Building 78 Annexの鮮やかなオレンジ色が印象的なコワーキングスペース – ニュージャージー州カーニー

contents section

Building 78 Annexのコワーキングスペース – ニュージャージー州カーニーのオープンスペース

Building 78 Annexプロジェクトは、この歴史的な工業用地を、カーニーの多様なコミュニティのために、前向きで責任感のある、革新的な沿岸開発に転換することを主眼としています。

STUDIOS ArchitectureWXY architecture + urban designは、ニュージャージー州カーニーにあるBuilding 78 Annexをインダストリアルな外観と雰囲気にするために共同で設計を行いました。

WXYがマスタープランアーキテクト、STUDIOSがエグゼクティブアーキテクトを務める130エーカーのカーニーポイントは、第二次世界大戦中に船の組み立てや解体が行われていた場所で、今後新しい生活を送るためのマスタープランの中にBuilding 78 Annexが位置づけられているのです。

カーニー・ポイントにある建物の象徴的な歴史的特徴を保持することは、広大な敷地にあるすべての建物の設計意図に内在しており、Building 78 Annexについても同様である。9万平方フィートの別館は、多層階のオープンな産業用クレーン通路でしたが、設計チームはこれを活気あるコワーキングエコシステムに変えました。デザイン戦略は、「歩く」「働く」「会う」「見る」という4つのテーマの柱を中心に据えました。建物の新しい要素と既存の要素が一体となって、これらのテーマを達成しながら、透明性とコミュニティマインドに満ちた空間を促進しています。

工業用からパーソナルな環境へとスケールダウンしながら、ビルの持つ大きな要素を維持することが、STUDIOSとWXYに課せられた課題でした。大きなヴォリュームに新たにコンクリート床を挿入し、必要な面積を確保することで、使い勝手の良い空間を実現しました。コンクリート床は建物の中央部に開口部を設け、元々あったクレーン道や頭上を飛ぶ装置を残しながら、新たに橋をかけ、階段で各階を繋いでいます。中央のスペースは、建物の全長にわたって特徴的なノコギリ歯の天井から自然光が降り注ぎます。新しいフロストガラスのおかげで、天候にかかわらず、均一で安定した光を取り込むことができます。この先進的なビルは、統合的な雨水管理システム、炭素適応庭園と炭素吸収源、太陽光と蓄電池によるマイクログリッドなどを備えており、2012年のハリケーン・サンディで水深6フィートになった敷地で洪水対策として提案されたこれらの戦略も補完しています。

コワーキングハブを成功させるためには、柔軟性と拡張性が重要な鍵となります。テナントスペース専用の厳格なグリッドは、300平方フィートの小規模テナントから大規模なアンカーテナント、あるいは将来的に全く別のテナントをサポートするために簡単に取り壊すことが可能です。このようにテナントが自由に拡張できることは、先駆的な企業を育成し、小規模でローカルな革新的テナントが互いに学び合いながら成長するコミュニティを築きたいというHugo Neuの願いの中心をなすものです。この究極のワークプレイスの柔軟性は、各階にある共有のパントリー、各所に配置されたラウンジスペース、ジム、多目的イベントスペースなどの共有設備に支えられています。これらの特徴的な共用スペースは、単色のブース席や、旧クレーン道から吊るされた中央階段の下の鮮やかなサンクラウンジなど、鮮やかなオレンジ色で覆われています。

related post

関連記事

  • YNS Life Technologiesのオフィス - イスタンブールのワークスペース

    YNS Life Technologie

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Usdesignは、自然と産業からインスピレーションを得て、トルコのイスタンブールにYNS Life Technologiesのオフィスを完成させました。 温かく親しみやすいオフィスの雰囲気の中で、仕事の効率もアップしました。Usdesignの主な目標は、エ

  • Motionalのオフィス – シンガポールの受付/エントランススペース

    Motionalのインダストリアルであり

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Motional社のデータサイエンティストやシステムエンジニアのチームをサポートするため、シンガポールオフィスでは柔軟で相互接続性のあるスペースを導入し、高いパフォーマンスを発揮できる職場環境を確保しました。 グラファイトスタジオは、シンガポールのM

  • 【Tandem Diabetesのオフィスデザイン】- カリフォルニア州, サンディエゴの会議/ミーティングスペース

    【Tandem Diabetesのオフィ

    ID Studiosがデザインしたカリフォルニア州サンディエゴにあるTandem Diabetesのオフィスは、暖色系で統一され、快適な空間を演出しています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 健康的なライフスタイルを促進することは、この会社の重要なミッションです。Tandem社は、インス

  • 【MatrixElementsのコワーキングオフィスデザイン】- 中国,上海のオープンスペース【MatrixElementsのコワーキングオフィスデザイン】- 中国,上海のオープンスペース【MatrixElementsのコワーキングオフィスデザイン】- 中国,上海のオープンスペース

    【MatrixElementsのオフィス

    RDPクリエーションズは、中国・上海にあるMatrixElementsのオフィスを、白を基調とした自然光と淡い色彩でデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 上海の西外灘は、合理的で美的な花が咲き乱れる希望の地であり、人々の美しい想像力を運ぶ夢の高台です。芸術を代表する外灘博物館

  • ハーマンミラーショールームのオフィス - 中国, 合肥市のオープンスペース

    ハーマンミラーショールームの開放的で透明

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); HQGK Designは、中国合肥市にある代表的な家具メーカー、ハーマンミラーのショールームデザインを完成させました。 HQGK Designは2019年、また新たなチャレンジを経験しました。それは、ハーマンミラー合肥支社の代理店であるHezhile Fur

  • Uber(ウーバー)サンフランシスコ新本社のオフィス-カリフォルニア州サンフランシスコの受付/エントランススペース

    木目がアクセントの海外オフィス受付/エン

    海外のおしゃれなオフィスの受付やエントランススペースってどんな感じ? 木目を感じる受付やエントランスを参考にしたい。 オフィスの受付は、クライアントや顧客が来社したときに最初に目にする場所であり、企業のイメージや雰囲気を感じる場所でもあります。 今回は海外オフィスの木目を使用している受付/エントランススペースをご紹介します。 T-mobile本社ビル2号館のオフィス &#