【Booking.comのオフィス】 すべての従業員の家を目指したオフィス- オランダ,アムステルダム

contents section

【Booking.comのオフィス】- オランダ,アムステルダム

アムステルダムにオープンした大手旅行プラットフォーム、Booking.com。複数のインテリア・アーキテクチャとデザイン会社のユニークなコラボレーションにより、6,500人以上の従業員が働く包括的なワークプレイスが誕生しました。

Booking.comの新しいオフィス環境は多様なスペースを提供しています。リードインテリアアーキテクトとして、HofmanDujardinは65,000m²のキャンパスビルのインテリアマスタープランをデザインし、ビル自体は建築家のUNStudioによって設計されました。この本社ビルには、国際的なデザイン事務所であるLinehouse Design、i29、Studio Modijefsky、CBRE Design、UNStudio、HofmanDujardin、Powerplant、Mijksenaar、MOSS、Scholten & Baijings、Studio Rublekの作品が結集されています。彼らはともに、従業員や訪問者が出会い、協力し、生活し、働き、遊ぶ、刺激的な環境を作り上げました。

以前はアムステルダムの数カ所に分散していたBooking.comは、100カ国以上の国籍の従業員によって運営されているグローバル企業です。インテリア・マスタープランは、「ブッキング・ホーム」というコンセプトのもとにデザインされ、すべての従業員のための家を作ることを目指しています。世界中のどんな場所、どんな旅行先も、誰かの家。ホームに対する考え方は人それぞれ異なるため、ホフマン・デュジャルダンは多様性を受け入れるためのマスタープランを開発しました。この計画では、独自のテーマを持ついくつかのエリアについて、一連の原則とムードボードを定めました。さまざまなエリアのデザイナーが招待され、これらの原則に基づきつつ、そのエリアに独自のデザインスタンプを押しました。さらに、キャンパス全体の緑化、照明、案内表示、グラフィック、カーペット、飲食を担当する専門レイヤーデザイナーも選ばれました。

キャンパスの旅はメインエントランスから始まる。メインエントランスの壁にはデジタル映像が映し出され、水の流れや風に揺れる木の葉など、旅のムードがスローモーションで表現されている。また、らせん階段や植物の緑の回廊から、光あふれる上階への眺望も楽しめる。エントランスの全てが「私たちと一緒に世界を探検しませんか?」と問いかけています。このルートは、1階のミーティング・ポイント、リクルート、リサーチ、ラーニング・センターへと続き、2階の中央アトリウムへと流れている。この明るく活気のある連結スペースは、すべての上層オフィスフロアと物理的・視覚的な関係を提供しています。

レストランでは、2階のマーケット(広々としたヨーロッパのマーケットホールにいるような感覚を味わえるデザイン)、5階のファイブ・アイランド(5つのゾーンをつなげたようなデザインだが、それぞれテーマが異なる「島」)、そして9階のハイ・ガーデン(緑豊かなルーフガーデンとアムステルダムのパノラマビューが楽しめる)を楽しむことができます。駐車場と駐輪場も、旅の素晴らしさを反映したデザインになっています。前者は南極の氷床を連想させ、後者には色が変化する大きな「太陽」ライトが設置されており、毎朝自転車に乗る従業員たちに嬉しい驚きを与えています。

館内には、それぞれの場所をテーマにした28の「マイクロ・ホリデー・デスティネーション」休憩スペースがあります。ニューヨークやリオデジャネイロを散策したり、ギリシャの島々でくつろいだり、アマゾンを訪れたりできます。より広いコネクタースペースとともに、コンピュータースクリーンから離れ、共同作業をしたり、頭をリセットしたり、創造性と生産性を高めるのに役立ちます。世界各地から集められた従業員の写真や記念品は、旅の思い出をより深くし、ビルとの関わりをより深めてくれます。

グリーンなキャンパスは人と場所をつなぐよう設計され、活気あるインクルーシブ・コミュニティを目指し、多様性に富んだスペースを提供する目的地となっています。豊かな植物に囲まれ、BREEAMエクセレント認証を受けたこのオフィスは、サステナビリティのフロントランナーともなっています。Booking.comにとって素晴らしい労働環境を提供し、アムステルダムの中心部に新たなる家となっています。

related post

関連記事

  • 【NOVAHのオフィスデザイン】- 中国, 上海のオープンスペース

    【NOVAHのオフィスデザイン】人と環境

    ゲンスラーは、中国・上海にある家具会社の製品を展示するNOVAHのショールームとオフィスを完成させた。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); NOVAH上海の展示場は、設計当初からWELL認証の基準で建設されました。細部に至るまで、人への配慮が感じられます。空気、光、音など、鉄筋コンクリートに囲

  • Save the Children(セーブザチルドレン)のオフィス - イギリス, ロンドンのオープンスペース

    Save the Children(セー

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 非営利団体Save the Childrenは先日、イギリス・ロンドンにある新しいオフィスのデザインをインテリアデザインスタジオ「エコースペース」に依頼しました。 Save the Children Internationalは、より良い教育、経済的な機会、

  • 【Arupのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのエントランススペース

    【Arupのオフィスデザイン】テーマは「

    エンジニアリング会社のArupはこのほど、ポーランド・ワルシャワの新オフィスの設計をワークプレイスデザイン会社のWorkplaceに依頼しました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); このプロジェクトの目的は、持続可能性以上に、「再生」でした。このプロジェクトは学際的で、さまざまな分野の専門家

  • 【Aykaç İnşaatのオフィスデザイン】- トルコ, イスタンブールのエントランススペース

    【Aykaç İnşaatのオフィスデザ

    トルコ・イスタンブールにあるAykaç İnşaatのオフィスを、Bakırküre Architectsがオープンスペースとダイナミックな家具を使ってデザインしました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); イスタンブール、ボモンティの広場にある金融コンサルタント・建設会社Aykaç İnşa

  • 【Betterのオフィスデザイン】- スロベニア, リュブリャナの受付/エントランススペース

    【Betterのオフィスデザイン】自然溢

    建築・インテリアデザイン事務所のKrageljは、スロベニアのリュブリャナにあるソフトウエア会社Betterの新しいオフィスデザインを最近完成させました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); オフィスや職場のデザインに組織の価値を組み込むことについては、これまでにも多くのことが語られてきました

  • 【Workdayのオフィスデザイン】- 東京, 六本木の受付/エントランススペース

    【Workday (ワークデイ)のオフィ

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 企業向けクラウド型財務・人事アプリケーションプロバイダ大手のWorkdayの日本法人「ワークデイ株式会社」は、従業員のコミュニケーション活性化とエンゲージメントのさらなる向上のため東京本社オフィスを六本木ヒルズ森タワーへ移転しました。 新しいオフィス