【LinkedInのオフィスデザイン】自然光を利用しインダストリアルとシックのバランスを形成- ネブラスカ州, オハマ

contents section

【LinkedInのオフィスデザイン】- ネブラスカ州, オハマの受付/エントランススペース

ゲンスラーは、ネブラスカ州オマハにあるLinkedInのオフィスを完成させるために、豊富な自然光を利用してインダストリアルとシックのバランスを形成しました。

LinkedInの新しいオマハ本社は、未来の革新的なワークプレイスです。20万平方メートルの広さを持つダイナミックな環境は、従業員の体験の向上、レジリエントな未来、そしてコミュニティとのつながりのためにデザインされた、彼らの未来のワークプレイスビジョンを反映しています。

この新しい施設はレガシーオフィスに代わるもので、チームは個々人の集中力やプライバシーをサポートするスペースから、少人数でのコラボレーションやブレーンストーミングのためのスペースまで、さまざまなワーク環境を備えた「近隣」へと割り当てられます。近隣エリアと近隣エリアの間には「レールカー」と呼ばれるエリアがあり、個人とチームの収納スペース、即席のチームスペース、密閉された会議室、電話ボックスなどが用意されています。これらのスペースは各地域の玄関口として、オリエンテーションの場として、またチームのグッズを置く文化的な場所としても機能しています。

サステナビリティは、この新オフィスにとって最優先事項でした。このビルは、フィットウェルの2つ星とLEEDのゴールド認証を取得しています。光センサー、高度な機械システム、オール電化のキッチンなど、一般的な技術に比べ24%少ないエネルギーで利用できる機能が盛り込まれています。また、LinkedIn社で初めてオンサイトエネルギー貯蔵を導入したサイトでもあります。ビルの電力の38.4%は再生可能エネルギーで、さらに13.1%は駐車場上のソーラーキャノピーを含む敷地内の太陽光発電設備でまかなわれています。電気自動車の充電は、ハイブリッド車や電気自動車のための優先スペース50台に加えて、この職場の駐車スペースの2%に20台の電気自動車充電スタンドを設置しました。使用された木材の52%は再生材(プロジェクト全体で50,000 SFの再生材)、残りはFSC認証材(プロジェクト全体で46,000 SFのFSC認証材)です。塗料、コーティング剤、接着剤、シーラント、天井材、床材、複合木材の100%が、VOC含有量および排出量がゼロまたは非常に低いものです。すべての家具の70%が米国で設計・製造されました。高効率の配管設備により、水の使用量を35%削減しました。廃棄物は100%専用回収し、その中には電子機器廃棄物も含まれ、保存・再利用されています。

リンクトインは、48の教育用プレートを通じて、グリーンビルディングの教育を現場で推進しています。新しいウェルネス・フィットネスセンターや、階段の利用を促すメッセージでグラフィカルに活性化された中央階段など、運動とエクササイズを促進するスペースが設けられています。屋上には屋外にアクセスできるデッキがあり、従業員は3マイル以内にある少なくとも10の異なるアクティビティに徒歩や自転車でアクセスすることができます。

すべての従業員や利用者を代表し、デザインに取り込むことが重要でした。社会的公正とマイノリティに焦点を当てたEGD/ブランドのストーリーは、従業員のフィードバックとデザインインプットを通じて開発され、従業員の代表がEGD/ブランドのレセプション・インスタレーションに含まれました。また、従業員リソースグループのインスタレーションでは、従業員がコンテンツ、賞、写真、お知らせを投稿・共有できるほか、コミュニティ主導のEGDストーリーやコミュニティアート・プログラムも用意されています。また、ニューロダイバーシティをサポートするためのレスパイトルームも設置されています。InCommonは、1階のコミュニティイベントスペースで、地元の企業やコミュニティのリーダーを巻き込んでいます。コミュニティ・ウォールは、インスピレーションを共有し、受け取るための絶え間ないソースとして機能します。地元の陶芸家による3つの団子彫刻が人々を迎え入れ、2つの建物の間にはリンクトインとオマハのコミュニティを祝福する彫刻が開発されました。

related post

関連記事

  • 【Mega Mediaのオフィスデザイン】ラグジュアリーでくつろげるオフィス- イスラエル, リション・レティヨンの受付/エントランススペース

    【Mega Mediaのオフィスデザイン

    メガメディアの新オフィス「リション・レティシヨン」に潜入。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 広告代理店のMega Mediaは、イスラエルのリション・レティヨンにある新しいオフィスのデザインをインテリアデザインスタジオのU+Aに依頼した。 その広大なレイアウトと、会社の若くて都会的な

  • 【Spreetailのオフィスデザイン】- ネブラスカ州, オマハのオープンスペース

    【Spreetailのオフィスデザイン】

    Alley Poyner Macchietto Architectureは、ネブラスカ州オマハのオフィスのデザインにSpreetailブランドの活気を反映させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ネブラスカ州リンカーンに拠点を置くSpreetailは、オマハオフィスのデザインにAlle

  • 【Doctor Anywhereのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Doctor Anywhereのオフィ

    ヘルスケア企業のDoctor Anywhere は、シンガポールの新しいオフィスのデザインを、建築・インテリアデザイン会社のConexusに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「インダストリアル・シックなインテリアデザインは、未加工の素材とむき出しのダクトを利用し

  • 【トロピカーナコーポレーションのオフィスデザイン】- マレーシア, ペタリンジャヤのオープンスペース

    【トロピカーナコーポレーションのオフィス

    不動産開発会社のトロピカーナコーポレーションは、マレーシアのペタリンジャヤにある新しいオフィスのデザインを、建築・インテリアデザイン会社のスティーブン・リーチ・グループに依頼した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コタダマンサラの道路が交錯する場所に、19階建てのビルが建っています。両側に

  • 【Modernaのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのオープンスペース

    【Modernaのオフィスデザイン】時代

    Massive Designは、ポーランドのワルシャワに明るい自然光とダイナミックな建築要素を備えたバイオテクノロジー企業Modernaのオフィスを完成させた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過剰に刺激された世界で快適さを感じること、特に私たちの仕事や創造的な活動をサポートすべき空間にお

  • Google Space(グーグルスペース)のCampus ワルシャワのコワーキングオフィス - ワルシャワ,ポーランドの受付/エントランススペース

    Google Spaceのヴォッカ工場を

    Massive Designは、ポーランド・ワルシャワにあるGoogle Spaceのコワーキングオフィス「Campus」のデザインを完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Massive Designは、20年以上にわたって空間計画やインテリアデザインサービスを提供しており、G