Heineken(ハイネケン)のモルトハウスのオフィス – アイルランド,コーク

contents section

Heineken(ハイネケン)のオフィス - アイルランド,コークの受付/エントランススペース

マコーリー・デイオーコンネル・アーキテクツ(以下MOD)は、アイルランドのコークにあるハイネケンのオフィスをデザインするため、歴史的なモルトハウスの骨組みを再利用することに取り組みました。

1856年、コークの商人王朝のひとつであるマーフィー家は、リー川の北側に醸造所を設立しました。レディーズ・ウェル醸造所は、ライトリム通りにある18世紀の孤児院の敷地内に建設された。この名前は、近くの丘にある神聖な井戸に由来し、奇跡的な治癒効果があると信じられていた。

1983年、ハイネケンインターナショナルがこの地を取得しました。1890年に建てられたモルトハウスは、現在、醸造所のオフィスとして使われています。ダブリンにハイネケンの新しいオフィスを建設した後、MDOはモルトハウスの改修を依頼されました。このプロジェクトでは、ワークプレイス戦略の観点から、建物の完全な修繕を行いました。この建物は、元々麦芽(モルティング)させるためにトウモロコシを広げるために使われていたため、天井高が低く、何階もある建物でした。MDOは完全なBIMモデルを構築し、建物内の動線が悪く、フロア全体が十分に活用されていない箇所を示しました。その結果、フロアを丸ごと撤去するという抜本的な提案がなされました。これにより、建物中央部の1階と2階の間に、ドラマチックな2層構造のオフィスが新たに誕生しました。このスペースは、オフィスの新しい中心部にある新しい受付エリアを形成するために拡張され、顧客サービスチームを隣接するビルから職場の中心に呼び戻しました。

この工事の一環として、MDOはモルトハウス内のオフィススペースのすべてのエリアへの完全なバリアフリーを実現することができました。内部にでは、この改修により、自然光が降り注ぎ、フロアからフロアへのスタッフの移動がスムーズに行えるようになり、環境が一変しました。これにより、この建物が活気に満ちた歴史的建造物として、将来も存続していくことが示唆されています。

related post

関連記事

  • Adyen(アディエン)のオフィス - イギリス, ロンドンのリラックススペース

    Adyen(アディエン)の「第二の我が家

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フィンテック企業のアディエンはこのほど、イギリスのロンドンにある新しいオフィスの設計を、オフィス設計・施工会社のModusに依頼しました。 「美しくデザインされたワークスペースは、在宅勤務の利点をオフィスにもたらすはずです。アディエンス社がより広いス

  • SAPエスタライヒ支社のオフィス - オーストリア, ウィーンのオープンスペース

    SAPエスタライヒ支社のグリーンが溢れる

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ウィーンのSAPエスタライヒ支社のデザインは、より健康的な職場環境を確保し、従来のハイテク企業のオフィスの常識を覆す「セントラルパーク」のような雰囲気を目指し作られました。 INNOCAD architectureは、オーストリア・ウィーンにあるソフトウェア

  • クリスピークリームドーナッツのレンガが似合うオフィスのワークスペース

    クリスピークリームドーナッツのレンガが似

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); クリスピークリームドーナッツ社(Krispy Kreme)の代表的な商品の楽しさと快適さはそのまま、シャーロットの新しいダイナミックなワークプレイスのデザインに取り入れられました。 OKW Architectsは、ノースカロライナ州シャーロットにある象徴的な

  • 【Maerskのオフィスデザイン】- ベトナム、ホーチミン市の受付エントランススペース

    【Maerskのオフィスデザイン】開放的

    ADP-architectsは、ベトナムのホーチミン市にあるMaersk社のオフィスのために、オープンでカラフルな空間をデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Maerskはデンマークの海運会社で、世界最大のコンテナ船会社および船舶を運営しています。世界130カ国に子会社やオフ

  • 【Modernaのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのオープンスペース

    【Modernaのオフィスデザイン】時代

    Massive Designは、ポーランドのワルシャワに明るい自然光とダイナミックな建築要素を備えたバイオテクノロジー企業Modernaのオフィスを完成させた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過剰に刺激された世界で快適さを感じること、特に私たちの仕事や創造的な活動をサポートすべき空間にお

  • 【 Hegenのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【 Hegenのオフィスデザイン】パステ

    ベビー用品を扱うHegen社は、シンガポールの新しいオフィスの設計をインテリアデザインスタジオのConexusに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Conexus StudioはHegenチームと密接に協力し、会社のブランドと理念を反映し、ビジネスと共に適応し成長する柔軟性を備