【Arcelikのオフィスデザイン】温かみのある木材とダイナミックなワークスペース -トルコ,イスタンブール

contents section

Udesign Architectureは、温かみのある木材とダイナミックなワークスペースを活用して、トルコのイスタンブールにあるArcelikのオフィスを完成させました。

このプロジェクトは、Arçelik Sütlüce本社キャンパス内にあります。カフェテリアエリアのある約700m2のエリアは、イノベーションセンターのニーズに適したオフィスへと生まれ変わりました。UDesign ArchitectureがイスタンブールのArçelik Headquarters Campusにあるイノベーションセンターのために行ったオフィスデザインは、成長も縮小も可能で常に変化し続けるダイナミックでインダストリアルなオフィス認識を明らかにしています。

一般的なデザインコンセプトとオープンワークスペース
イノベーションセンターの精神である、多様なワークエリア、成長・縮小・変化できるスペース、異なる分野の共存といった要件は、オープンオフィスエリアの可動式・高さ調整可能なデスク配置による非常に柔軟なエリアづくりに活かされています。このソリューションにより、4〜6人の異なるワーキンググループをまとめることができます。テーブルを移動させることで発生する電気設備の問題は、床とジャンクションボックスが地上にないため、ケーブルトロリーと移動可能な垂直ソケットボックスで解決しています。オフィス全体を支配する高く開放的な天井は、広々とした感覚を生み出すと同時に、プロジェクト特有の音響要素により、豊かでダイナミック、かつインダストリアルなオフィス感覚を生み出しています。デザインアイデンティティーの一部として、天井の前面や壁、一部の家具に木材が使われています。この木の感触と鮮やかな色彩は、開放的な天井とインダストリアルなアイデンティティのバランス要素として使われています。

3Dプリンターと模型のアトリエ
このアトリエとワークショップエリアは、イノベーションとプロダクションが行われる場所として、プロジェクトの主要な部分の一つを作り出しています。この場所では、プロトタイプの準備に加えて、作業台、オープンおよびクローズドなストレージエリア、高さ調節可能な棚が設置されています。

組み合わせ可能なミーティングルーム
オープンオフィスと段差のあるミーティングスペースは、グループミーティングを行う場所としても位置づけられています。書き込み可能なスライドパネルを開くと部屋がつながり、より広い会議スペースと参加人数を実現します。また、ハイテーブルを利用したスタンディングにより、短期・長期の会議でも人間工学に基づいた利用が可能です。

可動式ミーティングブース
スチール製のキャビンは、産業用キャスターにより、2人で簡単に移動できます。だから、彼らはオフィスのどこにでもモバイルユニットとして使用することができます。これらのキャビン構造は、移動可能で組み合わせ可能な構造であり、換気、照明、電気を供給するためのプラグが必要なだけの自給自足システムを備えた、このプロジェクトの革新的な面を反映しています。同時に、ミーティング機能とは別に、オープンオフィスから隔離された仕事の場を提供します。

ソーシャルエリア
イノベーションセンター社員の要望により、ミニバスケットボール、コンソールゲーム、テーブルフットボールなどのアクティビティを備えたソーシャルエリアは、勤務時間中だけでなく、1日24時間利用できるように設計されています。オープンオフィスとはガラスで仕切られ、空間に奥行きを持たせています。この部分は、個人の仕事、休憩、社会活動ができる多目的エリアとして計画されています。

related post

関連記事

  • 【Workdayのオフィスデザイン】- 東京, 六本木の受付/エントランススペース

    【Workday (ワークデイ)のオフィ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 企業向けクラウド型財務・人事アプリケーションプロバイダ大手のWorkdayの日本法人「ワークデイ株式会社」は、従業員のコミュニケーション活性化とエンゲージメントのさらなる向上のため東京本社オフィスを六本木ヒルズ森タワーへ移転しました。 新しいオフィス

  • Energr + のコワーキングオフィス – 中国, 北京のオープンスペース

    Energr + の高低差を活かした木の

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); XWXZ Designは、ダイナミックなワークエリアと温かみのある素材を用いたEnergr + のコワーキングオフィスを中国・北京に完成させました。 XWXZの課題は、北京金泰ビル5Fにある廃墟となったプールの空間を再創造することです。最初の現地調査

  • 【Nike本社のデザイン】- オレゴン州, ビーバートンのオープンスペース

    【Nikeのオフィスデザイン】最新鋭の本

    セリーナ・ウィリアムズビルは、100万平方フィート以上の敷地に2750人が働く、ビーバートンのナイキ本社で最大の建築物です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Skylab Architectureがデザインした、オレゴン州ビーバートンにあるナイキ本社のセリーナ・ウィリアムズビルは、周囲の自

  • Microsoft(マイクロソフト)のオフィス - ノイダ, インドのカフェスペース

    Microsoft(マイクロソフト)のタ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); RSPデザインコンサルタントは、コロナ後の新入社員や復職者の育成スペースとして、インド・ノイダにあるマイクロソフトのオフィスを完成させました。 インドにいるマイクロソフトのエンジニアにとって、パンデミックの規制が緩和された後にオフィスに戻ることは、これまでに

  • Interproteccionのオフィス - メキシコ, メキシコシティのオープンスペース

    【Interproteccionのオフィ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 保険会社のInterproteccion社は、メキシコシティにある新しいオフィスの設計を建築・インテリアデザイン会社のspAce社に依頼しました。 「オフィスはもはや単なる仕事の場ではなく、交流し、コラボレーションし、つながり、レジリエンスを強化し、

  • ID Integrated(アイディー・インテグレーテッド)のオフィス - シンガポールのワークスペース

    ID Integrated(アイディー・

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ID Integratedは、シンガポールのオフィススタジオに、同社の社風とビジョンを反映した空間を作りました。 商業インテリアデザイン会社であるID Integrated ( IDI ) は、設立以来、常に結束力が強く、協力的で、楽しい雰囲気のある職場文化