイン】- 中国, 上海のオープンスペース

    【NOVAHのオフィスデザイン】人と環境

    ゲンスラーは、中国・上海にある家具会社の製品を展示するNOVAHのショールームとオフィスを完成させた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); NOVAH上海の展示場は、設計当初からWELL認証の基準で建設されました。細部に至るまで、人への配慮が感じられます。空気、光、音など、鉄筋コンクリートに囲

  • Heineken(ハイネケン)のオフィス - アイルランド,コークの受付/エントランススペース

    Heineken(ハイネケン)のモルトハ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); マコーリー・デイオーコンネル・アーキテクツ(以下MOD)は、アイルランドのコークにあるハイネケンのオフィスをデザインするため、歴史的なモルトハウスの骨組みを再利用することに取り組みました。 1856年、コークの商人王朝のひとつであるマーフィー家は、リー川の北

  • 【Ficusのオフィスデザイン】- スペイン, マドリッドのオープンスペース

    【Ficusのオフィスデザイン】グリーン

    建築・インテリアデザイン会社Arquidはスペインのマドリッドにある新しいオフィスの設計をしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); FICUS OFFICEは、レガシー建築の可能性を信じた結果である。このプロジェクトでは、倉庫のアイデンティティを維持しながら、新しい用途に適応させることに