Category

2023年

  • 【BDOのオフィスデザイン】- イスラエル, レホボトのオープンスペース

    【BDOのオフィスデザイン】事業内容から着想を得たデザイン- イスラエル, レホボト

    Setter Architectsは、イスラエルのレホボトにあるBDOのサイバー関連会社のために、流動的でで機能的なオフィスをデザインしました。 [ad_block id="884"] BDO ISRAELは、イスラエルで5本の指に入る会計・コンサルティング会社です。BDOはレホボトのOgen Buildingに新しい支店の場所を選びました。 クライアントは、サイバーを扱うBDOの子会社で、デザインコンセプトは同社の事業内容から着想を得ました。エントランス空間では、最初のステージである「アイアデンティファイ」を表現し、天井のチェーンのエレメントが情報のフィルタリングのレイヤーを表現しています。エントランス・スペースから、顧客はさらに4つのステージを通過します。2つ目のステージ「プロテクト」では、顧客が通過する木製のゲートが守りのレイヤーを再現し、部屋から現れるエレメントがゲートを支え、部署の活動を再現しています、 そこから様々なエレメントが天井や間仕切りの「レスポンド」チームを通り抜け、部署の活動をシミュレートする動きを作り出し、最後に顧客は「リカバー」段階であるカフェテリアに導かれ、緑の肺を再現するエレメントが空間の上に吊るされています。 フロアの一部はハイブリッド・ワークスペースとなっており、インターネット・システムを通じて、さまざまな規格の部屋やスタンドを利用することができる。 梁や柱はむき出しのまま、ガラスパーティションはコールテン調の色合いで塗装され、スペース・スタイル・エリアのために特別にデザインされたセパレーション・パーティションには、利用者を部分的に隠すネットや植物が使われ、コアに隣接する部屋にはむき出しのコンクリートが使われています。スタッフルームの床は寄木張りで、インフォーマルな会議室は暖かみのあるアースカラーのカーペット敷きとなっています。 受付エントランススペース 受付エントランススペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] カフェスペース ワークスペース ワークスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1970"]

  • 【DIORショールームとオフィスのデザイン】- イスラエル, テルアビブのオープンスペース

    【DIORショールームとオフィスのデザイン】エレガンスを体現するラグジュアリー空間- イスラエル, テルアビブ

    KOT ARCHITECTSは、イスラエルのテルアビブにあるDIORのオフィスのために、洗練されたミニマルな空間を完成させました。 [ad_block id="884"] KOT ARCHITECTSは、テルアビブのYitzhak Sade通りにある有名な世界的ファッションブランド、Diorのショールームとオフィスの計画と設計を終えました。課題は、17階にある250平方メートルの未完成スペースを、ディオールブランドの洗練を反映したモダンでエレガントな環境に変えることでした。 私たちのスタジオは、オープンな「L字型」の空間を、ディオール・ブランドの価値とエレガンスを体現するラグジュアリーで機能的なショールームへと巧みに変貌させました。 ショールームスペースは、レクチャー、トレーニングセッション、映画鑑賞、あるいはくつろぎの場として、快適な座席オプションで多目的に利用できるように設計されています。中央の円形ダイニングエリアは、ショールームスペースとオフィスの両方を兼ねており、湖の中央に投げ込まれた石と、その結果として広がる波紋からインスピレーションを得た親しみやすいプランデザインとなっています。 洗練された素材とニュートラルな色調を用いることで、細部にまでこだわった結果、実用性と視覚的な魅力を併せ持つ見事な環境が実現しました。このプロジェクトで使用された素材は、白いトラバーチン石、磨き上げられた白い大理石、生のコンクリート、天然のバーチ材など。このプロジェクトのカラーパレットは、オフホワイト、ピュアホワイト、ベージュ、真鍮を含むニュートラルな色調で、明るい木材がアクセントになっています。 刻々と変化する都会の風景は、ブランドの限定イベントのダイナミックな背景となり、生々しく荒々しい都会の環境は、使用されている様々な素材のコントラストを増幅させ、展示スペース内の心地よい雰囲気を際立たせています。 オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース ワークスペース ワークスペース 間取り図 https://youtu.be/fUBBY0XRF6s [ad_block id="1970"]

  • 【Münchener Vereinのオフィスデザイン】- ドイツ, ミュンヘンのカフェスペース

    【Münchener Vereinのオフィスデザイン】ブルーを基調とした職人技が光る空間- ドイツ, ミュンヘン

    KINZOは、ドイツのミュンヘンにある保険会社Münchener Vereinのモダンなオフィスをデザインしました。 [ad_block id="884"] Münchener Vereinは、シュトゥットガルトを拠点とする建築家SCOPEの設計に基づき、モダンなオフィスビルを建設しました: ルードヴィヒス・フォルシュタット(Ludwigs Vorstadt)に "das max " 保険グループMünchener Vereinの約800人の従業員のうち3分の1にとって、2023年春に8階建てのmaxの低層4階に入居して以来、新しい時代が幕を開けました。以前はキュービクルオフィスで仕事をしていたが、今は4000平方メートルのオープンスペースで仕事をしています。 保険会社であるMünchener Vereinには、職人との協力という長い伝統があり、それは新オフィスのインテリアにも反映させようと考えました。そこでKinzoは、ワークスペースと共有スペースを職人たちのショールームとして演出しました。 いくつかの特質は、すでに建築そのものによってもたらされています。例えば、KINZOは建設プロセスの証として、可能な限り常にコンクリートが見えるようにしました。そして大工たちは、温かみのある素材のコントラストを提供しています。レセプション・カウンター、プランター・ボックス、ルーム・モジュール、あるいは壁の一部など、建具の前面の多くは木製スラットで覆われており、スラットの総延長は5kmに及びます。 異なる職域のチームを収容する4つのオフィス・フロアのゾーニングとデザインは、細かい部分で異なっています。 ハイライトのひとつは、木枠のソファ・キューブを組み込んだ共有エリアのレンガ壁です。これは高速道路の吸音材として使われるアコースティック・レンガで造られました。ここでは、会話のノイズを吸収し、製造に関連した小さな凹凸とグラフィックな穴パターンで興味深い壁構造を作り出しています。 すぐ隣のコーヒー・キッチンには、巨大な木製のテーブルがあります。古典的な大工の作業台を引用したものですが、その膨張したプロポーションと挑戦的な梁の太さのために、階段職人でなければ実現できませんでした。 Münchener Vereinのロゴの青は特に存在感がある。KINZOはブルーマンブルーからスカイブルーまで、さまざまな色調のこの色をアクセントとして随所に使いました。1階のカフェでは、もうひとつの手作りのハイライトを際立たせている。壁際のベンチはコバルトブルーのタイル張りで、紺色の布張りのクッションが居心地のいいソファに変えています。バーやレセプション・カウンターの後ろなど一部の壁には、ペインターが水色のほうき仕上げの漆喰を塗り、その水平線構造が滑らかなコンクリートと対照をなしています。 会議室は、どの職業がこの家に作品を残したかを明らかにしています。これらの部屋には、プラグ、プレーン、プランジャーといった名前が付けられています。 受付エントランススペース カフェスペース カフェスペース オープンスペース カフェスペース [ad_block id="1975"] 集中スペース 廊下 外観 [ad_block id="1970"]

  • 【Modernaのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのオープンスペース

    【Modernaのオフィスデザイン】時代を超越したエレガンス – ポーランド, ワルシャワ

    Massive Designは、ポーランドのワルシャワに明るい自然光とダイナミックな建築要素を備えたバイオテクノロジー企業Modernaのオフィスを完成させた。 [ad_block id="884"] 過剰に刺激された世界で快適さを感じること、特に私たちの仕事や創造的な活動をサポートすべき空間においては、今日私たちが闘わなければならない重要な問題のひとつです。フォトジェニックなコンセプトを追求するあまり、デザイナーはオフィスが本当はどうあるべきか、つまり、オフィスがどのように使われ、どのように人々の仕事をサポートすべきかを忘れがちです。 ワルシャワのModernaオフィスは、米国外のバイオテクノロジー企業としては最大級のオフィスです。Modernaが優先したのは、人材を惹きつけるだけでなく、何よりも最高の職場環境を提供するユニークなスペースを作ることでした。それは、技術的に高度なmRNAソリューションに基づく医薬品を人々に提供するという使命を果たすために特に重要です。 Modernaの新オフィスは、時代を超越したエレガンスだけでなく、入念に設計された機能的なレイアウトも特徴です。組織のニーズに合わせ、デザイン・ワークショップで開発された原則に従って配置された。全ては、Well v.2の推奨に基づいて作られました。 オフィスの機能的なレイアウトは、将来性のあるハイブリッド・オフィスの領域で設計されています。このオフィスは、常に変化する組織や利用者のニーズに適応していて、構築された部屋とオープンスペースの柔軟性と多機能性は、このプロジェクトの主要テーマでした。そのため、ライブラリールームはブレインストーミングの場としても利用でき、ある部屋にデザインされたビリヤード台は、エレガントで機能的なハイブリッド会議室に簡単に変身させることができるのです。ウェルネス・エリアも同様で、家具を組み替えれば本格的なトレーニング・ルームとして利用できます。個々のワークスペースは、可能な限り多目的に使えるように設計されています。据え置き型でもハイブリッド型でも、仕事に必要なあらゆるソリューションを提供します。 新しいModernaオフィスは、近代的な高層ビルの3フロアに位置しています。これらのフロアはすべて、特別に設計された垂直庭園のある内部階段で結ばれています。この階段は、個々のオフィス・スペース間の距離を大幅に短縮するだけでなく、健康的な歩行習慣をサポートします。この階段の周囲は、社交スペースや統合スペースがデザインされた場所でもあります。中層階には、200人近くを収容できる多機能のタウンホール・スペースがあるのですが、ここは空間全体が音響に細心の注意を払って設計されていることを実感できる絶好のスポットでもあります。タウンホールに設置されたスピーカーから賑やかな音楽が流れているにもかかわらず、その近くにある集中作業を目的としたスペースでは、わずかな音さえ聞こえないようにできています。 デザインを特徴づけるもうひとつの要素は、高品質で耐久性のある素材を使用していることです。すべて持続可能な開発と循環経済の原則を尊重して選ばれました。オフィス利用者と環境への配慮から、木や木材を使用した部材はすべて、その産地を保証する適切な認証が必要であり、有害な揮発性有機化合物の含有量も少なくなっています。 受付/エントランススペース 会議/ミーティングスペーススペース ワークスペース テレフォンブース 会議/ミーティングスペーススペース 会議/ミーティングスペーススペース [ad_block id="1975"] オープンスペース 会議/ミーティングスペーススペース 階段エリア 階段エリア オープンスペース 階段エリア カフェスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペーススペース プレイルーム オープンスペース 会議/ミーティングスペーススペース 会議/ミーティングスペーススペース 会議/ミーティングスペーススペース [ad_block id="1970"]

  • 【Bird & Birdのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのカフェスペース

    【Bird & Birdのオフィスデザイン】強い色彩を組み合わせた目を引くオフィス- ポーランド, ワルシャワ

    法律事務所Bird & Birdは、ポーランドのワルシャワにある新しいオフィスのデザインをインテリアデザイン会社Workplaceに依頼しました。 [ad_block id="884"] Bird&Birdにとってオフィスへの復帰は、イタリアでの休暇以上に待ち遠しいものです。 最終的な決定は、新本社がセントラルポイントビルになることでした。ポーランドの首都の中心部を見下ろす、総面積2,200平方メートルの3階建てのスペースです。 スカイラインの高さに見合うように、同様に壮大な美のテーマを設定する必要がありました。私たちは満場一致で同意しました。それは、驚きであり、常識にとらわれず、鼓動を加速させるようなものでなければならない。それが、IT業界における弁護士の仕事ぶりです。 私たちは、オフィスのミニマリズムと、チームの若さを反映した強い色彩を組み合わせました。白、グレー、グラファイトをベースに、深いネイビーブルーやワインレッドを加えました。アースカラーやブロークンピンクでアクセントをつけることで、空間にメリハリをつけました。温かみのある木材をスパイスに、空間全体を引き締めました。伝統とB&Bのフレッシュさの相乗効果で、これ以上ない表現ができました。 オフィスの心臓部であるネットワークエリアには、非常に多くの実質的な感性を注ぎ込みました。オフィスの中心部であるネットワークエリアには、十分な配置が必要でした。自然発生的な交流と計画的な統合の双方に資する場所となるよう、適切な配置が必要です。また、ブランコやソファの柔らかな座り心地に加え、緑を多く取り入れることで、リラクゼーション効果を高めています。 効率は、さまざまな要因の結果としてもたらされます。そして、Workplaceは紛れもなくそれらすべてに配慮しています。弁護士たちは、人間工学に基づいた椅子に座り、天板の高さを調節できるデスクに座っています。音響的な快適さを保証するパネル壁面によって、集中力を高めることができます。 カスタマーエリアは、B&Bのゲストが最初に出会う場所です。そのため、デザインソリューションは、目を引くことを意図しています。注意を引きつける。そして、直感的なナビゲーションをさりげなく可能にします。そのために、ワインレッドの天井がビジネスラウンジへの道を指し示しています。こちらは、高さ70mから眺めるワルシャワ市街地のパノラマが優先されるように配置されています。壁面にはエレガントなミラーを配置し、空間をモダンに、そして光学的に拡大しています。 受付/エントランススペース カフェスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] プレイルーム ファミレス席 オープンスペース エグゼクティブルーム 廊下 [ad_block id="1970"]

  • 【Bionicのオフィスデザイン】- イスラエル, テルアビブのオープンスペース

    【Bionicのオフィスデザイン】温かみのある居心地の良い空間- イスラエル, テルアビブ

    Shirli Zamir Design Studioは、Bionicのテルアビブオフィスのために、静かなワークエリア、コラボレーションスペース、広いダイニングエリアなど、ユーザーのウェルビーイングに焦点を当てた明るく快適で現代的なオフィス空間を作りました。 [ad_block id=""] Shirli Zamir Design Studioは、イスラエルのテルアビブにあるBionic社のオフィスのために、明るく、開放的で、風通しの良い空間を完成させました。 Bionic社は、テルアビブを拠点にアプリケーションアーキテクチャのリスクを完全に可視化するリーダー企業です。 デザインコンセプト構築の当初は、キッチリとした若々しく現代的なデザインを発信するブランドアイデンティティと織り交ぜたコンセプトにしたいと考えました。様々なテクスチャー、色、素材と、真っ白なキャンバスを作り出す天井とのバランスをとりました。 オフィススペースは、ユーザーのウェルビーイングを向上させるように設計されています。質の高い照明デザイン、音響効果、人間工学に基づいた家具など、すべてが健康的なワーク環境を実現するために寄与しています。 オフィスプランには、静かなワークエリア、1対1の集中ルーム、カジュアルなコラボレーションエリア、フォーマルな会議室、ブレインストーミングエリア、そして全社員を収容できる広いダイニングエリアがあり、必要に応じて会議イベントをオフィスにシームレスに組み込むことができます。 Bionicのプラットフォームを念頭に置き、まるで家にいるような温かみのある居心地の良い空間づくりを心がけました。 オープンスペース 受付/エントランススペース カフェスペース カフェスペース カフェスペース [ad_block id="1975"] カフェスペース オープンスペース ワークスペース ワークスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] 集中スペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース オープンスペース 個室 オープンスペース https://youtu.be/Rmce-Ef5deY [ad_block id="1970"]

  • 【Maerskのオフィスデザイン】- ベトナム、ホーチミン市の受付エントランススペース

    【Maerskのオフィスデザイン】開放的でカラフルなワークスペース- ベトナム、ホーチミン市

    ADP-architectsは、ベトナムのホーチミン市にあるMaersk社のオフィスのために、オープンでカラフルな空間をデザインしました。 [ad_block id="884"] Maerskはデンマークの海運会社で、世界最大のコンテナ船会社および船舶を運営しています。世界130カ国に子会社やオフィスを持ち、全世界で約83,000人の従業員を擁しています。ベトナムでは、MaerskとADPは2013年から協業しており、サイゴンとハノイで3つのプロジェクトを実施し、従業員に世界標準のワークスペースを提供するとともに、ベトナム市場における同社の戦略をより良く実践しています。 Maerskのオフィスリノベーションの要件に基づき、モダンでプレミアムな「家」は、アジャイルモデルに従い、物流会社のブランディングと業界の特徴を表現しています。ADPは、マースクの統合ロジスティクスによるアップサイドからインスピレーションを得て、このアップサイドの街の明るさをクライアントの新オフィスに反映させたいと考えました。新しいワークプレイスは、「すべてのタスクにおいてあなたと共にあるために」、適切なタスクに適切なワークセッティングを提供するアジャイルモデルを適用しています。 「DISCOVER THE UPSIDE 」は、物流大手Maerskの成功したマーケティングキャンペーンにとどまりません。それは、「世界を統合することで、すべての人の生活を向上させる」という約束なのです。それは、ユニークな視点から課題を捉え、変化をもたらす機会をつかむというメッセージです。 経済的な困難の中で、多くの企業はコストの最適化を優先しています。しかし、"UPSIDE "の視点を持つMaerskは、人への投資こそが成功の鍵だと考えています。 ADPはこの考え方を理解し、共有することで、人生を変えるような刺激的なワークスペースを作るために、たゆまぬ努力を続けています。ADPはMaerskと共同で、壮大なUPSIDE Cityを建設しました。そこは、創造性を育み、異なる視点を奨励し、未来を切り開く力を人々に与える場所です。 6,000平方メートル以上の面積を持つUPSIDE Cityは、ワークスペースに対する高い基準で投資されており、ワークライフバランスをサポートするモダンな施設、環境に優しいグリーン素材、ワークフォームの多様性、オープンで柔軟なワークスペースは、ビジネスの成果を重視するだけではなく、社員の発展と幸福を重視するMaerskのビジョンを実証しています。 受付エントランススペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース オープンスペース ワークスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース 会議/ミーティングスペース オープンスペース オープンスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1970"]

  • 【Pelsan Tekstilのオフィスデザイン】- トルコ, テキルダグのオープンスペース

    【Pelsan Tekstilのオフィスデザイン】バイオフィリックデザインを取り入れたオフィス- トルコ, テキルダグ

    トルコのテキルダグにあるPelsan Tekstilのオフィスは、mimaristudioがオープンとプライベートのバランスをとって設計しました。 [ad_block id="884"] 医療、衛生、断熱の分野で活躍するトルコ初で唯一の通気性ポリエチレンフィルムメーカー、ハッサングループの一員であるPelsan Tekstilは、Mimaristudioのチームによって新しい本社を設計しました。 プロジェクトの目的は、同社の新しい生産施設の中心に位置する新しい作業エリアに、企業の革新的で技術的、そしてカラフルな世界にふさわしい生活空間を作り出すことでした。「柔軟性」「可変性」「透明性」「経験」をキーワードに、空間デザインの出発点としました。 プロジェクトでは、創造性と生産性を高めるために必要な物理的・社会的条件を整え、従業員同士のコミュニケーションや交流をサポートすることで、共同作業スペース、開発スペース、居住スペースを実現することを目指しました。リビングスペースは、Pelsan社員が自己啓発、社交、共有、インスピレーションを得るためにデザインされました。 提案では、ウェルビーイングを優先し、密閉された空間で長時間過ごし、テクノロジーに依存する社員が心身ともに健康で幸せになれるようにしながら、コラボレーション機会を提供する安全な空間を提供しました。このような背景から、建物内のすべての従業員が、最大限の日照、定期的な清浄な空気、適切な熱的・音響的快適条件、適切な照明ソリューション、技術的機会を得て働くことができる生活空間がデザインされました。 建物のインテリアデザインに加え、ファサードデザインもMimaristudioが担当しました。屋外にアクセスできるテラスフロアは、過去の疫病の影響を考慮し、この建物の印象的なディテールのひとつとなりました。異なるレベルで計画され、仕事と社交の両方に利用できるこの居住空間では、屋内と屋外の間に半透明の接続が確立されています。また、このインターフェイスは、異なるサイズの開口部によって、空間の利用者と外界との視覚的な接触を可能にしています。 生物親和的デザイン手法の「空間の中の自然」に言及した造園工事も、ファサードの重要な特徴です。ファサードの界面に設けられた自然な景観エリアは、時間の経過とともにこの界面を包み込む緑をコントロールしながら進行させることができます。また、季節の移り変わりの中で、自然の色や質感、構造の変化を見ることができるような植栽を選びました。 フロア全体には、誰もが自由に使える交流スペースや、個人・共同作業用のワーキングスペース、ミーティングスペース、ディスカッションスペースなど、さまざまなスケール、機能、形態でフレキシビリティを持たせています。 一方、環境に優しく、持続可能であることも、デザインアプローチの重要な要素でした。そこで、「空間の中の自然」「自然を想起させるもの」「空間の自然」というコンセプトと、その下にある14のバイオフィリックデザインパスを盛り込み、「バイオフィリックデザイン」という考え方を取り入れました。 ワークスペースの最大の問題点である「静寂」「静かな作業環境」については、設計時に計画された音響対策で丁寧に対応しました。密閉された部屋間の音の伝達を防ぐだけでなく、オープンスペースの従業員が必要な快適性を得られるよう、適切な素材や製品が選ばれました。ここでは、Ayça Akkaya KulがデザインしたFeltouch社が開発した音響天井・壁製品の「Make-up」ファミリーや、このプロジェクトで初めて使用された音響照明「Ra」ファミリーが、この空間の目立つ製品のひとつになっています。 プロジェクトでは、エネルギー効率を優先してLED技術が優先され、各フロア独自の物理的構造の中で、バランスのとれた人間中心の照明デザインが優先されました。一般照明には技術的な照明製品が優先され、装飾的な製品もプロジェクトに含まれた。特に、Ayça Akkaya Kulがデザインし、Maiizenが製作した「Sade」照明は、ハンドメイドで、膨らませることによる二重壁の技術で製作されており、注目を浴びています。 一日の終わりには、この建物はワークスペースとしてだけでなく、生活空間としても利用され、従業員の幸福に焦点を当てた、革新的で環境に優しく、カラフルな雇用主の企業アイデンティティを反映しています。 オープンスペース 受付エントランススペース オープンスペース 階段エリア 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] ワークスペース ファミレス席 オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 外観 https://youtu.be/G5RUdNJxdVE

  • 【Arupのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのエントランススペース

    【Arupのオフィスデザイン】テーマは「再生」オフィス環境の新しいスタンダード- ポーランド, ワルシャワ

    エンジニアリング会社のArupはこのほど、ポーランド・ワルシャワの新オフィスの設計をワークプレイスデザイン会社のWorkplaceに依頼しました。 [ad_block id="884"] このプロジェクトの目的は、持続可能性以上に、「再生」でした。このプロジェクトは学際的で、さまざまな分野の専門家が集まりました。神経科学者、照明の専門家、植物の専門家など、さまざまな分野の専門家が集まりました。シドニー・オペラハウス、パリのポンピドゥーセンター、バルセロナのサグラダ・ファミリア大聖堂など、アラップは世界140カ国でプロジェクトを完成させています。今回、アラップはワルシャワのデザインスタジオであるワークプレイスに、その労働環境のデザインを託した。 両社は、建築と建設に対する持続可能なアプローチという共通の価値観を有しています。ワルシャワにあるアラップのオフィスは、このアプローチを反映しています。クリエイティブなプロトタイピングとスクリプトのプロセスの結果、このオフィスは生まれました。その結果、社員の再生と地球のウェルビーイングを同時にサポートする空間が誕生しました。 サステナブルな未来の今 今日と明日のニーズに応える新しい職場環境をどのように創り出すか。オープンマインドと革新的なソリューションが必要でした。ワークプレイスとアラップは、神経科学者や植物の専門家など数十人の専門家を巻き込み、オフィス環境デザインの新しいスタンダードを作り上げました。 プロセスの舞台裏 研究熱心なワークプレイスは、プロトタイプや未来のシナリオを共同で作成することで、アラップの社員のニーズを探りました。徹底的なリサーチと科学的な理論の選択により、色、形状、照明のガイドラインが定義され、デザインプロセスで使用されました。これらは、利用者の多様なニーズに対応した空間を作る上で非常に重要です。 エントランススペース エントランススペース オープンスペース ワークスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース 廊下 テレフォンブース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] リラックススペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1970"]

  • 【LOOMのコワーキングスペースデザイン】- スペイン, バルセロナのエントランススペース

    【LOOMのコワーキングスペースデザイン】新世代のデジタルネイティブのニーズを満たすオフィス- スペイン, バルセロナ

    フレキシブルなコワーキングスペースを提供するLoomは、このほどスペイン・バルセロナにある新しいコワーキングスペースの設計を建築・インテリアデザインをstudio Bananaに依頼しました。 [ad_block id="884"] プレミアムな空間デザインを通じて、LOOM GLÒRIESは、南ヨーロッパで最も重要な新しい起業家のハブの1つに才能を引き付ける革新的で戦略的な本部を提供することになりました。世界中を飛び回るノマドワーカーでありながら、「我が家」のようにくつろげるパーソナルで上質な空間を求める、新世代のデジタルネイティブのニーズを満たすために、最高品質の空間を提供する必要がありました。新しい働き方を推進し、コミュニティを「紡ぐ」というビジョンを具現化するために、私たちはクライアントとともに、カンファレンスセンターフロアの「バルセロナ」体験とコワーキングフロアの「LOOM」体験という二つのキーコンセプトを組み合わせた空間をデザインしました。LOOM Torre Glòriesは、ブランド価値、新しいデジタルノマドのニーズ、この恵まれた地域の潜在的な魅力からインスピレーションを得て、4フロアを通してアバンギャルドで実験的なエコシステムを構成しています。24階、26階、27階では、地元の「LOOMERS」がそれぞれのニーズに合わせた様々なコワーキング体験を楽しむことができ、25階のカンファレンスセンターを利用するビジターは、窓から見えるバルセロナの最も重要なアトラクションに没入することができます。 私たちの提案は、非定型の楕円形の空間を通して、さまざまな物語や体験を提供し、熟考したり、強烈に体験したりするために設計された感覚に満ちた旅へと利用者を誘うものです。 カンファレンスセンターは、プライベートなミーティングから100人規模のイベントまで、フレキシブルに対応できるスペースです。常駐のスタッフも、たまに訪れる人も、フロア内を自由に動き回り、恵まれた眺望を通して街を体験することができます。360°円形のファサードは、どの窓からもバルセロナの各ポイントを捉えることができる珍しい形状です。私たちは、ユーザーが仕事をしながら眺める近隣の街の遺産や歴史をリンクし、フレーム化するカスタムメイドのグラフィック要素を通して、この街に敬意を表した「テーマ別」デザインを開発しました。24、26、27階には、コワーキングスペース「LOOMLAND」があり、デジタルノマドがデジタル世界から切り離され、様々な没入型の「ウェルビーイング」ツアーを通じてコミュニティと再びつながることを促進し、楽しむことができる。各フロアには、日常を一変させる非定型のスペースがあり、休憩の重要性を喚起し、最高のテクノロジーとウェルビーイング条件によって慎重に統合されたさまざまな体験をするようワーカーに促します。 クライミングウォールや星空観察から、壁に貼られた本や名言に代表される非凡な人物の人生への没入型の旅まで、利用者はそれぞれの立ち寄り先で、普段とは違う行動を促す感覚に満ちた「外観と感触」を見つけることができます。studio Bananaが開発した知的でバランスのとれた提案は、斬新で独創的、かつ機能的なユーザーエクスペリエンスを提供します。 エントランススペース 廊下 廊下 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース オープンスペース [ad_block id="1970"]

  • 【BDOのオフィスデザイン】- イスラエル, レホボトのオープンスペース

    【BDOのオフィスデザイン】事業内容から着想を得たデザイン- イスラエル, レホボト

    Setter Architectsは、イスラエルのレホボトにあるBDOのサイバー関連会社のために、流動的でで機能的なオフィスをデザインしました。 [ad_block id="884"] BDO ISRAELは、イスラエルで5本の指に入る会計・コンサルティング会社です。BDOはレホボトのOgen Buildingに新しい支店の場所を選びました。 クライアントは、サイバーを扱うBDOの子会社で、デザインコンセプトは同社の事業内容から着想を得ました。エントランス空間では、最初のステージである「アイアデンティファイ」を表現し、天井のチェーンのエレメントが情報のフィルタリングのレイヤーを表現しています。エントランス・スペースから、顧客はさらに4つのステージを通過します。2つ目のステージ「プロテクト」では、顧客が通過する木製のゲートが守りのレイヤーを再現し、部屋から現れるエレメントがゲートを支え、部署の活動を再現しています、 そこから様々なエレメントが天井や間仕切りの「レスポンド」チームを通り抜け、部署の活動をシミュレートする動きを作り出し、最後に顧客は「リカバー」段階であるカフェテリアに導かれ、緑の肺を再現するエレメントが空間の上に吊るされています。 フロアの一部はハイブリッド・ワークスペースとなっており、インターネット・システムを通じて、さまざまな規格の部屋やスタンドを利用することができる。 梁や柱はむき出しのまま、ガラスパーティションはコールテン調の色合いで塗装され、スペース・スタイル・エリアのために特別にデザインされたセパレーション・パーティションには、利用者を部分的に隠すネットや植物が使われ、コアに隣接する部屋にはむき出しのコンクリートが使われています。スタッフルームの床は寄木張りで、インフォーマルな会議室は暖かみのあるアースカラーのカーペット敷きとなっています。 受付エントランススペース 受付エントランススペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] カフェスペース ワークスペース ワークスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1970"]

  • 【DIORショールームとオフィスのデザイン】- イスラエル, テルアビブのオープンスペース

    【DIORショールームとオフィスのデザイン】エレガンスを体現するラグジュアリー空間- イスラエル, テルアビブ

    KOT ARCHITECTSは、イスラエルのテルアビブにあるDIORのオフィスのために、洗練されたミニマルな空間を完成させました。 [ad_block id="884"] KOT ARCHITECTSは、テルアビブのYitzhak Sade通りにある有名な世界的ファッションブランド、Diorのショールームとオフィスの計画と設計を終えました。課題は、17階にある250平方メートルの未完成スペースを、ディオールブランドの洗練を反映したモダンでエレガントな環境に変えることでした。 私たちのスタジオは、オープンな「L字型」の空間を、ディオール・ブランドの価値とエレガンスを体現するラグジュアリーで機能的なショールームへと巧みに変貌させました。 ショールームスペースは、レクチャー、トレーニングセッション、映画鑑賞、あるいはくつろぎの場として、快適な座席オプションで多目的に利用できるように設計されています。中央の円形ダイニングエリアは、ショールームスペースとオフィスの両方を兼ねており、湖の中央に投げ込まれた石と、その結果として広がる波紋からインスピレーションを得た親しみやすいプランデザインとなっています。 洗練された素材とニュートラルな色調を用いることで、細部にまでこだわった結果、実用性と視覚的な魅力を併せ持つ見事な環境が実現しました。このプロジェクトで使用された素材は、白いトラバーチン石、磨き上げられた白い大理石、生のコンクリート、天然のバーチ材など。このプロジェクトのカラーパレットは、オフホワイト、ピュアホワイト、ベージュ、真鍮を含むニュートラルな色調で、明るい木材がアクセントになっています。 刻々と変化する都会の風景は、ブランドの限定イベントのダイナミックな背景となり、生々しく荒々しい都会の環境は、使用されている様々な素材のコントラストを増幅させ、展示スペース内の心地よい雰囲気を際立たせています。 オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース ワークスペース ワークスペース 間取り図 https://youtu.be/fUBBY0XRF6s [ad_block id="1970"]

  • 【Münchener Vereinのオフィスデザイン】- ドイツ, ミュンヘンのカフェスペース

    【Münchener Vereinのオフィスデザイン】ブルーを基調とした職人技が光る空間- ドイツ, ミュンヘン

    KINZOは、ドイツのミュンヘンにある保険会社Münchener Vereinのモダンなオフィスをデザインしました。 [ad_block id="884"] Münchener Vereinは、シュトゥットガルトを拠点とする建築家SCOPEの設計に基づき、モダンなオフィスビルを建設しました: ルードヴィヒス・フォルシュタット(Ludwigs Vorstadt)に "das max " 保険グループMünchener Vereinの約800人の従業員のうち3分の1にとって、2023年春に8階建てのmaxの低層4階に入居して以来、新しい時代が幕を開けました。以前はキュービクルオフィスで仕事をしていたが、今は4000平方メートルのオープンスペースで仕事をしています。 保険会社であるMünchener Vereinには、職人との協力という長い伝統があり、それは新オフィスのインテリアにも反映させようと考えました。そこでKinzoは、ワークスペースと共有スペースを職人たちのショールームとして演出しました。 いくつかの特質は、すでに建築そのものによってもたらされています。例えば、KINZOは建設プロセスの証として、可能な限り常にコンクリートが見えるようにしました。そして大工たちは、温かみのある素材のコントラストを提供しています。レセプション・カウンター、プランター・ボックス、ルーム・モジュール、あるいは壁の一部など、建具の前面の多くは木製スラットで覆われており、スラットの総延長は5kmに及びます。 異なる職域のチームを収容する4つのオフィス・フロアのゾーニングとデザインは、細かい部分で異なっています。 ハイライトのひとつは、木枠のソファ・キューブを組み込んだ共有エリアのレンガ壁です。これは高速道路の吸音材として使われるアコースティック・レンガで造られました。ここでは、会話のノイズを吸収し、製造に関連した小さな凹凸とグラフィックな穴パターンで興味深い壁構造を作り出しています。 すぐ隣のコーヒー・キッチンには、巨大な木製のテーブルがあります。古典的な大工の作業台を引用したものですが、その膨張したプロポーションと挑戦的な梁の太さのために、階段職人でなければ実現できませんでした。 Münchener Vereinのロゴの青は特に存在感がある。KINZOはブルーマンブルーからスカイブルーまで、さまざまな色調のこの色をアクセントとして随所に使いました。1階のカフェでは、もうひとつの手作りのハイライトを際立たせている。壁際のベンチはコバルトブルーのタイル張りで、紺色の布張りのクッションが居心地のいいソファに変えています。バーやレセプション・カウンターの後ろなど一部の壁には、ペインターが水色のほうき仕上げの漆喰を塗り、その水平線構造が滑らかなコンクリートと対照をなしています。 会議室は、どの職業がこの家に作品を残したかを明らかにしています。これらの部屋には、プラグ、プレーン、プランジャーといった名前が付けられています。 受付エントランススペース カフェスペース カフェスペース オープンスペース カフェスペース [ad_block id="1975"] 集中スペース 廊下 外観 [ad_block id="1970"]

  • 【Modernaのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのオープンスペース

    【Modernaのオフィスデザイン】時代を超越したエレガンス – ポーランド, ワルシャワ

    Massive Designは、ポーランドのワルシャワに明るい自然光とダイナミックな建築要素を備えたバイオテクノロジー企業Modernaのオフィスを完成させた。 [ad_block id="884"] 過剰に刺激された世界で快適さを感じること、特に私たちの仕事や創造的な活動をサポートすべき空間においては、今日私たちが闘わなければならない重要な問題のひとつです。フォトジェニックなコンセプトを追求するあまり、デザイナーはオフィスが本当はどうあるべきか、つまり、オフィスがどのように使われ、どのように人々の仕事をサポートすべきかを忘れがちです。 ワルシャワのModernaオフィスは、米国外のバイオテクノロジー企業としては最大級のオフィスです。Modernaが優先したのは、人材を惹きつけるだけでなく、何よりも最高の職場環境を提供するユニークなスペースを作ることでした。それは、技術的に高度なmRNAソリューションに基づく医薬品を人々に提供するという使命を果たすために特に重要です。 Modernaの新オフィスは、時代を超越したエレガンスだけでなく、入念に設計された機能的なレイアウトも特徴です。組織のニーズに合わせ、デザイン・ワークショップで開発された原則に従って配置された。全ては、Well v.2の推奨に基づいて作られました。 オフィスの機能的なレイアウトは、将来性のあるハイブリッド・オフィスの領域で設計されています。このオフィスは、常に変化する組織や利用者のニーズに適応していて、構築された部屋とオープンスペースの柔軟性と多機能性は、このプロジェクトの主要テーマでした。そのため、ライブラリールームはブレインストーミングの場としても利用でき、ある部屋にデザインされたビリヤード台は、エレガントで機能的なハイブリッド会議室に簡単に変身させることができるのです。ウェルネス・エリアも同様で、家具を組み替えれば本格的なトレーニング・ルームとして利用できます。個々のワークスペースは、可能な限り多目的に使えるように設計されています。据え置き型でもハイブリッド型でも、仕事に必要なあらゆるソリューションを提供します。 新しいModernaオフィスは、近代的な高層ビルの3フロアに位置しています。これらのフロアはすべて、特別に設計された垂直庭園のある内部階段で結ばれています。この階段は、個々のオフィス・スペース間の距離を大幅に短縮するだけでなく、健康的な歩行習慣をサポートします。この階段の周囲は、社交スペースや統合スペースがデザインされた場所でもあります。中層階には、200人近くを収容できる多機能のタウンホール・スペースがあるのですが、ここは空間全体が音響に細心の注意を払って設計されていることを実感できる絶好のスポットでもあります。タウンホールに設置されたスピーカーから賑やかな音楽が流れているにもかかわらず、その近くにある集中作業を目的としたスペースでは、わずかな音さえ聞こえないようにできています。 デザインを特徴づけるもうひとつの要素は、高品質で耐久性のある素材を使用していることです。すべて持続可能な開発と循環経済の原則を尊重して選ばれました。オフィス利用者と環境への配慮から、木や木材を使用した部材はすべて、その産地を保証する適切な認証が必要であり、有害な揮発性有機化合物の含有量も少なくなっています。 受付/エントランススペース 会議/ミーティングスペーススペース ワークスペース テレフォンブース 会議/ミーティングスペーススペース 会議/ミーティングスペーススペース [ad_block id="1975"] オープンスペース 会議/ミーティングスペーススペース 階段エリア 階段エリア オープンスペース 階段エリア カフェスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペーススペース プレイルーム オープンスペース 会議/ミーティングスペーススペース 会議/ミーティングスペーススペース 会議/ミーティングスペーススペース [ad_block id="1970"]

  • 【Bird & Birdのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのカフェスペース

    【Bird & Birdのオフィスデザイン】強い色彩を組み合わせた目を引くオフィス- ポーランド, ワルシャワ

    法律事務所Bird & Birdは、ポーランドのワルシャワにある新しいオフィスのデザインをインテリアデザイン会社Workplaceに依頼しました。 [ad_block id="884"] Bird&Birdにとってオフィスへの復帰は、イタリアでの休暇以上に待ち遠しいものです。 最終的な決定は、新本社がセントラルポイントビルになることでした。ポーランドの首都の中心部を見下ろす、総面積2,200平方メートルの3階建てのスペースです。 スカイラインの高さに見合うように、同様に壮大な美のテーマを設定する必要がありました。私たちは満場一致で同意しました。それは、驚きであり、常識にとらわれず、鼓動を加速させるようなものでなければならない。それが、IT業界における弁護士の仕事ぶりです。 私たちは、オフィスのミニマリズムと、チームの若さを反映した強い色彩を組み合わせました。白、グレー、グラファイトをベースに、深いネイビーブルーやワインレッドを加えました。アースカラーやブロークンピンクでアクセントをつけることで、空間にメリハリをつけました。温かみのある木材をスパイスに、空間全体を引き締めました。伝統とB&Bのフレッシュさの相乗効果で、これ以上ない表現ができました。 オフィスの心臓部であるネットワークエリアには、非常に多くの実質的な感性を注ぎ込みました。オフィスの中心部であるネットワークエリアには、十分な配置が必要でした。自然発生的な交流と計画的な統合の双方に資する場所となるよう、適切な配置が必要です。また、ブランコやソファの柔らかな座り心地に加え、緑を多く取り入れることで、リラクゼーション効果を高めています。 効率は、さまざまな要因の結果としてもたらされます。そして、Workplaceは紛れもなくそれらすべてに配慮しています。弁護士たちは、人間工学に基づいた椅子に座り、天板の高さを調節できるデスクに座っています。音響的な快適さを保証するパネル壁面によって、集中力を高めることができます。 カスタマーエリアは、B&Bのゲストが最初に出会う場所です。そのため、デザインソリューションは、目を引くことを意図しています。注意を引きつける。そして、直感的なナビゲーションをさりげなく可能にします。そのために、ワインレッドの天井がビジネスラウンジへの道を指し示しています。こちらは、高さ70mから眺めるワルシャワ市街地のパノラマが優先されるように配置されています。壁面にはエレガントなミラーを配置し、空間をモダンに、そして光学的に拡大しています。 受付/エントランススペース カフェスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] プレイルーム ファミレス席 オープンスペース エグゼクティブルーム 廊下 [ad_block id="1970"]

  • 【Bionicのオフィスデザイン】- イスラエル, テルアビブのオープンスペース

    【Bionicのオフィスデザイン】温かみのある居心地の良い空間- イスラエル, テルアビブ

    Shirli Zamir Design Studioは、Bionicのテルアビブオフィスのために、静かなワークエリア、コラボレーションスペース、広いダイニングエリアなど、ユーザーのウェルビーイングに焦点を当てた明るく快適で現代的なオフィス空間を作りました。 [ad_block id=""] Shirli Zamir Design Studioは、イスラエルのテルアビブにあるBionic社のオフィスのために、明るく、開放的で、風通しの良い空間を完成させました。 Bionic社は、テルアビブを拠点にアプリケーションアーキテクチャのリスクを完全に可視化するリーダー企業です。 デザインコンセプト構築の当初は、キッチリとした若々しく現代的なデザインを発信するブランドアイデンティティと織り交ぜたコンセプトにしたいと考えました。様々なテクスチャー、色、素材と、真っ白なキャンバスを作り出す天井とのバランスをとりました。 オフィススペースは、ユーザーのウェルビーイングを向上させるように設計されています。質の高い照明デザイン、音響効果、人間工学に基づいた家具など、すべてが健康的なワーク環境を実現するために寄与しています。 オフィスプランには、静かなワークエリア、1対1の集中ルーム、カジュアルなコラボレーションエリア、フォーマルな会議室、ブレインストーミングエリア、そして全社員を収容できる広いダイニングエリアがあり、必要に応じて会議イベントをオフィスにシームレスに組み込むことができます。 Bionicのプラットフォームを念頭に置き、まるで家にいるような温かみのある居心地の良い空間づくりを心がけました。 オープンスペース 受付/エントランススペース カフェスペース カフェスペース カフェスペース [ad_block id="1975"] カフェスペース オープンスペース ワークスペース ワークスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] 集中スペース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース オープンスペース 個室 オープンスペース https://youtu.be/Rmce-Ef5deY [ad_block id="1970"]

  • 【Maerskのオフィスデザイン】- ベトナム、ホーチミン市の受付エントランススペース

    【Maerskのオフィスデザイン】開放的でカラフルなワークスペース- ベトナム、ホーチミン市

    ADP-architectsは、ベトナムのホーチミン市にあるMaersk社のオフィスのために、オープンでカラフルな空間をデザインしました。 [ad_block id="884"] Maerskはデンマークの海運会社で、世界最大のコンテナ船会社および船舶を運営しています。世界130カ国に子会社やオフィスを持ち、全世界で約83,000人の従業員を擁しています。ベトナムでは、MaerskとADPは2013年から協業しており、サイゴンとハノイで3つのプロジェクトを実施し、従業員に世界標準のワークスペースを提供するとともに、ベトナム市場における同社の戦略をより良く実践しています。 Maerskのオフィスリノベーションの要件に基づき、モダンでプレミアムな「家」は、アジャイルモデルに従い、物流会社のブランディングと業界の特徴を表現しています。ADPは、マースクの統合ロジスティクスによるアップサイドからインスピレーションを得て、このアップサイドの街の明るさをクライアントの新オフィスに反映させたいと考えました。新しいワークプレイスは、「すべてのタスクにおいてあなたと共にあるために」、適切なタスクに適切なワークセッティングを提供するアジャイルモデルを適用しています。 「DISCOVER THE UPSIDE 」は、物流大手Maerskの成功したマーケティングキャンペーンにとどまりません。それは、「世界を統合することで、すべての人の生活を向上させる」という約束なのです。それは、ユニークな視点から課題を捉え、変化をもたらす機会をつかむというメッセージです。 経済的な困難の中で、多くの企業はコストの最適化を優先しています。しかし、"UPSIDE "の視点を持つMaerskは、人への投資こそが成功の鍵だと考えています。 ADPはこの考え方を理解し、共有することで、人生を変えるような刺激的なワークスペースを作るために、たゆまぬ努力を続けています。ADPはMaerskと共同で、壮大なUPSIDE Cityを建設しました。そこは、創造性を育み、異なる視点を奨励し、未来を切り開く力を人々に与える場所です。 6,000平方メートル以上の面積を持つUPSIDE Cityは、ワークスペースに対する高い基準で投資されており、ワークライフバランスをサポートするモダンな施設、環境に優しいグリーン素材、ワークフォームの多様性、オープンで柔軟なワークスペースは、ビジネスの成果を重視するだけではなく、社員の発展と幸福を重視するMaerskのビジョンを実証しています。 受付エントランススペース オープンスペース オープンスペース オープンスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース オープンスペース ワークスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース 会議/ミーティングスペース オープンスペース オープンスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1970"]

  • 【Pelsan Tekstilのオフィスデザイン】- トルコ, テキルダグのオープンスペース

    【Pelsan Tekstilのオフィスデザイン】バイオフィリックデザインを取り入れたオフィス- トルコ, テキルダグ

    トルコのテキルダグにあるPelsan Tekstilのオフィスは、mimaristudioがオープンとプライベートのバランスをとって設計しました。 [ad_block id="884"] 医療、衛生、断熱の分野で活躍するトルコ初で唯一の通気性ポリエチレンフィルムメーカー、ハッサングループの一員であるPelsan Tekstilは、Mimaristudioのチームによって新しい本社を設計しました。 プロジェクトの目的は、同社の新しい生産施設の中心に位置する新しい作業エリアに、企業の革新的で技術的、そしてカラフルな世界にふさわしい生活空間を作り出すことでした。「柔軟性」「可変性」「透明性」「経験」をキーワードに、空間デザインの出発点としました。 プロジェクトでは、創造性と生産性を高めるために必要な物理的・社会的条件を整え、従業員同士のコミュニケーションや交流をサポートすることで、共同作業スペース、開発スペース、居住スペースを実現することを目指しました。リビングスペースは、Pelsan社員が自己啓発、社交、共有、インスピレーションを得るためにデザインされました。 提案では、ウェルビーイングを優先し、密閉された空間で長時間過ごし、テクノロジーに依存する社員が心身ともに健康で幸せになれるようにしながら、コラボレーション機会を提供する安全な空間を提供しました。このような背景から、建物内のすべての従業員が、最大限の日照、定期的な清浄な空気、適切な熱的・音響的快適条件、適切な照明ソリューション、技術的機会を得て働くことができる生活空間がデザインされました。 建物のインテリアデザインに加え、ファサードデザインもMimaristudioが担当しました。屋外にアクセスできるテラスフロアは、過去の疫病の影響を考慮し、この建物の印象的なディテールのひとつとなりました。異なるレベルで計画され、仕事と社交の両方に利用できるこの居住空間では、屋内と屋外の間に半透明の接続が確立されています。また、このインターフェイスは、異なるサイズの開口部によって、空間の利用者と外界との視覚的な接触を可能にしています。 生物親和的デザイン手法の「空間の中の自然」に言及した造園工事も、ファサードの重要な特徴です。ファサードの界面に設けられた自然な景観エリアは、時間の経過とともにこの界面を包み込む緑をコントロールしながら進行させることができます。また、季節の移り変わりの中で、自然の色や質感、構造の変化を見ることができるような植栽を選びました。 フロア全体には、誰もが自由に使える交流スペースや、個人・共同作業用のワーキングスペース、ミーティングスペース、ディスカッションスペースなど、さまざまなスケール、機能、形態でフレキシビリティを持たせています。 一方、環境に優しく、持続可能であることも、デザインアプローチの重要な要素でした。そこで、「空間の中の自然」「自然を想起させるもの」「空間の自然」というコンセプトと、その下にある14のバイオフィリックデザインパスを盛り込み、「バイオフィリックデザイン」という考え方を取り入れました。 ワークスペースの最大の問題点である「静寂」「静かな作業環境」については、設計時に計画された音響対策で丁寧に対応しました。密閉された部屋間の音の伝達を防ぐだけでなく、オープンスペースの従業員が必要な快適性を得られるよう、適切な素材や製品が選ばれました。ここでは、Ayça Akkaya KulがデザインしたFeltouch社が開発した音響天井・壁製品の「Make-up」ファミリーや、このプロジェクトで初めて使用された音響照明「Ra」ファミリーが、この空間の目立つ製品のひとつになっています。 プロジェクトでは、エネルギー効率を優先してLED技術が優先され、各フロア独自の物理的構造の中で、バランスのとれた人間中心の照明デザインが優先されました。一般照明には技術的な照明製品が優先され、装飾的な製品もプロジェクトに含まれた。特に、Ayça Akkaya Kulがデザインし、Maiizenが製作した「Sade」照明は、ハンドメイドで、膨らませることによる二重壁の技術で製作されており、注目を浴びています。 一日の終わりには、この建物はワークスペースとしてだけでなく、生活空間としても利用され、従業員の幸福に焦点を当てた、革新的で環境に優しく、カラフルな雇用主の企業アイデンティティを反映しています。 オープンスペース 受付エントランススペース オープンスペース 階段エリア 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] ワークスペース ファミレス席 オープンスペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース 外観 https://youtu.be/G5RUdNJxdVE

  • 【Arupのオフィスデザイン】- ポーランド, ワルシャワのエントランススペース

    【Arupのオフィスデザイン】テーマは「再生」オフィス環境の新しいスタンダード- ポーランド, ワルシャワ

    エンジニアリング会社のArupはこのほど、ポーランド・ワルシャワの新オフィスの設計をワークプレイスデザイン会社のWorkplaceに依頼しました。 [ad_block id="884"] このプロジェクトの目的は、持続可能性以上に、「再生」でした。このプロジェクトは学際的で、さまざまな分野の専門家が集まりました。神経科学者、照明の専門家、植物の専門家など、さまざまな分野の専門家が集まりました。シドニー・オペラハウス、パリのポンピドゥーセンター、バルセロナのサグラダ・ファミリア大聖堂など、アラップは世界140カ国でプロジェクトを完成させています。今回、アラップはワルシャワのデザインスタジオであるワークプレイスに、その労働環境のデザインを託した。 両社は、建築と建設に対する持続可能なアプローチという共通の価値観を有しています。ワルシャワにあるアラップのオフィスは、このアプローチを反映しています。クリエイティブなプロトタイピングとスクリプトのプロセスの結果、このオフィスは生まれました。その結果、社員の再生と地球のウェルビーイングを同時にサポートする空間が誕生しました。 サステナブルな未来の今 今日と明日のニーズに応える新しい職場環境をどのように創り出すか。オープンマインドと革新的なソリューションが必要でした。ワークプレイスとアラップは、神経科学者や植物の専門家など数十人の専門家を巻き込み、オフィス環境デザインの新しいスタンダードを作り上げました。 プロセスの舞台裏 研究熱心なワークプレイスは、プロトタイプや未来のシナリオを共同で作成することで、アラップの社員のニーズを探りました。徹底的なリサーチと科学的な理論の選択により、色、形状、照明のガイドラインが定義され、デザインプロセスで使用されました。これらは、利用者の多様なニーズに対応した空間を作る上で非常に重要です。 エントランススペース エントランススペース オープンスペース ワークスペース オープンスペース [ad_block id="1975"] オープンスペース 廊下 テレフォンブース 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] リラックススペース オープンスペース オープンスペース [ad_block id="1970"]

  • 【LOOMのコワーキングスペースデザイン】- スペイン, バルセロナのエントランススペース

    【LOOMのコワーキングスペースデザイン】新世代のデジタルネイティブのニーズを満たすオフィス- スペイン, バルセロナ

    フレキシブルなコワーキングスペースを提供するLoomは、このほどスペイン・バルセロナにある新しいコワーキングスペースの設計を建築・インテリアデザインをstudio Bananaに依頼しました。 [ad_block id="884"] プレミアムな空間デザインを通じて、LOOM GLÒRIESは、南ヨーロッパで最も重要な新しい起業家のハブの1つに才能を引き付ける革新的で戦略的な本部を提供することになりました。世界中を飛び回るノマドワーカーでありながら、「我が家」のようにくつろげるパーソナルで上質な空間を求める、新世代のデジタルネイティブのニーズを満たすために、最高品質の空間を提供する必要がありました。新しい働き方を推進し、コミュニティを「紡ぐ」というビジョンを具現化するために、私たちはクライアントとともに、カンファレンスセンターフロアの「バルセロナ」体験とコワーキングフロアの「LOOM」体験という二つのキーコンセプトを組み合わせた空間をデザインしました。LOOM Torre Glòriesは、ブランド価値、新しいデジタルノマドのニーズ、この恵まれた地域の潜在的な魅力からインスピレーションを得て、4フロアを通してアバンギャルドで実験的なエコシステムを構成しています。24階、26階、27階では、地元の「LOOMERS」がそれぞれのニーズに合わせた様々なコワーキング体験を楽しむことができ、25階のカンファレンスセンターを利用するビジターは、窓から見えるバルセロナの最も重要なアトラクションに没入することができます。 私たちの提案は、非定型の楕円形の空間を通して、さまざまな物語や体験を提供し、熟考したり、強烈に体験したりするために設計された感覚に満ちた旅へと利用者を誘うものです。 カンファレンスセンターは、プライベートなミーティングから100人規模のイベントまで、フレキシブルに対応できるスペースです。常駐のスタッフも、たまに訪れる人も、フロア内を自由に動き回り、恵まれた眺望を通して街を体験することができます。360°円形のファサードは、どの窓からもバルセロナの各ポイントを捉えることができる珍しい形状です。私たちは、ユーザーが仕事をしながら眺める近隣の街の遺産や歴史をリンクし、フレーム化するカスタムメイドのグラフィック要素を通して、この街に敬意を表した「テーマ別」デザインを開発しました。24、26、27階には、コワーキングスペース「LOOMLAND」があり、デジタルノマドがデジタル世界から切り離され、様々な没入型の「ウェルビーイング」ツアーを通じてコミュニティと再びつながることを促進し、楽しむことができる。各フロアには、日常を一変させる非定型のスペースがあり、休憩の重要性を喚起し、最高のテクノロジーとウェルビーイング条件によって慎重に統合されたさまざまな体験をするようワーカーに促します。 クライミングウォールや星空観察から、壁に貼られた本や名言に代表される非凡な人物の人生への没入型の旅まで、利用者はそれぞれの立ち寄り先で、普段とは違う行動を促す感覚に満ちた「外観と感触」を見つけることができます。studio Bananaが開発した知的でバランスのとれた提案は、斬新で独創的、かつ機能的なユーザーエクスペリエンスを提供します。 エントランススペース 廊下 廊下 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース [ad_block id="1975"] 会議/ミーティングスペース 会議/ミーティングスペース オープンスペース [ad_block id="1970"]