Microsoft(マイクロソフト)のタージマハルから着想を得た建築様式の白を基調としたオフィス – ノイダ, インド

contents section

Microsoft(マイクロソフト)のオフィス - ノイダ, インドのカフェスペース

RSPデザインコンサルタントは、コロナ後の新入社員や復職者の育成スペースとして、インド・ノイダにあるマイクロソフトのオフィスを完成させました。

インドにいるマイクロソフトのエンジニアにとって、パンデミックの規制が緩和された後にオフィスに戻ることは、これまでにない経験となることでしょう。この新しいワークスペースはマイクロソフトの基本理念である技術主導のインフラと地元の文化的影響をシームレスに融合させたものであり、マイクロソフトの社員はこの新しいワークスペースに身を置くことになるのです。この新しいワークスペースは、新入社員だけでなく、これから入社してくる人たちにとっても、特別な存在になるはずです。インドの首都ニューデリーの衛星都市ノイダにある6階建てのビルの最上階3階に、マイクロソフトの最新のインド開発センター(IDC)があります。

このスペースが一般的な企業のワークスペースと異なるのは、その歴史的な背景が描かれていることです。アイボリーホワイトに塗られたIDCノイダキャンパスはジャアリワーク(穴のあいた石や格子状のスクリーンを使ったムガール建築様式)、アーチ、ドーム型の天井で特徴づけられており、世界最大の建築の驚異であるタージマハルから着想を得た建築様式は見逃せません。しかし、ムガール帝国の芸術と建築の印象を現代的なオフィス空間に取り入れることは、非常に困難なことでした。マイクロソフトは、タージマハルの壮大さと素材の豊かさを、ノイダオフィスに取り入れることを強く希望していました。私たちはこれをチャレンジと受け止め、クリエイティブチームのブレインストーミングで、さらに一歩踏み込んで、アーチ型のエントランス、ピートラデュラ、フローリングパターン、複雑なジャアリスなどの質感や要素だけでなく、ヤムナ川のほとりにあるという独特の環境もオフィスデザインに取り込むことに決めました。

言うまでもなく、テクノロジーは「ユビキタス」であり、今日の仕事と生活の根底にあるものです。私たちは、このオフィスを通じて、「技術」がシームレスに融合されることを信じていますし、それを実証しています。このオフィスは、往時を偲ばせるビジュアルでありながら、現代のワークプレイスでもあるのです。マイクロソフトのデザイン言語は、私たちのオフィスがどのようなものであって欲しいかという一般的な方向性を組み合わせたものです。地元の文化、地元に密着したもの、そして隠れたアイテムを取り入れたものです。建築家たちは、ムガール建築のシンメトリーな部分や装飾的な部分を機能的なユニットとして解釈しました。ジャイプール産の白大理石をはじめ、タージマハルの美的素材を多用し、半貴石を使ったレイワークも行いました。このプロジェクトは、単にオーダーメイドの体験というだけでなく、ラージャスターン州の職人を雇用して象眼やハンドペイントを施し、地域経済に刺激を与えるとともに、こうしたアーティストにプラットフォームを提供するという、素晴らしい形で地域社会に還元しています。

これは虚栄心の強いオフィスではなく、「WE CARE(私たちは大切にします)」ということを明確に表明しているのです。

related post

関連記事

  • 【SHEINのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【SHEINのオフィスデザイン】遊びがあ

    ファッションカンパニーのSHEINは、建築・インテリア・デザイン会社のID21にシンガポールの新オフィスの設計を依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 私たちのデザインミューズでありインスピレーション源は、多面的な女性であり、クリエイティブな自己表現のチャンネルとして、SHEINが

  • 【Thungela のオフィスデザイン】- 南アフリカ, ヨハネスブルグの階段エリア

    【Thungela のオフィスデザイン】

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Trend Groupは南アフリカのヨハネスブルグにある石炭輸出会社Thungelaのオフィスデザインを担当しました。 1階から最上階へと濃いオレンジ色のジグザグ状の階段は、まるで鉱山の坑道のようにそびえ立っています。手すりはアンダーライトで照らされ

  • 【Ficusのオフィスデザイン】- スペイン, マドリッドのオープンスペース

    【Ficusのオフィスデザイン】グリーン

    建築・インテリアデザイン会社Arquidはスペインのマドリッドにある新しいオフィスの設計をしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); FICUS OFFICEは、レガシー建築の可能性を信じた結果である。このプロジェクトでは、倉庫のアイデンティティを維持しながら、新しい用途に適応させることに

  • 【KBCのコワーキングスペースデザイン】- ベルギー, アントワープのオープンスペース

    【KBCのコワーキングスペースデザイン】

    ベルギーのアントワープにあるStart it @KBCのオフィスをデザインする際、Space Refineryは自然やその資源性からインスピレーションを得ました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Start it @KBCは、新世代のリーダーを育成するというミッションを反映したワークスペー

  • 【Spreetailのオフィスデザイン】- ネブラスカ州, オマハのオープンスペース

    【Spreetailのオフィスデザイン】

    Alley Poyner Macchietto Architectureは、ネブラスカ州オマハのオフィスのデザインにSpreetailブランドの活気を反映させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ネブラスカ州リンカーンに拠点を置くSpreetailは、オマハオフィスのデザインにAlle

  • AI & Robotics Ventures (ARV) のオフィス – タイ, バンコクのワークスペース

    AI & Robotics Ventur

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); YAAF DESIGNは、タイ・バンコクにあるAI & Robotics Ventures(ARV)のオフィスのために、曲線とブルーを基調とした空間を作りました。 企業、政府、消費者にAIとロボティクスソリューションを提供し、新たなAIとロボ