【Beijing Xingguangのオフィスデザイン一線を画した想像力を刺激するオフィス】- 中国, 北京

contents section

【Beijing Xingguangのオフィスデザイン】- 中国, 北京の会議/ミーティングスペース

メディア企業のBeijing Xingguang Yaolai Culture Media は、中国・北京の新オフィスの設計を建築・インテリアデザイン事務所のCUN Designに依頼した。

クライアントはメディア投資会社で、この2棟の建物を、従来のワークスペースの要素を排除した上で、複数の業務に対応できるワークスペースに改修したいとのことだった。このスペースには、広いデイリーオフィスエリア、CEO・CFO専用オフィスと会議室、メディア編集・再生室、そして最後によく使われるビジネス会議室が含まれています。長年の仕事経験から、CUNは私たちが戦略指向のチームであると信じています。問題を解決し、部屋の機能の実用性を満たすためにバランスを見つけるために最高の戦略を使用してください。そして、いつものように、美学を核にして空間を構成します。このX字型の交通ハブのコンセプトを導入し、このコンセプトによって、この2つのビルの中のすべての空間を強く結びつけることができます。まず、このハブの機能は、空間に3次元的なレールのような交通システムを提供し、このX字型のハブは、1階と2階の垂直と水平の絡まり合いを生み出します。

第二に、この橋(ハブ)のユニークな形状は、ビルからビルへの人の移動手段を垂直方向だけでなく水平方向にも提供するという新しい機能をビルに付加していることである。空間の配置としては、1階には社員が日常的に使用するエントランスを設け、奥の開口部をゲストエントランスとし、それ以外の地上階はオフィスやカンファレンスエリアとして扱います。2階の一角はCEO&CFOのオフィスとし、状況に応じて専用の会議室を設ける予定です。それ以外のスペースは、メディア編集室やプレイングルームとして使用します。このように、パブリックな部分とプライベートな部分を区別してデザインしています。

最後に、論理と美学が融合した空間全体を感じられるように、ハブやスカイブリッジに太陽光を導入し、人々の想像力を刺激する場所となるようにします。そのうえで、空間の隅々まで手を入れ、鋭角な部分を滑らかにし、自然なカーブで配置することで、形ではなく、実用性、機能性を追求していきます。オフィスの本質は人のためにあり、CUNはクライアントのニーズをとらえ、最適なソリューションを提供します。私たちは革新者であり、チームは常に新しい手段を見つけ、クライアントの希望と一致させるために、常に戦っています。
私たちは革新者であり、チームは常にクライアントの希望に合う新しい手段を見つけ、従来のデザインのやり方とは常に一線を画しています。

related post

関連記事

  • 【Ohpenのオフィスデザイン】- オランダ, アムステルダムのオープンスペース

    【Ohpenのオフィスデザイン】自然から

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Fintech企業のOhpenは、このほどワークプレイスデザイン会社のAIS Workplaceに、オランダのアムステルダムにある新しいオフィスのデザインを依頼しました。 Ohpenの新しいオフィスは、アムステルダムの中心部に位置するRokin 11

  • オラクル(Oracle)のオフィスの受付/エントランス

    オラクル(Oracle)のエレガンスなオ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); オラクルの新オフィスは、時代を超えたエレガンスと素材感、そして最新のテクノロジーを組み合わせたデザインで、まさにグローバルIT企業のワルシャワを代表する空間となりました。 マッシブデザインは、ソフトウェア大手のオラクル社から、ポーランドのワルシャワにあるオフ

  • SAPエスタライヒ支社のオフィス - オーストリア, ウィーンのオープンスペース

    SAPエスタライヒ支社のグリーンが溢れる

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ウィーンのSAPエスタライヒ支社のデザインは、より健康的な職場環境を確保し、従来のハイテク企業のオフィスの常識を覆す「セントラルパーク」のような雰囲気を目指し作られました。 INNOCAD architectureは、オーストリア・ウィーンにあるソフトウェア

  • Google(グーグル)ケンブリッジのオフィス - マサチューセッツ州, ボストンの廊下

    Google(グーグル)の仕事と楽しみを

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); NELSONは、マサチューセッツ州ボストンにあるGoogleの新しいオフィスをデザインしました。 2003年にボストンに進出したGoogle社は、当初1200人規模の複合ビルになるとは思ってもいませんでした。マサチューセッツ州ケンブリッジのMIT地区

  • Google(グーグル)のソルトアメニティスペース - カリフォルニア州,マウンテンビューの受付/エントランススペース

    Googleの自然の景観を表現したオフィ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Google社の新しいモダンで洗練されたアメニティスペースは、1854年から続くベイエリアの著名な産業である塩の生産に由来し、そのストーリーを称えるデザインになっています。 Form4 Architectureは、カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoo

  • Work.Lifeのコワーキングスペース - イギリス, ロンドンのカフェスペース

    【Work.Lifeのオフィスデザイン】

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コワーキングスペースを提供するWork.Lifeは、イギリス・ロンドンにある新しいオフィスのデザインをインテリアデザインスタジオのtWOに依頼しました。 「Work Lifeの理念やデザイン意図を汲み取り、周辺地域やその芸術的遺産を反映しながら、活気