Category

インダストリアル

  • 【Bedeのオフィスデザイン】-ブルガリア, ソフィアの受付/エントランススペース

    【bedeのオフィスデザイン】個性とインダストリアルの調和したオフィス-ブルガリア, ソフィア

    MoVe Architectsは、ブルガリアのソフィアにある Bede のオフィスのために、ブランドアイデンティティを活かした楽しくて機能的な空間を作りました。 [ad_block id="884"] bede Gamingは、イギリスのニューカッスル・アポン・タインに本社を置き、イギリスのロンドンとブルガリアのソフィアにオフィスを持つ、ギャンブルプラットフォームとソフトウェアの会社です。 今年4月、bedeのソフィアチームは新オフィスに移転しました。これで、ブルガリアチームが集まって、ちょっとおしゃれな環境で共同作業ができるようになりました!」と、喜びと誇りを語っています。 700m2の新オフィスは、ソフィアの最新オフィスビル「NVタワー」の13階にあります。オフィスのインテリアは、モダンとインダストリアルスタイルが美しく調和し、コーポレートカラーパレットのアクセントカラーが柔らかな印象を与えています。会社のアイデンティティは、チームの個性とともに、オフィスデザイン全体を通して見ることができます。 オフィスは、オープンスペースのワークエリア、大小のミーティングルーム、ボードルーム、リラックススペースで構成されています。オフィス内の各スペースは、特別でユニークなデザインになっています。スペースからスペースへ移動する際には、ソフトな移行があり、すべてのスタイルがひとつになったとき、bedeの新しく改善された外観が形成されます。 オープンスペースには、標準的なベンチデスクや高さ調節可能なデスクを備えたワークエリア、リラックスできる専用のスモールゾーン、共同作業のための代替スペース、電話ボックスが配置されています。オープンスペース内のこれらの異なるエリアは、メイン廊下に沿って設けられた50mの書き込み可能なブランディングウォールによって、巧みに連結されています。 木、金属、レンガはオフィス全体に使われている主な素材で、植えられた自然植物とともに、この空間の全体的な雰囲気に寄与しています。bede'sのオフィスは、インダストリアル、モダン、アーバンスタイルのバランスがとれており、「家」のような温かみのある雰囲気になっています。 オフィスの各要素は、会社の文化とアイデンティティを統合するだけでなく、チームのユニークなキャラクターからインスピレーションを得て、それを際立たせています。各ミーティングルームは工業用コンテナのようなデザインで、忍者タートルのパトロンがいます。壁に描かれた落書きによって都市文化が露呈され、昔ながらのアートフォームによって支えられています。 メインのリラックスエリアは多機能で、キッチン、バーエリア、ボードゲームエリア、ミュージックコーナー、ブリッジテーブル、ダーツなどのサブゾーンで構成されています。レンガの壁と吊り下げられた植栽のある金属メッシュがアクセントとなり、特別で居心地の良い、素晴らしい空間になっています。 受付/エントランススペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] ワークスペース カフェスペース カフェスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペース

  • 【Doctor Anywhereのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Doctor Anywhereのオフィスデザイン】インダストリアルシックなオフィス- シンガポール

    ヘルスケア企業のDoctor Anywhere は、シンガポールの新しいオフィスのデザインを、建築・インテリアデザイン会社のConexusに依頼した。 [ad_block id="884"] 「インダストリアル・シックなインテリアデザインは、未加工の素材とむき出しのダクトを利用し、オフィスに硬質な感覚を与えると同時に、毎日そこで行われる革新的な仕事のための真っ白なキャンバスを提供しています。この生と洗練の並置と、遮るもののない海と街の景色が、DAのオフィスをユニークなものにしており、紛れもなくインスピレーションを与えています。 テクノロジー主導のヘルスケア企業、Doctor Anywhere (DA) は、成長するチームに適した革新的なハイブリッドワークプレイス戦略を導入するため、Conexus Studioにシンガポール本社の設計と建築を依頼しました。そのために、社員が生き生きと働ける環境、生産性、創造性、そしてチームメンバー間のコミュニティを、外出先や東南アジアの拠点に関係なく促進させることが重要な優先事項でした。 インダストリアル・シックなインテリアデザインは、未加工の素材やむき出しのダクトを利用することで硬質な感覚を与え、同時に毎日そこで行われる革新的な仕事のための白紙キャンバスを提供しています。この生々しさと洗練された雰囲気の共存、そして遮るもののない海と街の景色が、DAのオフィスをユニークなものにしており、紛れもなくインスピレーションを与えてくれるのです。 社員アンケートでは、在宅勤務(WFH)とオフィスでの物理的なミーティングの両方をバランスよく行うハイブリッドなアプローチを好む人が多かったため、オフィスは機敏でコラボレーティブなワークフォースを促進するようデザインされています。オープンプランのゾーンには、チルアウトコーナーやプライバシーポッドなど多様なタイプのスペースがあり、さまざまなワークスタイルや用途に対応しています。"この特徴は、ワークプレイスをより有機的にし、議論やコラボレーションを容易にすることでしょう。 受付/エントランススペース 受付/エントランススペース カフェスペース カフェスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース オープンスペース 会議/ミーティングスペース オープンスペース ワークスペース https://youtu.be/ksXsLRCOkmY [ad_block id="1970"]

  • 【Darrowのオフィスデザイン】- イスラエル, テルアビブのカフェスペース

    【Darrowのオフィスデザイン】インダストリアルな背景の中に温かみを感じる色使い- イスラエル, テルアビブ

    イスラエルのテルアビブにあるDarrowのオフィスは、インダストリアルな背景の中に温かみを感じさせるデザインになっています。 [ad_block id="884"] Darrowは、人工知能を使って隠れた法律違反を発見し、起訴する会社です。Switch upは、さまざまな色を使った温かみのあるパレットと、魅力的なラウンジ家具を使用し、オフィスの性質にもかかわらず、リラックスできるオフィス環境を作り出しました。 企業の成長を可能にし、文化を育み、リソースと資本の活用を向上させ、より高い人材獲得と維持レベルをサポートし、この法律の業界をリードするスペースマネジメントの恩恵を受ける特別な機会を提供することをビジョンとして掲げました。 最も目立つのは、スペースの中央にあるガラス張りの会議室です。透明な構造をエレガントに再解釈したものが、フロアスペースの中央に堂々と佇んでいます。 ガラス、アルミフレーム、植物、木造床の4つの素材だけで構成されているように見えるデザインは、エレガントな体験を提供します。 ダイクロガラスが持つ遊び心と虹色の性質は、空間に色彩と反射性をもたらし、自然光と電気照明を効果的にかつ静かに融合させることで生命力を与えています。 素材は、自然に生産的な環境をつくるために、環境特性を考慮して選びました。自然採光を高めるために、室内には豊富な植物を配置し、天然ゴムやガラスなどの自然素材も使用しました。 ロビーには、巨大なジャングルが広がっています。たくさんの植物が、自然でリラックスできる環境を演出しています。 正面玄関から離れ、オフィスの北側に位置する共有のスタッフスペースは、社員が気持ちよく通れるように。花、グレー、ソフトオレンジ、ベージュを基調とした空間です。天井から吊るされたたくさんの照明が、このスペースをとても充実した楽しい空間にしています。 内装工事では、各オフィスの透明性に特に注意を払いました。エレメントや家具はほぼすべて同じものを使用しています。換気ダクトやコンセント、サスペンションシステムもそのまま見えています。 キッチンの色調は、グレー、赤、オフホワイトなどの落ち着いた色調で、照明も直感的なものを選んでいます。Darrowのオフィススペースは、最小限の家具と繊細さが特徴で、温かみと快適さを醸し出しています。 Switchupのデザインは、前のフロアのテーマを洗練された形で取り入れています。パーティションはフロアに合わせた特注の大理石で覆われ、温かみのある雰囲気を演出しています。どのオフィス空間でも、タイルや床材が溶け合っています。 このプロジェクトでSwitchupが目指したのは、大きな空間をいかにアレンジして、来訪者が居心地よく、暖かく、くつろげるようにするかということでした。そして、私たちは見事に成功しました。 カフェスペース カフェスペース オープンスペース ワークスペース ワークスペース [ad_block id="1975"] ファミレス席 廊下 会議/ミーティングスペース オープンスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] カフェスペース オープンスペース 廊下 集中スペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1970"]

  • 【Builtのオフィスデザイン】- オーストラリア, シドニーの会議/ミーティングスペース

    【Builtのオフィスデザイン】インダストリアルな美しさとモダンなオフィス- オーストラリア, シドニー

    Builtのシドニーオフィスは、伝統と現代が融合したデザインで、建設と建築の過去、現在、未来を尊重したバランスの良い空間となっています。 [ad_block id="884"] オーストラリア・シドニーのBuiltオフィスをデザインする際、fjmtinteriorsはモダンとインダストリアルとのバランスを取りました。 隣接する2つの歴史的建造物、シェリー倉庫と変電所No.164は、歴史的建造物の壁に新たに開口部を設け、階段を連結することで一体化させました。建物と建物の間の狭くて高い空間は、照明付きのシャフトとして残し、配管を露出させることで、オリジナルのレンガ壁をムーディに演出し、予想外の視覚的なつながりと建物の過去の生活を思い起こさせることになりました。 3層のオープンプランのワークエリアと戦略的に配置されたミーティングルームは、チームのコラボレーションと柔軟性を可能にし、高さいっぱいのグレージングがモダンで、ほとんど透明な空間を作り出しています。建築家fjmtstudioとの密接なコラボレーションにより、建物の遺産であるレンガの壁、木製の天井の下地、露出した配管などの全体的なバランスをとることができました。 建設会社にふさわしいインダストリアルな美しさを取り入れ、伝統を尊重しながらも新しいものを取り入れたデザインになっています。コンクリート、再生木材、オーク材の建具、タンレザー、銅のハイライトといった新しい素材は、Built社のコーポレートカラーをさりげなく表現し、既存の伝統的な素材感を補完しています。 また、ワークエリアにはサーカディアンリズム照明、植物、壁面緑化を取り入れ、「リビングブリージング」と呼ばれるファンによるろ過技術により、室内の空気を積極的に浄化し、従業員のウェルビーイングを高めています。さらに、敷地内のジム、広いスタッフ用休憩室、生物親和的要素、利用者の快適性を高める素材が、健康的で望ましい職場づくりに貢献しています。 受付/エントランススペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 廊下 廊下 階段エリア [ad_block id="1975"] ワークスペース カフェスペース カフェスペース カフェスペース オープンペース ワークスペース [ad_block id="1975"] エグゼクティブルーム 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1970"]

  • 【CAEのオフィスデザイン】– イギリス,ヘメル・ヘムステッドのオープンスペース

    【CAEテクノロジーサービスのオフィスデザイン】データから本当に必要なスペースを導き出したオフィス – イギリス, ヘメル ヘムステッド

    Woodhouse Workspaceは、英国ヘメル・ヘムステッドにあるCAE Technology Servicesの新本社ビルの設計に携わりました。 [ad_block id="884"] 180名の常駐・訪問スタッフのためのオフィススペースであると同時に、クライアントとのミーティングやCAEが得意とする技術のデモンストレーションを行う主要な場所でもありました。 驚きを与えるワークスペースを実現するために、Woodhouseはワークスペース戦略を導入することを勧めました。これは4段階のモデルで、個々の組織に合った最適なワークスペースへのロードマップを提供するものです。その4つのステージとは、戦略、デザイン、デリバリー、評価です。 戦略段階プロセスの最初の段階では、スペースの使用状況に関するデータを収集し、将来的にどのような要件がビジネスのニーズを最もよく満たすかを特定します。Woodhouse では、社員や上級管理職を対象に、現在の使用状況を把握し、ワークプレイスの改善を希望する箇所を評価しました。 また、主要なステークホルダーとのインタビューを実施し、戦略的方向性、現在の課題、予測される課題をさらに理解しました。チームワークショップでは、さまざまなチームの活動、職場での関わり方、将来への希望について情報を収集しました。さらに、現在の勤務形態や今後の働き方について尋ねるオンライン調査も実施しました。 デザインフェーズ初期段階を経て、私たちは将来のワークスペース戦略とプロジェクトプランの開発に着手するのに十分な情報を得ました。調査の結果、スタッフはCAEに強力で前向きな文化があると感じていましたが、仕事や社会的なレベルで異なるチームと協力したり交流したりする機会をもっと増やしたいと考えていることがわかりました。 同時に、多くの人が現在のオープンプランの環境をうるさく感じていることもわかりました。多くのチームから、座る場所をもっと自由に決めたい、他のチームと混ざって座れるようにしたいという強い要望がありました。また、この調査では、現場や他のオフィスで働く多くのスタッフのための設備が必要であることも明らかになりました。そのため、訪問先でも手間をかけずに仕事ができ、同僚とコラボレーションできるスペースが必要だったのです。 この情報をもとに、私たちはさまざまなタイプのワークスペースのコンセプトをデザインし、3Dコンピューターによるウォークスルー(下図)を作成し、CAEの新本社でさまざまなタイプのワークスペースがどのように組み合わされるかを実際に確認しました。CAEのプロジェクトチームと密接に協力し、彼らにとって本当に必要なスペースを開発し、提供することができました。 CAEファミリーのための家最終的に、CAEというブランドとCAEという家を際立たせるショーケースが完成しました。来訪者は1階と2階をつなぐ光あふれる吹き抜けのあるオープンな受付に足を踏み入れます。むき出しのダクトと格子窓がモダンなインダストリアルの雰囲気を醸し出し、植栽と淡い木材の色調で柔らかな印象を与えています。 このエリアの中心には、美しい段差のある座席が設置されています。CAEの中心であるこのスペースは、非公式の「タウンホール」ミーティングやレセプション、CAEチーム全体が集まる大規模なイベントに最適です。それ以外の時間は、夏の暖かい日に街頭演説をするように、静かにコーヒーを飲んだり、電話で話したり、職場の友人と話をしたりするために、スタッフがこのエリアを利用しています。 横にはゆったりとした座席のコーヒーバー、奥にはバースタイルのゲームルームがあり、スタッフ同士の交流の場として利用されています。 階段エリア カフェスペース 階段エリア 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース オープンスペース オープンスペース ワークスペース https://youtu.be/SE3KT6atvqM [ad_block id="1975"]

  • 【Thungela のオフィスデザイン】- 南アフリカ, ヨハネスブルグの階段エリア

    【Thungela のオフィスデザイン】オレンジの階段を中心インダストリアルな空間- 南アフリカ, ヨハネスブルグ

    [ad_block id="884"] Trend Groupは南アフリカのヨハネスブルグにある石炭輸出会社Thungelaのオフィスデザインを担当しました。 1階から最上階へと濃いオレンジ色のジグザグ状の階段は、まるで鉱山の坑道のようにそびえ立っています。手すりはアンダーライトで照らされ、金網で囲まれた中央のアトリウムの向こう側へ、燃え盛るような光を放っています。ズールー語で「火をつける」という意味を持つこの階段は、エントランスに炎を灯します。しかし、それだけでは終わりません。設計とプロジェクト実施のリーディングカンパニーであるTrend Groupは、Thungelaとそのスタッフのために特別なワークプレイスを提供することで、それを確かなものにしています。 クライアントは、ハイブリッドワークやコワーキングを可能にする、柔軟なパラメーターが設定された環境を求めていました。Trendは、オープンプランのレイアウトとデスク構成、そして鉱業のバックグラウンドと調和するインダストリアルなルック&フィールを作り上げました。 このスペースは、様々なワークスタイルの組み合わせに対応し、常に「呼吸する空間」を提供することができます。例えば、1つのフロアだけでなく、ビル全体にコンセプトを浸透させることができたことは、Trendのチームにとって非常に満足のいく経験でした。Thungelaのユニークなブランド・アイデンティティのショーケースとして、ワークプレイス戦略と最適なデザインとの調和を図っています。 Trendは7ヶ月でインテリアデザインを完成させ、Thungelaは200人以上のスタッフ全員がオフィスに戻った後、完全に収容できるようになりました。1階はミーティングルーム、ホットデスクオフィススペース、コーヒーステーションで占められています。1階と2階は、チームやマネージャーが利用するホットデスクやクローズドオフィスがあり、3階は、ほとんどオフィスにいないエグゼクティブスタッフが利用する。黄色に緑と朱色のテラコッタをアクセントにした会社のカラースキームは、クライアントとの対面エリア、コラボレーションやインタラクティブなワークスペース、休憩やダウンタイムゾーンに巧みに統合されています。 各階をつなぐ中央のアトリウム階段は、もうひとつのデザイン要素に通じています。最上階には片持ち梁のボードルームがあり、このスペースの「話題の的」となっています。 当初、最上階にはメッシュの通路があり、その上に木材が置かれていました。しかし、クライアントからミーティングルームの設計を依頼されると、その通路を切り離し、ガラスと補強材を多用した片持ち構造で、ミーティングルームを作り上げました。会議室のはずが、役員室になるほどの印象的な空間に生まれ変わりました。 暖色系と寒色系を巧みに組み合わせ、パンチの効いたカラーハイライトで主要な部分を区別しています。ウッドパネルとコンクリート打ちっぱなしの組み合わせは、バランスが難しいにもかかわらず、驚くほどまとまりのあるデザインに仕上がっています。このインダストリアルスタイルの建物には、クールな色調の中に温かみがあり、その場所にふさわしい厳選された家具がそれを引き立てています。 トレンドでは、家具は必ず現地で調達することになっており、クライアントが特に輸入を希望しない限りは、現地調達が主流です。タンゲーラの場合、以前からある家具を一部使用しましたが、ソフトシーティング、エグゼクティブデスク、レセプションのセンターピースはすべて現地で製造されました。 受付/エントランススペース カフェスペース カフェスペース カフェスペース 階段エリア [ad_block id="1975"] 階段エリア 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペース エグゼクティブルーム https://youtu.be/FvOnX81iJsk [ad_block id="1970"]

  • Amazon BLINKのオフィス – インド, ニューデリーの受付/エントランススペース

    【Amazon BLINKのオフィスデザイン】モダンデザインとインドの伝統をブレンドしたファッショナブルなオフィス – インド, ニューデリー

    [ad_block id="884"] Ultraconfidentiel Designは、インドのニューデリーにあるAmazon BLINKのファッションスタジオをデザインしました。 Amazon BLINK - Fashion Studioは非常にユニークなプロジェクトで、ニューヨークとロンドンを拠点としていた私たちに、インドで初めてのAmazon Fashion Studioを構想する機会を与えてくれました。 BLINKスタジオは、ファッションデザイナーの創造性と世代間の交流を促進するように設計されており、オープンスペースとコラボレーションエリアがそのエネルギーを十分に高めています。 モダンなデザインとインドの伝統の微妙なブレンドがこのスタジオに宿り、その独自性を与えています。ファッションだけでなく、インドのエッセンスを表現するために、Ultraconfidentielのデザインチームが考えたディテールが随所に散りばめられています。 例えば、電話ボックスは、地域によって異なるファブリックを使用しながらも、インドの文化的多様性を表現することにしました。また、ムガール帝国のジャアリスを現代風にアレンジしたものや、インド亜大陸の建築に使われる砂岩をイメージした褪せた赤色のマイクロコンクリートフローリングも採用しました。 デザインへの期待は大きい。このプロジェクトは、その性質上、また私たちにとってファッションスタジオでの初めての仕事であったこともあり、チャレンジングなものでした。技術的な側面も多く、プロジェクトはより魅力的なものになりました。 このスタジオは、グルガオンのVipul Agoraにあり、44,000平方フィートの敷地に14のオンボディベイ、商品調整エリア、制作室、編集室、広いオフィススペース、オペレーションエリアなどを備えています。また、大規模な集会や企業ミーティングにも対応できるように、敷地内には折り畳み式のスペースがあります。 素朴でインダストリアルな外観に、インドのファッション、テキスタイル、エレメントをさりげなく取り入れ、ファッションの個性を完成させ、独自のスタイルを作り上げています。 受付/エントランススペース 受付/エントランススペース ロゴ オープンスペース 廊下 廊下 [ad_block id="1975"] カフェスペース ファミレス席 廊下 スタジオ スタジオ スタジオ [ad_block id="1975"] ワークスペース 廊下 オープンスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 壁面 お手洗い [ad_block id="1975"] 廊下 https://youtu.be/JH_sNQds20M [ad_block id="1970"]

  • Motionalのオフィス – シンガポールの受付/エントランススペース

    Motionalのインダストリアルでありながらモダンなオフィス – シンガポール

    [ad_block id="884"] Motional社のデータサイエンティストやシステムエンジニアのチームをサポートするため、シンガポールオフィスでは柔軟で相互接続性のあるスペースを導入し、高いパフォーマンスを発揮できる職場環境を確保しました。 グラファイトスタジオは、シンガポールのMotional社のオフィスにおいて、インダストリアルでありながらモダンな空間をデザインしました。 Motionalは、現代自動車とAptivのパートナーシップによる自動運転車の開発で、2016年から市内のテックハブ地区の道路(Buona Vista)でテスト走行が行われています。 データサイエンティストとシステムエンジニアの会社であるため、日々の仕事の多くは、集中力、問題解決、アドホックなコラボレーション、他拠点とのビデオ通話が必要です。 もちろん彼らの仕事活動をサポートするパフォーマンスの高い環境を作ることがプロジェクトの基本ですが、この若い会社にとってはそれと同じくらい、チームのアイデンティティ、文化、グループの絆が育つような空間をデザインすることも重要です。 グラファイトスタジオは、集中ワーク、即興的な問題解決、デジタル接続、ソーシャルボンディングができるような、柔軟でつながりのある環境をデザインしました。フロアレイアウトは、空間全体に動きと流れが感じられるように設計され、デザインは建築的なフォルムとラインを強調し、シンプルで生々しいマテリアルパレットが使用されています。 カフェのソーシャルスペースは、大小様々なグループの集まりのためにデザインされており、都市をまたぐタウンホールのビデオ会議や小規模なチームランチなど、社員がそれぞれのニーズに合わせてレイアウトを簡単に設定できるようになっています。 フロアの入り口には、アーティストSi Xuan Chokによるカスタムメイドのアートワークが設置され、アーティストのレンズを通してMotionalの仕事を説明することで、デザインストーリーの重要な一翼を担っています。 受付/エントランススペース 会議/エントランススペース 会議/エントランススペース 会議/エントランススペース 廊下 廊下 廊下 オープンスペース ファミレス席 [ad_block id="1975"] カフェスペース ワークスペース オープンスペース ワークスペース オープンスペース オープンスペース https://youtu.be/O5bdxAubmdI [ad_block id="1970"]

  • OXO(オクソー) International のオフィス – ニューヨーク州, ニューヨークのカフェスペース

    OXO(オクソー) International の天然木とスチールのインダストリアルなオフィス – ニューヨーク州, ニューヨーク

    ニューヨークのOXOインターナショナル・オフィスは、誠実な素材とシンプルで思慮深いデザインを大切にするアメリカのメーカーであることを細部に至るまで反映しています。 [ad_block id="1877"] Ampersand ArchitectureはニューヨークにOXOの新しいオフィスをデザインしました。 受賞歴のあるプロダクトデザイナーのための空間づくりにおいて、ディテールが重要であると考えていました。そのため、OXOとHydro Flaskは誠実な素材とシンプルで思慮深いデザインに価値を置いているメーカーであることをスペースに反映させたいと考えていました。天然木、冷間圧延スチール、フェルトのパレットが、コンクリートの床とインダストリアルロフトの雰囲気を引き立てています。エンジニアードウッドフローリングは、オフィス全体に流線形の暖かさを伝える壁の仕上げとして生まれ変わりました。その途中には、OXOのツールがすべての人の手のために作られていることを象徴する拾った手袋のコレクション、何百ものネジでできたロゴ、象徴的な製品をディスプレイするための棚を備えた巨大なペグボードなど、サイトスペシフィックなインスタレーションの背景として機能しています。 日常をより良くするために思いがけない方法を見つける、というOXOの伝統からヒントを得て、サンプルやプロトタイプの運搬・保管の必要性に着目し、会社のワークフローを再構築することに協力しました。MASH Studiosと共同でデザインした特注家具には、調整可能なデスクやモバイルカートが組み込まれ、OXOnian一人ひとりが究極のフレキシビリティを発揮できるよう配慮されています。 大小さまざまなサイズのミーティングルーム、一時的に空間を仕切る可動式のパーティション、ミーティングポッドに分割できる「ウォータータワー」など、変更可能なコラボレーションのためのスペースが用意されています。また、3つのキッチンは、カジュアルなランチ、ワークセッション、タウンホール、パーティー、写真撮影、製品テストなど、あらゆる用途に対応できるよう設計されています。 エントランススペース オープンスペース ロゴ 廊下 ファミレス席 カフェスペース 集中スペース 廊下 [ad_block id="884"] ファミレス席 ワークスペース ワークスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース キッチンスペース https://youtu.be/BsVRFpDPTlg [ad_block id="1880"]

  • 【Bedeのオフィスデザイン】-ブルガリア, ソフィアの受付/エントランススペース

    【bedeのオフィスデザイン】個性とインダストリアルの調和したオフィス-ブルガリア, ソフィア

    MoVe Architectsは、ブルガリアのソフィアにある Bede のオフィスのために、ブランドアイデンティティを活かした楽しくて機能的な空間を作りました。 [ad_block id="884"] bede Gamingは、イギリスのニューカッスル・アポン・タインに本社を置き、イギリスのロンドンとブルガリアのソフィアにオフィスを持つ、ギャンブルプラットフォームとソフトウェアの会社です。 今年4月、bedeのソフィアチームは新オフィスに移転しました。これで、ブルガリアチームが集まって、ちょっとおしゃれな環境で共同作業ができるようになりました!」と、喜びと誇りを語っています。 700m2の新オフィスは、ソフィアの最新オフィスビル「NVタワー」の13階にあります。オフィスのインテリアは、モダンとインダストリアルスタイルが美しく調和し、コーポレートカラーパレットのアクセントカラーが柔らかな印象を与えています。会社のアイデンティティは、チームの個性とともに、オフィスデザイン全体を通して見ることができます。 オフィスは、オープンスペースのワークエリア、大小のミーティングルーム、ボードルーム、リラックススペースで構成されています。オフィス内の各スペースは、特別でユニークなデザインになっています。スペースからスペースへ移動する際には、ソフトな移行があり、すべてのスタイルがひとつになったとき、bedeの新しく改善された外観が形成されます。 オープンスペースには、標準的なベンチデスクや高さ調節可能なデスクを備えたワークエリア、リラックスできる専用のスモールゾーン、共同作業のための代替スペース、電話ボックスが配置されています。オープンスペース内のこれらの異なるエリアは、メイン廊下に沿って設けられた50mの書き込み可能なブランディングウォールによって、巧みに連結されています。 木、金属、レンガはオフィス全体に使われている主な素材で、植えられた自然植物とともに、この空間の全体的な雰囲気に寄与しています。bede'sのオフィスは、インダストリアル、モダン、アーバンスタイルのバランスがとれており、「家」のような温かみのある雰囲気になっています。 オフィスの各要素は、会社の文化とアイデンティティを統合するだけでなく、チームのユニークなキャラクターからインスピレーションを得て、それを際立たせています。各ミーティングルームは工業用コンテナのようなデザインで、忍者タートルのパトロンがいます。壁に描かれた落書きによって都市文化が露呈され、昔ながらのアートフォームによって支えられています。 メインのリラックスエリアは多機能で、キッチン、バーエリア、ボードゲームエリア、ミュージックコーナー、ブリッジテーブル、ダーツなどのサブゾーンで構成されています。レンガの壁と吊り下げられた植栽のある金属メッシュがアクセントとなり、特別で居心地の良い、素晴らしい空間になっています。 受付/エントランススペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] ワークスペース カフェスペース カフェスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペース

  • 【Doctor Anywhereのオフィスデザイン】- シンガポールの受付/エントランススペース

    【Doctor Anywhereのオフィスデザイン】インダストリアルシックなオフィス- シンガポール

    ヘルスケア企業のDoctor Anywhere は、シンガポールの新しいオフィスのデザインを、建築・インテリアデザイン会社のConexusに依頼した。 [ad_block id="884"] 「インダストリアル・シックなインテリアデザインは、未加工の素材とむき出しのダクトを利用し、オフィスに硬質な感覚を与えると同時に、毎日そこで行われる革新的な仕事のための真っ白なキャンバスを提供しています。この生と洗練の並置と、遮るもののない海と街の景色が、DAのオフィスをユニークなものにしており、紛れもなくインスピレーションを与えています。 テクノロジー主導のヘルスケア企業、Doctor Anywhere (DA) は、成長するチームに適した革新的なハイブリッドワークプレイス戦略を導入するため、Conexus Studioにシンガポール本社の設計と建築を依頼しました。そのために、社員が生き生きと働ける環境、生産性、創造性、そしてチームメンバー間のコミュニティを、外出先や東南アジアの拠点に関係なく促進させることが重要な優先事項でした。 インダストリアル・シックなインテリアデザインは、未加工の素材やむき出しのダクトを利用することで硬質な感覚を与え、同時に毎日そこで行われる革新的な仕事のための白紙キャンバスを提供しています。この生々しさと洗練された雰囲気の共存、そして遮るもののない海と街の景色が、DAのオフィスをユニークなものにしており、紛れもなくインスピレーションを与えてくれるのです。 社員アンケートでは、在宅勤務(WFH)とオフィスでの物理的なミーティングの両方をバランスよく行うハイブリッドなアプローチを好む人が多かったため、オフィスは機敏でコラボレーティブなワークフォースを促進するようデザインされています。オープンプランのゾーンには、チルアウトコーナーやプライバシーポッドなど多様なタイプのスペースがあり、さまざまなワークスタイルや用途に対応しています。"この特徴は、ワークプレイスをより有機的にし、議論やコラボレーションを容易にすることでしょう。 受付/エントランススペース 受付/エントランススペース カフェスペース カフェスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース オープンスペース 会議/ミーティングスペース オープンスペース ワークスペース https://youtu.be/ksXsLRCOkmY [ad_block id="1970"]

  • 【Darrowのオフィスデザイン】- イスラエル, テルアビブのカフェスペース

    【Darrowのオフィスデザイン】インダストリアルな背景の中に温かみを感じる色使い- イスラエル, テルアビブ

    イスラエルのテルアビブにあるDarrowのオフィスは、インダストリアルな背景の中に温かみを感じさせるデザインになっています。 [ad_block id="884"] Darrowは、人工知能を使って隠れた法律違反を発見し、起訴する会社です。Switch upは、さまざまな色を使った温かみのあるパレットと、魅力的なラウンジ家具を使用し、オフィスの性質にもかかわらず、リラックスできるオフィス環境を作り出しました。 企業の成長を可能にし、文化を育み、リソースと資本の活用を向上させ、より高い人材獲得と維持レベルをサポートし、この法律の業界をリードするスペースマネジメントの恩恵を受ける特別な機会を提供することをビジョンとして掲げました。 最も目立つのは、スペースの中央にあるガラス張りの会議室です。透明な構造をエレガントに再解釈したものが、フロアスペースの中央に堂々と佇んでいます。 ガラス、アルミフレーム、植物、木造床の4つの素材だけで構成されているように見えるデザインは、エレガントな体験を提供します。 ダイクロガラスが持つ遊び心と虹色の性質は、空間に色彩と反射性をもたらし、自然光と電気照明を効果的にかつ静かに融合させることで生命力を与えています。 素材は、自然に生産的な環境をつくるために、環境特性を考慮して選びました。自然採光を高めるために、室内には豊富な植物を配置し、天然ゴムやガラスなどの自然素材も使用しました。 ロビーには、巨大なジャングルが広がっています。たくさんの植物が、自然でリラックスできる環境を演出しています。 正面玄関から離れ、オフィスの北側に位置する共有のスタッフスペースは、社員が気持ちよく通れるように。花、グレー、ソフトオレンジ、ベージュを基調とした空間です。天井から吊るされたたくさんの照明が、このスペースをとても充実した楽しい空間にしています。 内装工事では、各オフィスの透明性に特に注意を払いました。エレメントや家具はほぼすべて同じものを使用しています。換気ダクトやコンセント、サスペンションシステムもそのまま見えています。 キッチンの色調は、グレー、赤、オフホワイトなどの落ち着いた色調で、照明も直感的なものを選んでいます。Darrowのオフィススペースは、最小限の家具と繊細さが特徴で、温かみと快適さを醸し出しています。 Switchupのデザインは、前のフロアのテーマを洗練された形で取り入れています。パーティションはフロアに合わせた特注の大理石で覆われ、温かみのある雰囲気を演出しています。どのオフィス空間でも、タイルや床材が溶け合っています。 このプロジェクトでSwitchupが目指したのは、大きな空間をいかにアレンジして、来訪者が居心地よく、暖かく、くつろげるようにするかということでした。そして、私たちは見事に成功しました。 カフェスペース カフェスペース オープンスペース ワークスペース ワークスペース [ad_block id="1975"] ファミレス席 廊下 会議/ミーティングスペース オープンスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] カフェスペース オープンスペース 廊下 集中スペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1970"]

  • 【Builtのオフィスデザイン】- オーストラリア, シドニーの会議/ミーティングスペース

    【Builtのオフィスデザイン】インダストリアルな美しさとモダンなオフィス- オーストラリア, シドニー

    Builtのシドニーオフィスは、伝統と現代が融合したデザインで、建設と建築の過去、現在、未来を尊重したバランスの良い空間となっています。 [ad_block id="884"] オーストラリア・シドニーのBuiltオフィスをデザインする際、fjmtinteriorsはモダンとインダストリアルとのバランスを取りました。 隣接する2つの歴史的建造物、シェリー倉庫と変電所No.164は、歴史的建造物の壁に新たに開口部を設け、階段を連結することで一体化させました。建物と建物の間の狭くて高い空間は、照明付きのシャフトとして残し、配管を露出させることで、オリジナルのレンガ壁をムーディに演出し、予想外の視覚的なつながりと建物の過去の生活を思い起こさせることになりました。 3層のオープンプランのワークエリアと戦略的に配置されたミーティングルームは、チームのコラボレーションと柔軟性を可能にし、高さいっぱいのグレージングがモダンで、ほとんど透明な空間を作り出しています。建築家fjmtstudioとの密接なコラボレーションにより、建物の遺産であるレンガの壁、木製の天井の下地、露出した配管などの全体的なバランスをとることができました。 建設会社にふさわしいインダストリアルな美しさを取り入れ、伝統を尊重しながらも新しいものを取り入れたデザインになっています。コンクリート、再生木材、オーク材の建具、タンレザー、銅のハイライトといった新しい素材は、Built社のコーポレートカラーをさりげなく表現し、既存の伝統的な素材感を補完しています。 また、ワークエリアにはサーカディアンリズム照明、植物、壁面緑化を取り入れ、「リビングブリージング」と呼ばれるファンによるろ過技術により、室内の空気を積極的に浄化し、従業員のウェルビーイングを高めています。さらに、敷地内のジム、広いスタッフ用休憩室、生物親和的要素、利用者の快適性を高める素材が、健康的で望ましい職場づくりに貢献しています。 受付/エントランススペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 廊下 廊下 階段エリア [ad_block id="1975"] ワークスペース カフェスペース カフェスペース カフェスペース オープンペース ワークスペース [ad_block id="1975"] エグゼクティブルーム 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1970"]

  • 【CAEのオフィスデザイン】– イギリス,ヘメル・ヘムステッドのオープンスペース

    【CAEテクノロジーサービスのオフィスデザイン】データから本当に必要なスペースを導き出したオフィス – イギリス, ヘメル ヘムステッド

    Woodhouse Workspaceは、英国ヘメル・ヘムステッドにあるCAE Technology Servicesの新本社ビルの設計に携わりました。 [ad_block id="884"] 180名の常駐・訪問スタッフのためのオフィススペースであると同時に、クライアントとのミーティングやCAEが得意とする技術のデモンストレーションを行う主要な場所でもありました。 驚きを与えるワークスペースを実現するために、Woodhouseはワークスペース戦略を導入することを勧めました。これは4段階のモデルで、個々の組織に合った最適なワークスペースへのロードマップを提供するものです。その4つのステージとは、戦略、デザイン、デリバリー、評価です。 戦略段階プロセスの最初の段階では、スペースの使用状況に関するデータを収集し、将来的にどのような要件がビジネスのニーズを最もよく満たすかを特定します。Woodhouse では、社員や上級管理職を対象に、現在の使用状況を把握し、ワークプレイスの改善を希望する箇所を評価しました。 また、主要なステークホルダーとのインタビューを実施し、戦略的方向性、現在の課題、予測される課題をさらに理解しました。チームワークショップでは、さまざまなチームの活動、職場での関わり方、将来への希望について情報を収集しました。さらに、現在の勤務形態や今後の働き方について尋ねるオンライン調査も実施しました。 デザインフェーズ初期段階を経て、私たちは将来のワークスペース戦略とプロジェクトプランの開発に着手するのに十分な情報を得ました。調査の結果、スタッフはCAEに強力で前向きな文化があると感じていましたが、仕事や社会的なレベルで異なるチームと協力したり交流したりする機会をもっと増やしたいと考えていることがわかりました。 同時に、多くの人が現在のオープンプランの環境をうるさく感じていることもわかりました。多くのチームから、座る場所をもっと自由に決めたい、他のチームと混ざって座れるようにしたいという強い要望がありました。また、この調査では、現場や他のオフィスで働く多くのスタッフのための設備が必要であることも明らかになりました。そのため、訪問先でも手間をかけずに仕事ができ、同僚とコラボレーションできるスペースが必要だったのです。 この情報をもとに、私たちはさまざまなタイプのワークスペースのコンセプトをデザインし、3Dコンピューターによるウォークスルー(下図)を作成し、CAEの新本社でさまざまなタイプのワークスペースがどのように組み合わされるかを実際に確認しました。CAEのプロジェクトチームと密接に協力し、彼らにとって本当に必要なスペースを開発し、提供することができました。 CAEファミリーのための家最終的に、CAEというブランドとCAEという家を際立たせるショーケースが完成しました。来訪者は1階と2階をつなぐ光あふれる吹き抜けのあるオープンな受付に足を踏み入れます。むき出しのダクトと格子窓がモダンなインダストリアルの雰囲気を醸し出し、植栽と淡い木材の色調で柔らかな印象を与えています。 このエリアの中心には、美しい段差のある座席が設置されています。CAEの中心であるこのスペースは、非公式の「タウンホール」ミーティングやレセプション、CAEチーム全体が集まる大規模なイベントに最適です。それ以外の時間は、夏の暖かい日に街頭演説をするように、静かにコーヒーを飲んだり、電話で話したり、職場の友人と話をしたりするために、スタッフがこのエリアを利用しています。 横にはゆったりとした座席のコーヒーバー、奥にはバースタイルのゲームルームがあり、スタッフ同士の交流の場として利用されています。 階段エリア カフェスペース 階段エリア 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース オープンスペース オープンスペース ワークスペース https://youtu.be/SE3KT6atvqM [ad_block id="1975"]

  • 【Thungela のオフィスデザイン】- 南アフリカ, ヨハネスブルグの階段エリア

    【Thungela のオフィスデザイン】オレンジの階段を中心インダストリアルな空間- 南アフリカ, ヨハネスブルグ

    [ad_block id="884"] Trend Groupは南アフリカのヨハネスブルグにある石炭輸出会社Thungelaのオフィスデザインを担当しました。 1階から最上階へと濃いオレンジ色のジグザグ状の階段は、まるで鉱山の坑道のようにそびえ立っています。手すりはアンダーライトで照らされ、金網で囲まれた中央のアトリウムの向こう側へ、燃え盛るような光を放っています。ズールー語で「火をつける」という意味を持つこの階段は、エントランスに炎を灯します。しかし、それだけでは終わりません。設計とプロジェクト実施のリーディングカンパニーであるTrend Groupは、Thungelaとそのスタッフのために特別なワークプレイスを提供することで、それを確かなものにしています。 クライアントは、ハイブリッドワークやコワーキングを可能にする、柔軟なパラメーターが設定された環境を求めていました。Trendは、オープンプランのレイアウトとデスク構成、そして鉱業のバックグラウンドと調和するインダストリアルなルック&フィールを作り上げました。 このスペースは、様々なワークスタイルの組み合わせに対応し、常に「呼吸する空間」を提供することができます。例えば、1つのフロアだけでなく、ビル全体にコンセプトを浸透させることができたことは、Trendのチームにとって非常に満足のいく経験でした。Thungelaのユニークなブランド・アイデンティティのショーケースとして、ワークプレイス戦略と最適なデザインとの調和を図っています。 Trendは7ヶ月でインテリアデザインを完成させ、Thungelaは200人以上のスタッフ全員がオフィスに戻った後、完全に収容できるようになりました。1階はミーティングルーム、ホットデスクオフィススペース、コーヒーステーションで占められています。1階と2階は、チームやマネージャーが利用するホットデスクやクローズドオフィスがあり、3階は、ほとんどオフィスにいないエグゼクティブスタッフが利用する。黄色に緑と朱色のテラコッタをアクセントにした会社のカラースキームは、クライアントとの対面エリア、コラボレーションやインタラクティブなワークスペース、休憩やダウンタイムゾーンに巧みに統合されています。 各階をつなぐ中央のアトリウム階段は、もうひとつのデザイン要素に通じています。最上階には片持ち梁のボードルームがあり、このスペースの「話題の的」となっています。 当初、最上階にはメッシュの通路があり、その上に木材が置かれていました。しかし、クライアントからミーティングルームの設計を依頼されると、その通路を切り離し、ガラスと補強材を多用した片持ち構造で、ミーティングルームを作り上げました。会議室のはずが、役員室になるほどの印象的な空間に生まれ変わりました。 暖色系と寒色系を巧みに組み合わせ、パンチの効いたカラーハイライトで主要な部分を区別しています。ウッドパネルとコンクリート打ちっぱなしの組み合わせは、バランスが難しいにもかかわらず、驚くほどまとまりのあるデザインに仕上がっています。このインダストリアルスタイルの建物には、クールな色調の中に温かみがあり、その場所にふさわしい厳選された家具がそれを引き立てています。 トレンドでは、家具は必ず現地で調達することになっており、クライアントが特に輸入を希望しない限りは、現地調達が主流です。タンゲーラの場合、以前からある家具を一部使用しましたが、ソフトシーティング、エグゼクティブデスク、レセプションのセンターピースはすべて現地で製造されました。 受付/エントランススペース カフェスペース カフェスペース カフェスペース 階段エリア [ad_block id="1975"] 階段エリア 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペース エグゼクティブルーム https://youtu.be/FvOnX81iJsk [ad_block id="1970"]

  • Amazon BLINKのオフィス – インド, ニューデリーの受付/エントランススペース

    【Amazon BLINKのオフィスデザイン】モダンデザインとインドの伝統をブレンドしたファッショナブルなオフィス – インド, ニューデリー

    [ad_block id="884"] Ultraconfidentiel Designは、インドのニューデリーにあるAmazon BLINKのファッションスタジオをデザインしました。 Amazon BLINK - Fashion Studioは非常にユニークなプロジェクトで、ニューヨークとロンドンを拠点としていた私たちに、インドで初めてのAmazon Fashion Studioを構想する機会を与えてくれました。 BLINKスタジオは、ファッションデザイナーの創造性と世代間の交流を促進するように設計されており、オープンスペースとコラボレーションエリアがそのエネルギーを十分に高めています。 モダンなデザインとインドの伝統の微妙なブレンドがこのスタジオに宿り、その独自性を与えています。ファッションだけでなく、インドのエッセンスを表現するために、Ultraconfidentielのデザインチームが考えたディテールが随所に散りばめられています。 例えば、電話ボックスは、地域によって異なるファブリックを使用しながらも、インドの文化的多様性を表現することにしました。また、ムガール帝国のジャアリスを現代風にアレンジしたものや、インド亜大陸の建築に使われる砂岩をイメージした褪せた赤色のマイクロコンクリートフローリングも採用しました。 デザインへの期待は大きい。このプロジェクトは、その性質上、また私たちにとってファッションスタジオでの初めての仕事であったこともあり、チャレンジングなものでした。技術的な側面も多く、プロジェクトはより魅力的なものになりました。 このスタジオは、グルガオンのVipul Agoraにあり、44,000平方フィートの敷地に14のオンボディベイ、商品調整エリア、制作室、編集室、広いオフィススペース、オペレーションエリアなどを備えています。また、大規模な集会や企業ミーティングにも対応できるように、敷地内には折り畳み式のスペースがあります。 素朴でインダストリアルな外観に、インドのファッション、テキスタイル、エレメントをさりげなく取り入れ、ファッションの個性を完成させ、独自のスタイルを作り上げています。 受付/エントランススペース 受付/エントランススペース ロゴ オープンスペース 廊下 廊下 [ad_block id="1975"] カフェスペース ファミレス席 廊下 スタジオ スタジオ スタジオ [ad_block id="1975"] ワークスペース 廊下 オープンスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 壁面 お手洗い [ad_block id="1975"] 廊下 https://youtu.be/JH_sNQds20M [ad_block id="1970"]

  • Motionalのオフィス – シンガポールの受付/エントランススペース

    Motionalのインダストリアルでありながらモダンなオフィス – シンガポール

    [ad_block id="884"] Motional社のデータサイエンティストやシステムエンジニアのチームをサポートするため、シンガポールオフィスでは柔軟で相互接続性のあるスペースを導入し、高いパフォーマンスを発揮できる職場環境を確保しました。 グラファイトスタジオは、シンガポールのMotional社のオフィスにおいて、インダストリアルでありながらモダンな空間をデザインしました。 Motionalは、現代自動車とAptivのパートナーシップによる自動運転車の開発で、2016年から市内のテックハブ地区の道路(Buona Vista)でテスト走行が行われています。 データサイエンティストとシステムエンジニアの会社であるため、日々の仕事の多くは、集中力、問題解決、アドホックなコラボレーション、他拠点とのビデオ通話が必要です。 もちろん彼らの仕事活動をサポートするパフォーマンスの高い環境を作ることがプロジェクトの基本ですが、この若い会社にとってはそれと同じくらい、チームのアイデンティティ、文化、グループの絆が育つような空間をデザインすることも重要です。 グラファイトスタジオは、集中ワーク、即興的な問題解決、デジタル接続、ソーシャルボンディングができるような、柔軟でつながりのある環境をデザインしました。フロアレイアウトは、空間全体に動きと流れが感じられるように設計され、デザインは建築的なフォルムとラインを強調し、シンプルで生々しいマテリアルパレットが使用されています。 カフェのソーシャルスペースは、大小様々なグループの集まりのためにデザインされており、都市をまたぐタウンホールのビデオ会議や小規模なチームランチなど、社員がそれぞれのニーズに合わせてレイアウトを簡単に設定できるようになっています。 フロアの入り口には、アーティストSi Xuan Chokによるカスタムメイドのアートワークが設置され、アーティストのレンズを通してMotionalの仕事を説明することで、デザインストーリーの重要な一翼を担っています。 受付/エントランススペース 会議/エントランススペース 会議/エントランススペース 会議/エントランススペース 廊下 廊下 廊下 オープンスペース ファミレス席 [ad_block id="1975"] カフェスペース ワークスペース オープンスペース ワークスペース オープンスペース オープンスペース https://youtu.be/O5bdxAubmdI [ad_block id="1970"]

  • OXO(オクソー) International のオフィス – ニューヨーク州, ニューヨークのカフェスペース

    OXO(オクソー) International の天然木とスチールのインダストリアルなオフィス – ニューヨーク州, ニューヨーク

    ニューヨークのOXOインターナショナル・オフィスは、誠実な素材とシンプルで思慮深いデザインを大切にするアメリカのメーカーであることを細部に至るまで反映しています。 [ad_block id="1877"] Ampersand ArchitectureはニューヨークにOXOの新しいオフィスをデザインしました。 受賞歴のあるプロダクトデザイナーのための空間づくりにおいて、ディテールが重要であると考えていました。そのため、OXOとHydro Flaskは誠実な素材とシンプルで思慮深いデザインに価値を置いているメーカーであることをスペースに反映させたいと考えていました。天然木、冷間圧延スチール、フェルトのパレットが、コンクリートの床とインダストリアルロフトの雰囲気を引き立てています。エンジニアードウッドフローリングは、オフィス全体に流線形の暖かさを伝える壁の仕上げとして生まれ変わりました。その途中には、OXOのツールがすべての人の手のために作られていることを象徴する拾った手袋のコレクション、何百ものネジでできたロゴ、象徴的な製品をディスプレイするための棚を備えた巨大なペグボードなど、サイトスペシフィックなインスタレーションの背景として機能しています。 日常をより良くするために思いがけない方法を見つける、というOXOの伝統からヒントを得て、サンプルやプロトタイプの運搬・保管の必要性に着目し、会社のワークフローを再構築することに協力しました。MASH Studiosと共同でデザインした特注家具には、調整可能なデスクやモバイルカートが組み込まれ、OXOnian一人ひとりが究極のフレキシビリティを発揮できるよう配慮されています。 大小さまざまなサイズのミーティングルーム、一時的に空間を仕切る可動式のパーティション、ミーティングポッドに分割できる「ウォータータワー」など、変更可能なコラボレーションのためのスペースが用意されています。また、3つのキッチンは、カジュアルなランチ、ワークセッション、タウンホール、パーティー、写真撮影、製品テストなど、あらゆる用途に対応できるよう設計されています。 エントランススペース オープンスペース ロゴ 廊下 ファミレス席 カフェスペース 集中スペース 廊下 [ad_block id="884"] ファミレス席 ワークスペース ワークスペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース キッチンスペース https://youtu.be/BsVRFpDPTlg [ad_block id="1880"]